機動戦士ガンダムSEED Beaming tradition 神威放つ神人 の登場人物


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

機動戦士ガンダムSEED Beaming tradition 神威放つ神人 の登場人物

NN軍
RA軍
HPG軍


レン・ミハラ

本編の主人公及び戦艦「オリュンポス」の艦長、17歳。階級は中将(のち大将)。誕生日は8月15日。ジョージ・グレンを創造した張本人、ダン・ミハラの孫でもあり地球連合軍所属の時、ザフト軍に『流星の神人』と恐れられていたほどのパイロット能力を持っている。かなりの美形だが天性のプレイボーイでもある。しかし、ほれた女は一生守りぬく主義である。ちなみに祖父のダンと父親に似て料理が得意で戦艦オリュンポスのシェフをしていて、また、武道も身につけており、大の大人でも勝てないほどの強さ。コーヒーは絶対にブラック主義で、チェスならだれにも負けない自信がある。趣味は、チェスと料理。好物はディタが作ったミルフィーユ。搭乗機はミーティゴガンダム・ゼウス。当初、ユウヤとシンが中心となっていてほとんど出番がなかった人(笑)。

シン・アスカ

本来なら小説内の1人の登場人物にも過ぎないのに、ある意味この本編の主人公となりつつある。RA軍P隊の隊員及びNN軍少佐(のち准将)、16歳。メサイア攻防戦後、ステラが残した言葉の意味も知るために、RA軍に入る。最近、めっきり性格が丸くなり可愛くなった為、ラクスとカガリに可愛がられ、横でルナマリアとキラとアスランに睨らまれる。彼女のルナマリアとの関係は少しずつ狭まっているが、ティナの出現により、三角関係に。ステラの記憶復活、アスカとレイやジュンへの(勘違いの)告白でさらに激化した次の「シン争奪戦」がいつ始まるか、心配で堪らない(笑)。アスランの気持ちが少しずつ分かってきた(笑)。レンとレオンとユウヤとは親友となり、その他、ミヨやフレイなど、NN軍の女性(主に戦艦【オリュンポス】クルー)全員と仲が良くなり(というか、可愛がられる)なぜか、女性との交流が広まった(笑)。レオンやしんのすけと義兄弟となり、家族へのコンプレックスをほぼ克服。肉体的精神的に成長する。搭乗機はミーティゴガンダム・ペレウス(のちドライヴデスティニー)「Crayonしんちゃん」の野原しんのすけの大ファンである。HPG軍に真紅眼の白鳳と恐れられているが、NN軍にはラッキースケベ、NN軍の歩く種馬(発案、トモキさん)と呼ばれる。この小説はシンの成長を追い求めていると言っても過言ではない。

レオン・M・パラディラス

本編の準主人公、17歳。階級は少将(のち中将)。本名はレオン・マゼラティラヌンス・パラディラスという長い名を持つ由緒正しきビクトリア女王の血縁を持つ混血(イギリス人と日本人)のイギリス王族でデューク(公爵)の爵位を持っている。誕生日は5月24日。母親がジュンの妹のユウナであり、レンとミコトとは従兄弟でもある。現在、母のユウナとメイドのエレナと三人暮らしをしている。許嫁がいるが、メイドのエレナと結婚を前提に付き合っている(母のユウナはこのことを知っているが2人の交際且つ結婚了承している)。社交界ではかなりの美少年であるためであるか、もてている。その他、やはり祖父のダンに似ているか、料理は得意である。ちなみにいつも、肌身放さず持っているロングソードは父の形見。搭乗機はミーティゴガンダム・ヘルメス。真面目系優等生キャラだったが、いつの間にかイカ料理好きで兄弟が増えるのをおそれるヘンテコなキャラになってしまった(笑)。

ユウヤ・ミヤマチ

本編の準主人公、18歳。誕生日は5月5日。階級は准将(のち少将)。元々、バルセロナに住んでいた日本出身の一般人であったがキラと同じく、MSに乗って戦ってしまったため無理やり軍人にされたが、ザフト軍に『金色の死神』と恐れられ、地球連合軍に『紅き覇王』と尊敬され、ブルーコスモスのアズラエルに『バルセロナの豹』と一目置かれ、オーブのウズミに『スペインのヘラクレス』と呼ばれ、異名を4つも持つほどのパイロット能力を備えている・・・・・・と、裏腹にNN軍には珍しい、皆にいじられやすい悲しき人でもある(笑)。趣味は釣りと骨董品集め(特に刀)と読書(特に推理小説)、特技は釣りとギャンブル(負けた試しがない)。料理でもレンやレオンと劣らないほどの美味しさ(特にスペイン料理)。嫌いな事は女の子に間違われる事と女装をする事(笑)。だんだんと女装に板がついてきたので、ますます自己嫌悪している(笑)。いつもはバサラ・J・オブジェという偽名で、医者として名を上げ活躍している。そのため、医学仲間として、ダイアナと仲が良い。ちなみに肌身放さず持っている刀は村正。搭乗機はミーティゴガンダム・ヘラクレス。当初は彼とシンが中心になったが中盤からおちつく。

ニコル・アマルフィ

元ザフト軍、17歳。階級は准将(のち少将)。誕生日は3月1日。アラスカで死亡とされていたが実はレンに救助されていた。しかし、爆発の衝撃で体が不自由になってしまう。その後、リハビリをして一度は趣味のピアノと、農業を営み、静かに暮らしていたがアスランの活躍を耳にしてまた戦場に立つことにした。ちなみに年上の女房がいて子供もいる。搭乗機はミーティゴガンダム・デメテル。キャラが多くなるとだんだん活躍の場が少なくなったような(苦笑)。