※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

844 :名無しさん(ザコ):2013/10/09(水) 22:34:25 ID:VB/4yetY0
   最後クルト。
   このデータ、複雑な要素が絡み見た目以上に性能が分かりにくい。
   
   
   クルト=アーヴィング(戦場のヴァルキュリア3)
   
   ダブルヒロインの中村悠一の方
   ちゃんと最終的にはどっちか選びます。
   
   努力する天才だけあり、射撃回避160超、技量180超とハイスペック。
   SPもリアル系の鏡といえる基本を押さえており、
   ザコ戦、ボス戦ともに教科書通りの仕事をしてくれる。
   最大の特徴は広域サポートLv1。
   たかが5%されど5%、最前線で補助をしてくれるのは結構有用。
   
   原作ゲームでボス戦で猛威をふるった直接指揮は無し。まあ当然といえば当然か……
   
   ユニット有用な順から。
   
   ・突撃猟兵
   高運動性、高い反撃性能、1700+魂でのボス戦と基礎を抑えた優秀なリアル系。
   無消費こそ無いものの豊富な弾数からあまり弾切れを心配する必要はないだろう。
   最前線で広域サポートが活かせるのもポイントが高い。
   
   ・狙撃猟兵
   魂を活かしボス戦に特化したいならこちら。
   2000+魂の火力は、この低気力制限では等身トップクラス。
   更には通常武装も超射程で火力充実している。
   広域サポートが活かしにくいのが若干もったいないか。
   
   ・支援猟兵
   号令を活かすならこの形態。
   生存性の高い支援系、としても優秀で、前線で広域サポートしつつ
   回復アビリティが飛ばせる。
   
   ・偵察猟兵
   突撃猟兵より移動、射程が高く広域サポートも活かし易いが
   いかんせん火力、特に最大火力が足らない。
   足が欲しい時以外はほぼ突撃兵優位だろう。
   
   ・機関銃猟兵
   通常火力は高いものの、やはり最大火力不足。
   運動性で若干劣る分、集中とも親和性が低い。
   やはり突撃兵に劣る。
   反撃特化時、防衛時には選択してもいいかも。
   
   ・対戦車猟兵
   ・技甲猟兵
   ・剣甲猟兵
   
   低格闘の為選ぶ意味なし。