※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

173 :名無しさん(ザコ):2011/11/05(土) 13:25:30 ID:ITx55lkw0
   セイバー・アルトリア(Fate/stay night)
   絶賛放送中のFate/Zeroから10年後に行われる第五次聖杯戦争でのセイバー。
   マスターの差から第四次に比べいろいろ丸い印象が強い。
   性能は回避寄りグレーだが集中を持たないと頼りにするには少し厳しい値。それでも
   騎士王の名に恥じない高い切り払い性能である程度は補えるが、共闘が十分考えられる
   ガンマン作品のちょっと強いザコ程度の相手から苦戦することになるため、
   前線に立たせるにはかなり慎重な状況判断が要求される。
   ただし、保有能力の対魔バリアLv2.5は強力なので、相手が魔属性攻撃中心であれば
   一人で制圧することも難しくない。キャスターには遠慮なく調子こかせてもらおう。
   武器は優秀な無消費、弾数1だがあるとうれしい有射程武装、そして火力高めの必殺技と
   近接型として必要なものは揃っている。のだが、魔力供給が滞っている事の再現で
   ENが低く中間火力もないので基本無消費だけで戦わざるを得ないため、攻撃性能も
   高いとは言い難い。
   全体的には序盤こそ優秀な無消費と高めの回避から頼りになるのだが、多少敵の質が
   上がってくると厳しくなってくるわりと微妙なユニットになっている。
   多人数相手に正面から丁々発止するとすぐにやられかねないので、運用は遊撃中心。
   道中では弱った相手や孤立した敵を一人ずつ確実に葬り消耗を押さえつつ、ボス戦では
   有無を言わさず熱血を使ってすぐさま葬り去ろう。あれ、前のマスターっぽい。
   アイテムは微妙な運動性を補填するより、遊撃性能を高めるために移動力か、
   必殺技の使用回数を増やせるようにENを強化するアイテムをつけよう。
   
   なお、全て遠き理想郷は分身を1ターン付加すると考えればなかなかの性能だが、
   ENが低く無双にも向かないセイバーに使わせたい状況はほとんどない。
   他者掛け可能か、弾数制ならばもっと使い道はあったのだが。