「アジアの人々」を読んで

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「人々のアジア」
私がとても衝撃を受け、異文化に興味を持った本も「アジア」を題材とされた本である。
題名は忘れたが、日本がアジアを見る姿勢を批判的にとらえているような構成の本であった。その本を読んで私は日本があまり好きでなくなったし、いい国だとは思わなくなった。とても豊かだし、安全に暮らせ、清潔で住みやすい。それはすべてアジア諸国の犠牲の上に立っているように思えた。その感覚を「人々のアジア」をよんで思い出した。
日本は悪い事をした。と思っていた私にとってこの本は薬のようだった。この本はアジアの現実である。出かせぎ労働者もスモーキーマウンテンも現実の世界だ。誰が悪いとか、誰のせいと書かれているわけでもなくアジアの現実を書かれている。その現実を自分はどううけとめるかどうかなのだ。改めて日本とアジア諸国の関わりを、考えさせられた。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

自己紹介


ゼミ活動

課題


プレゼミ


卒論日記



活動報告


  • Meet The Globe Project
  • マス・コミュニケーション学研究学部

ALBUM

1月 2月 3月