※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

975 :名無しさん(ザコ):2012/12/16(日) 07:01:36 ID:baacJM..0
   鋼鉄兵(サガ・フロンティア2)
   サガフロ2に登場する最強の一般兵。その名の通り鋼鉄の装備を身に纏った兵士。
   金属製品は術の行使を阻害するということで忌み嫌われる世の中で、
   生来術の使えない体質だった主人公の一人、"鋼の13世"ことギュスターヴ13世が創り上げた鋼鉄の軍団である。
   劇中では主に戦争ミニゲームの「コンバット」で登場。
   中盤では圧倒的な性能でヌルゲーを演出するが、ギュスターヴ編終盤では敵雑魚として出てきて、人によってはゲームが詰む。
   雑魚にしてギュスターヴ編のラスボスとも言える。
   原作でも普通に正面からぶち当たると普通に負けるので、飽和攻撃で後退させるのが基本だった。
   
   基本性能としてHP4000装甲1200+魔属性アーマーLv5という恐ろしい防御性能を盾に、
   格闘150から繰り出される1300/2Pのチャージを構えて移動力4で突っ込んでくる強雑魚。
   FEシリーズのアーマーナイトにも見習わせたい優秀さである。
   ある程度まとまって出現されると、痛いわ固いわ邪魔だわと非常に面倒くさいことになる。
   地味に性格まで強気で、ほっとくと気力が上がってさらに面倒くさくなる。
   魔属性アーマーのせいで、遠距離から魔法で削るのも骨だし……。
   
   このように、一見穴の無さそうなユニットに見えて、いくつか付け入る隙も存在する。
   集団で突撃されることが一番怖いユニットなので、(マップの状況にもよるが)足止めで分断するのが有効。
   そして、雑魚なので状態異常が効果的。技量150とそこそこあるほうだが、こういう時こそ状態異常もちが輝く場面である。
   弓のような魔属性に引っかからない物理の遠距離攻撃で削るという手もあるが、サガフロフォルダの弓技は多くが実魔属性持ちなのに注意したい。
   より手っ取り早いのは魔武。
   チャージが最終命中365で全ての武装が切り払いの対象なので、魔武持ちの回避系列強剣士に集中かけて突っ込ませて見るのも割と有効。
   典型的なのはガウリイ=ガブリエフ(スレイヤーズ)辺りで、もの凄い大チャンバラになる為一度は見て欲しいシチュエーションである。
   同フォルダのゼルガディスも精霊魔術が全て物理攻撃扱いなのでリナより輝く。
   他のフォルダでは、直死の魔眼持ちで死線を切りにいくのも割とあり。アーマーに引っかからないし高装甲に貫通は非常に有用だ。
   このように、無策で挑めば面倒な敵だが、色々戦術を考える余地がある雑魚とも言える。
   色々自軍戦力が整って出来ることが増えてきた後半に出てくると、いい刺激になるユニットだろう。
   
   原作ユニットを使う場合、でたらめ矢などで削って援護をもらいつつ草伏せでスタンを狙って攻撃不能にする、という原作再現な攻撃が効果的。
   雑魚ながら根性と鉄壁があり、耐久力もあるので、自軍で使える場合は一時的に壁や前線を任せる程度の性能はあるぞ。