※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

371 :名無しさん(ザコ):2012/03/08(木) 19:34:56 ID:5MG8k1CM0
   キングゲイナー(OVERMANキングゲイナー)
   OPのダンスで度肝を抜かれた人も多いであろう、作品の看板ロボ。
   運動性110とそれだけみれば後半物足りなくなる数値だが、Sサイズで底上げされるうえ、
   ビームシールドと対象の多いB重属性の阻止も持つため、生存性能は高い。
   リアル系なので恩恵を感じる機会は少ないものの、抵抗力Lv3も地味に強力。
   通常攻撃こそ突出した部分はないが、オーバーヒートは威力2800とリアル系では上位に入る火力であり、
   CT+20にゲイナーの高い技量やオーバーセンスと魂が合わさることでより強力になる。
   さらに、チェンガンランチャーはCT+20の縛属性と強力な縛り武装であり、威力もあるので
   ダメージソースとしても使える優良武装。弾数6とある程度余裕があるのもうれしい。
   欠点と言えるのは射程の短さと、序盤に向かない高性能ぶりくらいか。
   あまり関係ないが改定される場合はチェンガン二刀流の再現やチェンガンランチャーを
   オーバーフリーズバレットに直すなどは希望したいところ。ついでにXANも。
   
   また、イベント用として封印推奨にはなっているが、オーバーフリーズはとんでも兵器。
   単純に威力だけ見ても威力2000に射程3M全と優秀だが、それ以上にCT+30のS痺属性が強力。
   Sと痺で判定が2回あるため雑魚ならほぼ確実に行動不能にできるし、大抵のボス相手でさえ
   それなりに発動してくれる。
   EN消費が大きくオーバーヒートと併用するのは難しいが、それを忘れて小回りの利く超加速や
   チェンガンと併用して縛り屋寄りに運用するつもりならあまり問題にならないだろう。
   
   
   キングゲイナー(ブラックコート)(OVERMANキングゲイナー)
   ブラックメールのオーバーコートをキングゲイナーに着せた状態。
   特殊なユニットで、キングゲイナーに一方通行の変形しかできず換装もないため、
   プレイヤーが任意でこの形態に変形することはできない。
   運動性が低下するものの、ステルスと超回避Lv2がつくため、場合によってはキングゲイナーより
   生存性能は上になる。
   ただ、火力も大幅に低下しているため、かなり限られた状況でしか活躍の場はない。
   普通に変形できるなら価値は高かったのだが。
   ほぼイベント用ユニットなので、機会があればできるだけ使ってみるのもいいかもしれない。