※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

20 :名無しさん(ザコ):2012/10/07(日) 12:01:44 ID:dK5IgKrk0
   青き星のルーシア(ルナ2・エターナルブルー)
   
   アニメーションと豪華声優(当時)で有名なLUNARシリーズの第2作
   におけるヒロイン兼設定上の超重要人物。CV:横山智佐
   
   パイロットデータでまず目に付くは魔力(射撃)163と言う圧倒的攻撃力。
   逆に言うとそれ以外のパイロットパラは平凡というか技量以外ははっきり言って低い。
   さらに前半のSPの並びが集中・鉄壁・必中・熱血とおよそヒロインらしく無いラインナップだが、
   後半にみがわりと祈りを覚えてようやくヒロインっぽくなる。この辺は原作でも中盤までの
   打ち解けなさやAI行動の自己中心さ(序盤は勝手に逃走したりする)の再現であろう。
   
   ユニットデータはNPC推奨とされる無印版と(ゾファーの呪縛)のついた弱体化版の二種類があるが、
   無印版はNPC推奨されるだけあり、空飛ぶ装甲1500+S防御最大Lv5のビームシールドに鉄壁みがわり持ちと言う
   凄まじい防御能力を発揮する上に、武装の方も各消費EN帯に応じた攻撃力の武装が下は1100から上は2000まで
   ズラッと揃っており、EN220と前述の高いパイロット攻撃力から繰り出される魔法攻撃を適当にばら撒くだけで
   敵の一群を壊滅させられる程。ただし移動後攻撃可能な武装や無消費武装は持たない上に、武装数の多さの割には
   属性的な使い分けも一切ない、ただ魔術で敵を粉砕するのみというある意味男らしい脳筋さである。
   ぶっちゃけこのバージョンはヒロイン級どころか主役級と比較してもヤバ目の性能ではあるのだが、
   某軟弱ダンジョンでは「NPC推奨とか見苦しいこと言ってたので使ってみました」的な一文とともに普通に味方使用されていた。
   
   (ゾファーの呪縛)版では空移動を失い装甲も1500から800へと半減近くし、最大ENも低下した為、
   気軽に前に出して反撃させるような運用は出来なくなり、上位武装2つを失い最大火力も大幅に下がった。
   ただしパイロットデータはそのままで、残った武装の性能も変わらないため、中位武装の火力は健在で
   被ダメに気をつけながら後ろから魔法をぶっ放す普通の砲台キャラとして運用する形になるだろう。
   こちらの場合、砲台以外こなせる役割が余りになさ過ぎる上にひらめき無しでボス戦が出来ないことも響き
   みがわりや祈りを覚える前に2軍落ちしてしまうことも珍しくないだろうが、それはそれで最終パーティから
   外された原作に沿ってると言えるのかもしれない。