D2E_FAQ

Descent Journeys in the Dark Second Edition FAQ Ver1.6 2016.1.18


 Descent Second Edition の公式HPに記載されているFAQ(Ver1.6)です。


  • エラッタ

■ルールブック
ページ16の"巨大なモンスター":
"巨大なモンスターの移動に割り込んでアクションを行う時、オーバーロードは巨大なモンスターがマップ上にそのモンスターのフィギュアを置く前に行うであろうアクションを決定することができなければなりません。"を追加してください。

ページ18の"穴":
この章は、"穴区画はそれらを取り囲んでいる緑の線でによって定義されます。フィギュアが穴区画に入るごとに、そのフィギュアは2ダメージを被ります。穴区画の中のフィギュアは移動ポイントを消費することができません。移動ポイントを消費することなく数区画フィギュアを移動させる、または異なる区画へフィギュアを置く他のゲームの効果は、穴区画から抜け出るために使われることができます。穴区画の中のフィギュアは隣接するフィギュアにのみ射線を持ち、穴区画に隣接しているフィギュアはその穴区画のフィギュアに射線を持ちます。アクションとして、穴区画の中のフィギュアは彼のフィギュアをマップから取り除き、それを隣接する空の区画に置いてもかまいません;もし隣接する空の区画が無い場合、フィギュアはこのアクションを行うことができません。巨大なモンスターは、それらが閉めているそれぞれの区画が穴区画であるように、それらの移動が終了するまたは割り込まれる場合にのみ、入ることによる効果を被り、穴区画の中にいます。"と読むべきです。

ページ18の"黄金律":
最初の箇条書きは、"いくつかのカード及び能力はこのルールブックで見つかるルールと直接対立します。カード及び能力はこのルールブックのルールを超えて優位を取ります。さらに、クエストガイドに記された多くのクエストのルールはカード、能力及びこのルールブックで見つかるルールと直接対立します。クエストガイドに記されたクエストルールは、カード、能力及びルールブックを超えて優位を取ります。"と読むべきです。

ページ18:"2英雄ゲーム"の章に追加:
2英雄でプレイする時、英雄は追加の利益を受け取ります。それぞれの英雄のターンの間に一度、その英雄はアクションを要求することなく1回の攻撃を行ってもかまいません。この攻撃は(例えば"Rage"や"Exploding Rune")攻撃を含む特別なアクションであってはなりません;その攻撃は通常の攻撃アクションでなければなりません。この攻撃は英雄ターンのステップの"アクションの実行"の間にのみ実行することができ、彼のアクションの前後いずれかで行うことができます。
それぞれの英雄のターンの終了時に、もしその英雄が彼のターンの間に自由攻撃を実行しなかったまたはできなかった場合、彼は替わりに2[ハート]を回復してもかまいません。

ページ20及び24の"キャンペーンフェーズ":
"買い物"ステップは"経験ポイントの消費"ステップの前に実行しなければなりません;"買い物"ステップはステップ4で、"経験ポイントの消費"ステップはステップ5です。

ページ21の"買い物"の第3段落:
2番目の文は、"ショップアイテムカードをシャッフルし、5枚のショップアイテムカードを明らかにしてください"と読むべきです。

ページ22の"アクトII"の遷移ステップ:
これらのステップは
1. 20ページで見つかるキャンペーンフェーズの1-3ステップを実行してください。
2. 通常の買い物ステップを実行する替わりに、英雄は今やアクトIショップカードを購入することができます。全ての残っているアクトIショップアイテムカードを表にして分配してください。英雄プレーヤーは任意の数のアクトIショップアイテムカードを購入してもかまいません。
3. 全ての購入されなかったアクトIショップアイテムカード、アクトIモンスターカード、及びアクトI副官カードを箱へ返してください。アクトIIショップアイテムカード、アクトIIモンスターカード及びアクトII副官カードを箱から取り戻してください。今後は、全てのモンスター及び副官はこれらのアクトIIの特徴を使用します。現在英雄の保持しているアクトIショップアイテムカードは影響を受けません。アクトIIの間に英雄によって売られた任意のアクトIショップアイテムカードは箱に返されます。
4. ページ20で見つかるキャンペーンフェーズのステップ5-8を実行することで、キャンペーンフェーズを完了してください。

■オーバーロードカード
Unholy Ritual:
そのカードは、"このカードをあなたのターンの開始時にプレイしてください。モンスターグループの1つを選択し、マップ上のそのグループのフィギュアの数と等しいオーバーロードカードを引いてください。2枚のカードを選択し、保持し、残りを廃棄してください。そのグループのそれぞれのモンスターはこのターンの間1少ないアクションを実効します。"と読むべきです。

Bloodlust:
そのカードは"英雄がノックアウトされた時にこのカードをプレイしてください。2枚のオーバーロードカードを引いてください。これは英雄を打ち負かすことで引かれるあなたの通常の1枚のオーバーロードカードへの追加です。"と読むべきです。

Reinforce:
そのカードは"あなたのターンの終了時にこのカードをプレイし、マップ上のマスターモンスターを1体選択してください。そのモンスターグループの子分モンスターを、そのモンスターに隣接する空の区画に、グループの制限まで置いてください。これらのモンスターは任意の英雄の3区画以内に置かれませんが、そうでなければ任意の空の区画に置かれます。"と読むべきです。

■モンスターカード
Elemental(アクト1及びアクト2):
Air能力は"あなたの次のターンの開始時まで、このモンスターは隣接するフィギュアからの攻撃のみ影響を受けることができます"と読むべきです。

■英雄シート
Grisban the Thirsty:
Grisbanの英雄の能力は"あなたが休息アクションを実行するごとに、あなたは直ちに1枚の状態カードをあなた自身から廃棄してもかまいません"と読むべきです。

■クラスカード
Runemasterの"Break the Rune":
このカードは"Rune武器で攻撃を行ってください。この攻撃は距離を無視し、あなたの射線の中の3区画以内の互いのフィギュアを目標とします。それぞれのフィギュアは防御ダイスを別々に振ってください"と読むべきです。

Knightの"Guard":
このカードは"モンスターがあなたに隣接する空の区画に移動する時、このカードを消費して、そのモンスターの活性化に割り込み、近接武器で攻撃を行ってください。この攻撃が解決した後、もしモンスターが打ち負かされていない場合は、その活性化を続けてもかまいません。"と読むべきです。

Necromancerの"Raise Dead":
そのカードは"あなたのReanimateファミリアトークンをあなたに隣接する空の区画に置いてください"と読むべきです。

Necromancerの"Dying Command":
このカードは"あなたまたはあなたのReanimateが攻撃を解決した後でこのカードを消費してください。その攻撃によって打ち負かされた1体のモンスターを
選択し、[]をテストしてください。もしあなたが失敗する場合、1疲労を回復してください。もしあなたが成功する場合、下記を順に行ってください:そのモンスターをマップ上に戻す、その速度までそれを移動させる、それで1回攻撃を行う、そしてそれをマップから取り除く"と読むべきです。

Spirit Speakerの"Ancestor Spirits":
このカードは"1体以上のモンスターがあなたのクラススキルの1つからダメージを被る時にこのカードを消費してください。それらのモンスターの
それぞれは、毒されます。1体以上の英雄があなたのクラススキルの1つから負傷値または疲労を回復する時にこのカードを消費してください。それらの英雄のそれぞれは1負傷値及び1疲労を回復します。"と読むべきです。

Wildlanderの"Running Shot":
このカードは"あなたが弓で攻撃を行うごとに、あなたは目標を決定する前か攻撃を解決した後のいずれかで2区画まで移動してもかまいません。もしあなたがHeavy Armorを装備している場合、あなたは1区画のみ移動してもかまいません"と読むべきです。

  • The Shadow Runeクエストガイド

ページ6の"Castle Daerion"の特別ルール:
村人の体力は6の替わりに8でなければなりません。

ページ7の"Castle Daerion"のセットアップ:
"任意の遭遇1から生き残っている村人は最後の英雄の最初のターンの終了時に入口タイルまたは最も近い利用可能な空の区画に置かれます"と読むべきです。

ページ7の"Castle Daerion"の特別ルール:
"防衛者を整列させるためのテストの後で、Sir Palamonは1回の移動アクションを行ってもかまいません"を追加してください。
さらに加えて、Sir Palamonの防御のために記された茶色の防御ダイスは、替わりに灰色の防御ダイスでなければならず、彼の記された速度は0の替わりに4でなければなりません。

ページ9の"The Cardinal's Plight"の特別ルール:
"英雄が彼のターンをCardinal Kothに隣接して終了する時"は"英雄が最初に図書室への扉を開く時"に変更されなければなりません。

ページ10の"The Masquerade Ball"の勝利:
3番目の線を、"英雄は(英雄の数に従って)ダイスを振り、彼らが救出したゲストの中にLord Theodirがいるかどうかを決定します:2英雄のゲームの場合、茶色の防御ダイスを、3英雄のゲームの場合、灰色の防御ダイスを、4英雄のゲームの場合は黒の防御ダイスを振ってください。もし英雄が1人のゲストも救出していない場合、彼らは結果にかかわらずLord Theodirを救出していません"と変更してください。

ページ40の"The Man Who Would Be King":
Spligはクエストを扉の反対側の隣接する区画で開始しなければなりません。

■参照カード
オーバーロードターン要約の"1.ターンの開始":
I. オーバーロードカードを1枚引き、ターンの能力を開始する
II. カードを回復させる
と読むべきです。

  • よくある質問
以下の章は多くのDescent: Journeys in the Dark Second Editionのルールの質問への回答を説明します。

■一般的なルール
Q:英雄プレーヤーは彼らのターンの順番を最初の英雄が行動する前に同意しなければなりませんか?
A:英雄プレーヤーはラウンドの開始時に、それぞれのプレーヤーが彼のターンを取る正確な順番を決定する必要はありません。彼らは誰が最初に彼らのターンを開始しようとするかを決定する必要があるだけです。それぞれの英雄プレーヤーが彼のターンを得た後、彼らは誰が彼らのターンを次に取るかを決定することができます。

Q:大規模プレイの異形で、英雄たちは、彼らがキャンペーンモードでできるように、ゲームを開始する前にそれぞれ初期装備をそれぞれ25ゴールドで売り戻すことができますか?
A:はい、英雄プレーヤーは任意の初期装備をゲームの前に売り戻してもかまいません。初期装備はそれぞれ25ゴールドで売られます。

Q:”あなたのターンの間”のタイミングで使われるカードは正確にいつ使うことができますか?
A:”あなたのターンの間”のタイミングを備えた任意のスキルまたは能力は、英雄の場合は英雄のターンのアクションの実行ステップの間にのみ、オーバーロードの場合はオーバーロードターンのモンスターの活性化ステップの間に使うことができます。プレーヤーはこれらのスキルまたは能力を彼のターンの開始時や彼のターンの終了時に使うことができません。

Q:どんな能力が"英雄フィギュアとして扱われるフィギュア"に影響しますか?
A:英雄を目標とすることができる英雄の能力、モンスターの能力、モンスターの攻撃及びオーバーロードカードはさらに英雄フィギュアとして扱われるフィギュアを目標にすることができます。英雄フィギュアとして扱われるフィギュアは状態が与えられ、土地の影響を受けます。(例えば、クエストルールやプロットカードに)明確に定められていない限り、他は何も英雄フィギュアとして扱われるフィギュアに影響を与えません。

■射線および隣接区画
Q:フィギュアを含んでいる区画の角に射線を通す時、目標区画を占めているフィギュアは射線をさえぎりますか?
A:はい、もし線が任意の障害区画(フィギュアまたは障害物を含んでいる区画)を通り抜ける場合、目標区画は射線が通っていません。これは目標区画自身を含みます。

Q:壁(マップタイルの境界)によって分けられた区画は互いに隣接していますか?
A:いいえ、壁(マップタイルの黒い境界)によって分けられた区画は互いに射線が通っておらず、隣接していません。正確に解釈して角を共有しているとはいえ、壁はどちらかの側の2つの区画の間の移動および射線の両方を妨げます。

Q:Thiefスキルの"Greedy"のような、スキルおよび能力のために区画を数える時、他のフィギュアは道をさえぎりますか? 扉に関してはどうですか?
A:このように区画を数える時、プレーヤーは道の上の全ての他のフィギュアを無視します。射線が特に必要条件だと述べられていない限り、フィギュアはこれらのスキルまたは能力が働くために距離のみを必要とします。しかしながら、扉はこの道を妨げます。Thiefは扉を超えて"Greedy"を使うことができません。なぜなら、彼は扉を超えて区画を数えられないからです。

Q:例えば射線のような他のルールを考慮する時、マップの中のギャップ(タイルではないエリア)は障害区画として定義されるべきですか?
A:マップタイルの間のエリアは任意の区画に含まれません。なぜならそれらはマップタイル上に無いからです。さらに黒い境界が、射線、移動および区画を数える時の任意の道をさえぎる通り抜けられない壁を表すマップタイルの境界に見つかります。

■クラスカード
Q:Knightは攻撃を行うことなく移動のために"Advance"を使うことができますか?
A:はい。

Q:Discipleの"Prayer of Healing"はアクションを必要としますか?
A:いいえ。実行するためにアクションを必要とする任意のスキルまたは能力は→で示されます。

■状態
Q:麻痺状態は、フィギュアのターン全体を奪い去りますか?
A:いいえ、麻痺状態はフィギュアに、状態カードを廃棄するためにその最初のアクションを使うことを引き起こします。麻痺カードまたはトークンが取り除かれた後、フィギュアは2番目のアクションを行うことは自由です。もしフィギュアがその最初のアクションを実行した後でそのターン中に麻痺する場合、その2番目のアクションは麻痺カードまたはトークンを取り除くために使われなければなりません。

Q:フィギュアが移動アクション中に停止させられた時、何が起こりますか?
A:そのフィギュアの移動アクションは直ちに終了し、そのフィギュアの残っている移動ポイントが0に減少します。

Q:停止させられた時、フィギュアは移動アクションに関係していない移動を許可するスキルおよび能力を使うことができますか?
A:はい。移動アクションを実行することに言及しない任意のスキルまたはアクションはフィギュアが停止させされている間に使ってもかまいません。これはマップからフィギュアを取り除きそれを他の区画に置くスキルまたは能力、フィギュアをその速度に基く量の区画を移動するスキルまたは能力、及びフィギュアが移動ポイントを得ることができるスキルおよび能力を含みます。

Q:もし状態がBlastを用いる攻撃を適用される場合、その攻撃に影響を受ける全てのフィギュアは状態を被りますか?
A:はい、しかし攻撃に影響されるそれぞれのフィギュアは、状態を被るために、まだ少なくとも1負傷値を分配されなければなりません(それ自身の防御ロールの後で)。

■ノックアウトした英雄
Q:英雄が彼のターンの間に打ち負かされた時、何が起こりますか?
A:もし英雄が彼自身のターンの間に打ち負かされた場合、彼のターンは直ちに終了します。

Q:ノックアウトした英雄は彼のターンの間に起き上がった後で何かを行うことができますか?
A:起立アクションを実行した後、英雄のターンは直ちに終了します。これはその英雄は移動ポイントを得るためまたは任意の他のスキルまたは能力を使うために任意の疲労を被ることができないことを意味します。

Q:英雄がノックアウトした場合、彼は彼のターンの間に起き上がらなければなりませんか?
A:いいえ。英雄は彼のターンの間に任意のアクションを実行することを要求されません。

■移動
Q:フィギュアがその移動アクションに他の移動アクションを実行するために割り込むことができますか? もしそうなら、最初と2番目の移動アクションの間で分けられた移動した区画はいくつですか?(そしてもしカードが"あなたの移動アクションを終了する"を指示する場合、何が起こりますか?) プレーヤーはアクションに起因して通り抜けた区画と疲労を消費して通り抜けた区画をどのように分けますか?
A:フィギュアが移動アクションを実行する時、そのフィギュアは彼の速度に等しい数の移動ポイントを受け取ります。フィギュアはその移動アクションに、そのフィギュアに追加の移動ポイントを与えるために、追加の移動アクションを行うために割り込むことができます。2つの移動アクションを区別する必要はありません。なぜならそれらは両方移動アクションだからです。もしカードがあなたにあなたの移動アクションを終了することを指示し、そのフィギュアが2つの移動アクションを行った場合、その後両方のアクションは終了し、フィギュアは全ての未使用の移動ポイントを全て失います。しかしながら、もし英雄プレーヤーが移動アクションの途中で、移動ポイントを得るために疲労を消費することを望む場合、彼は移動アクションのうちに彼が疲労を消費する時および、これらの追加の移動ポイントで彼が移動する区画を、正確に決定しなければなりません。

Q:もしフィギュアが他のアクションを実行するために移動アクションに割り込む場合、そのフィギュアは空の区画にいなければなりませんか?
A:はい、フィギュアはその移動を終了するまたは割り込む時、空の区画にいなければなりません。

Q:もしスキルまたは能力が他のプレーヤーのターンの間に移動ポイントを得ることをフィギュアに許可する場合、それらの移動ポイントをいつ使うことができますか?
A:もしオーバーロードターンの間にWildlanderがRunning Shotスキルを伴ってFirst Strikeスキルを使用する場合のような、他のプレーヤーのターンの間に得られた任意の移動ポイントは、直ちに使われなければなりません。もしこれらの移動ポイントが活性化している英雄が彼のターンを再開する前に使われなかった場合、その移動ポイントは失われます。

Q:溶岩を含んでいる区画に"拡大する"時に巨大なモンスターはダメージを被りますか?
A:いいえ。フィギュアは、溶岩を含んでいる区画に入る時にのみダメージを被ります。その移動を終了する時、巨大なモンスターはその移動を終了した1つの区画に入ったとみなされます。

■ファミリア

Q:ノックアウトされている間に、英雄はファミリアを活性化できますか?
A:はい、ファミリアはノックアウトされた英雄が起立アクションを実行する前に活性化することができますが、後ではできません(なぜなら、起立は直ちに英雄のターンを終了するからです)。

Q:ファミリアに影響する攻撃ではないモンスターの能力はフィギュアとして扱うことができますか?
A:はい、英雄を目標とする、任意の英雄またはモンスターの能力、モンスターの攻撃またはオーバーロードカードは、さらにフィギュアとして扱われるファミリアを目標にすることができます。特に記述の無い限り、英雄に言及するクエストの特別ルールはフィギュアとして扱われるファミリアを含みません。

Q:もしNecromancerが打ち負かされた場合、彼のReanimateは同様に打ち負かされマップから取り除かれますか?
A:いいえ、Necromancerが打ち負かされた時にReanimateは打ち負かされません。他に特に断りの無い限り、フィギュアとして扱われるファミリアは、それらの体力以上のダメージを被った時にのみ打ち負かされます。

Q:Necromancerは彼のReanimateファミリアを彼のターンの開始時に活性化し、それを自発的に破壊し、彼のターンの間に新しいReanimateファミリアを生成するためにアクションを消費し、そしてその後、この新しいReanimateを彼のターンの終了時に活性化することができますか?
A:いいえ、ファミリアはラウンド中に一度のみ活性化することができます。Reanimateが取り除かれ、再び置かれたにもかかわらず、それはまだ同じファミリアです。

Q:もしフィギュアとして扱われるファミリアが疲労を消費する場合、何がおこりますか?
A:モンスターと同様に、もしフィギュアとして扱われるファミリアが任意の量の疲労を消費する場合、それは代わりにその量のダメージを被ります。

Q:英雄はファミリアの攻撃の間に波動の出目を消費して1疲労を回復することができますか?
A:いいえ。

Q:Widow Tarhaは彼女の英雄の能力を彼女のReanimateによって行われた攻撃に使用することができますか?
A:いいえ、Widow Tarhaの英雄の能力は彼女自身の攻撃ロールにのみ影響します。

Q:オーバーロードカード"Explosive Runes"からReanimateが被るダメージは(もしあれば)いくつですか?
A:0ダメージ。Reanimateは自動的に任意の特性テストに失敗しますが、特性テストの出目は無いので、Reanimateは"Explosive Runes"からの任意のダメージを被りません。

Q:もしクエストの最初の遭遇が終了する時にReanimateがマップ上にいる場合、それは2番目の遭遇でマップ上から始めますか? それとも召還されなければなりませんか?
A:いいえ、Reanimateは任意の遭遇をマップ上から開始しません。

■モンスター

Q:Fire Breath能力で道を追跡する時、道は直線でなければなりませんか?
A:いいえ、道は任意の方向に追跡でき、方向を変更することさえできます。

Q:巨大なモンスターがアクションを行うためにその移動に割り込む時、フィギュアは全てが空の区画であるマップ上に置かれなければなりませんか?
A:はい、巨大なモンスターはそれをマップ上に置くことができない限り、そしてそれが占める全ての区画が空でない限り、その移動に割り込むことはできません。

Q:オーバーロード側の”The Shadow Rune”レリックカードはZacharethによってのみ扱うことができますか?
A:はい、Zacharethは”The Shadow Rune”を扱うことができる唯一の副官です。

Q:ゾンビは"Dash"オーバーロードカードによって影響されますか?
A:はい、ゾンビはその活性化の間に、もし"Dash"カードがそれにプレイされた場合、2回移動アクションを行うことができます。

Q:オーバーロードカードがモンスターにその2つの通常のアクションに加えて、攻撃アクションを実行することを可能にする時、これはモンスターに同じターンに2回攻撃を実行することを可能にしますか?
A:はい、"Frenzy"カードをモンスターにプレイすることは、モンスターに2回の攻撃アクションをその活性化の間に実行することを可能にします。

Q:もし英雄がモンスターケイブスパイダーに隣接し、彼のスタミナと等しい疲労をすでに消費した場合、彼はスパイダーのWeb能力によって報いとして疲労の代わりにダメージを被ることができますか?
A:はい、英雄は彼の現在の区画から移動する場合、1ダメージを被ります。

Q:"Stealthy"能力は近接攻撃に影響しますか?
A:はい。近接攻撃が通常距離をチェックすることを要求しませんが、"Stealthy"はその要求を加えます。"Stealthy"を備えたフィギュアを目標とする近接攻撃を行う時、追加の3距離を通常要求される0に加えてください。("Reach"能力を用いる攻撃のような)隣接していない区画から近接攻撃を行う時、要求される距離は0プラス"Stealthy"からの追加の3です。

■オーバーロードカード

Q:"Word of Misery"は英雄に被ったそれぞれのダメージごとに1疲労を消費することを引き起こしますか?
A:いいえ、"Word of Misery"は英雄に彼が任意の量のダメージを被るごとに、1疲労を消費することを引き起こします。例えば、もし英雄が3ダメージを被る場合、彼が被った3ダメージに加えて、1疲労を被るでしょう。

Q:もし英雄が彼のスタミナと等しい数の疲労を消費し、"Word of Misery"によって影響された場合、彼が疲労の変わりに被ったダメージは効果を再び発動しますか?
A:いいえ。

Q:英雄は、麻痺することを回避するために"Pit Trap"に応えて、移動ポイントを得るために疲労を消費することができますか?
A:いいえ、"Pit Trap"の効果は直ちに適用されます。

Q:elementalの"Fire"能力のような、攻撃を含むアクションを実行するために"Frenzy"を使うことができますか?
A:いいえ。"Frenzy"はモンスターの通常の攻撃を提供し、他の能力のために使うことができません。

■Shadow Runeキャンペーン

Q:"A Fat Goblin"の遭遇2で、もしSpligがFrederickを見つける前に、英雄が全てのゴブリンを殺すことを成し遂げる場合、これは自動的に英雄の勝利になりますか? Spligは残っている囚人を取ってくる/問いただすことができますか?
A:"A Fat Goblin"の遭遇2の間、Spligはゴブリンアーチャーのように囚人を拾い上げ、運ぶことができます。しかしながら、Spligは囚人を問いただすために拷問部屋にいなければなりません。

Q:もし崇拝者たちがマスクを外したまま残された場合、"The Masquerade Ball"は終了しますか?
A:いいえ、遭遇は全てのゲストがマスクを外されるまで終了しません。全てのゲストがマスクを外した後で、もしゲストやモンスターが誰も残っていない場合、遭遇は終了します。

Q:"The Shadow Vault"で、Zacharethが打ち負かされ、入口に置かれた時、彼は満たされた体力で戻ってきますか?
A:はい、Zacharethは全てのダメージを回復し、入口に置かれます。

Q:"The Ritual of Shadows"の遭遇1で、あたかもオーバーロードが"Blood Rage"オーバーロードカードをプレイする場合のように、もし英雄が少なくとも1負傷値を彼に与えることなくLord Merick Farrowが打ち負かされた場合、何が起こりますか?
A:英雄は遭遇に勝利します。

Q:"Death on the Wing"の遭遇1で、もしプレーヤーが追加の目的トークンを含んでいる拡張を組み込んだ場合、オーバーロードの勝利条件に何が起こりますか?
A:他の拡張からの任意の目的トークンを無視してください。もし基本のゲームからの全ての10目的トークンがマップ上に同時にある場合、オーバーロードは遭遇に勝利します。

【Lair of the Wyrm】
以下の章はLair of the Wyrm拡張の全てのエラッタ及びよくある質問を含みます。

  • エラッタ
以下の章はLair of the Wyrm拡張の公式の明確化およびエラッタを含みます。

■クラスカード
Geomancerの"Quaking Word":
このカードは"→:魔法武器で攻撃を実行してください。この攻撃は波動を得ます:召喚された石の2区画以内のそれぞれのモンスターは[]をテストします。失敗するそれぞれのフィギュアは麻痺します"と読むべきです。

■ルールブック
ページ5の"Exploring a Secret Room":
"もしすでに秘密の部屋カードがプレイ上にある場合、英雄は秘密の部屋を調査することができません"を加えてください。

ページ7の"特定のクエストカードのアクト":
この章は
いくつかの噂カードは特定のアクトで制限されます。これは噂カードの左上のアクトアイコンによって指定されます。オーバーロードはこのアイコンと一致するアクトの間のみ噂カードをプレイすることができます。
アクトIIの開始時に、オーバーロードは彼の手からアクトIの制限を持つ全ての噂カードを廃棄しなければなりません。アクトI制限を持つプレイ中の任意の噂カードもまた廃棄されます。彼は廃棄されたカードと置き換えるために追加の噂カードを引くことができません。
と読むべきです。

■秘密の部屋カード
Hidden Stash:
そのカードは"その後、この秘密の部屋カードおよび秘密の部屋の入口トークンを廃棄してください"と読むべきです。

  • よくある質問
以下の章は多くのLair of the Wyrm拡張の質問への回答です。

■一般的なルール
Q:もし利用可能なクエストを持つアクトI噂カードがプレイ中の場合、英雄およびオーバーロードは間幕の前にそれをプレイすることを強いられますか?
A:いいえ、しかしそのクエストは間幕が完了した後でもはや的確な選択では無いでしょう。

■クラスカード
Q:英雄は、彼が打ち負かされた時に彼の英雄シートからvalorトークンを廃棄しますか?
A:いいえ。

■モンスターカード
Q:hybrid sentinelの"Prey on the Weak"能力は、英雄として扱われるが特性値を持たない、ファミリアのようなフィギュアにどのように影響しますか?
A:そのフィギュアには影響しません。

■クエストガイド
Q:"Armed to the Teeth"の遭遇2で、それぞれのhybrid sentinelはそれぞれのラウンドで軍団を装備するために特別アクションを実行することができますか?
A:はい。

【Labyrinth of Ruin】
以下の章はLabyrinth of Ruin拡張の全てのエラッタ及びよくある質問を含みます。

  • エラッタ
以下の章はLabyrinth of Ruin拡張の公式の明確化およびエラッタを含みます。

■ルールブック
ページ4の"Elixir Tokens":
"英雄フィギュアとして扱われる同盟およびファミリアはさらにエリクサートークンを得ます。英雄フィギュアとして扱われる同盟またはファミリアはエリクサートークンを得るごとに、それを彼らのカードの上に置いてください。英雄フィギュアとして扱われる同盟またはファミリアはエリクサートークンを廃棄して、ちょうど英雄のようにダメージを回復することができます。英雄フィギュアとして扱われる同盟またはファミリアは、彼らが打ち負かされた時、彼らが召喚された時、そしてそれぞれの遭遇の終了時に、彼らのカード上の全てのエリクサートークンを廃棄します。"を追加してください。

■クラスカード
Apothecaryの"Potent Remedies":
このカードは、"英雄がエリクサートークンを彼の英雄シートから廃棄する時、彼は追加の1緑ダイスを振り、任意の回復した負傷値に加えて、波動の出目と等しい量の疲労を回復してもかまいません(このカードが消費されていたとしても)。あなたはこのカードを消費して隣接する英雄をアクションを使うことなく、生き返らせてもかまいません。"と読むべきです。

■クエストガイド
ページ14の"Reclamation"の特別ルールの最初の文:
"この遭遇の育ちすぎは非常に濃く、通り抜けるには難しい"と読むべきです。

ページ16の"Through the Mist"の特別ルールの2番目の段落:
"もし失われた英雄または同盟がwispにかつて射線を持っていた、またはwispに射線を測定することができる英雄または同盟の3区画以内にいる場合、失われた英雄または同盟はもはや失われません。"

ページ25の"Back from the Dead"の特別ルールの最初の段落:
"フィギュアは通常どおり育ちすぎを除去することができません"を追加してください。

ページ29の"Fortune and Glory"の隠された通路:
"扉は通常どおり開かれたり閉じられたりできません"を追加してください。

ページ28の"Fortune and Glory"の勝利の最初の文:
"もし囚人を運んでいる英雄がマップから出口を通って出る場合、以下を読み上げてください:"と読むべきです。

ページ31の"Heart of the Wilds"の汚された地面の最初の文:
"アクションとして、Wild Gardenで、呪われたモンスター特質を持つモンスターはそれ自身を犠牲にしてもかまいません"と読むべきです。

ページ32の"Let the Truth be Buried"の特別ルールの鎖の2番目の段落の最初の文:
"金網は射線を妨げません;Splig以外のフィギュアが金網を含んでいる区画に入るごとに、フィギュアのターンは直ちに終了します。"と読むべきです。

ページ33の"Let the Truth be Buried"の特別ルール:
"Spligがオーバーロードの制御下にある間、彼はダメージを被らず打ち負かされません。"を加えてください。

ページ33の"Let the Truth be Buried"の特別ルールの3番目の段落の最後の文:
"英雄によって制御されている間、Spligはどんな時にも出口を通ってマップから立ち去ってもかまいません。オーバーロードによって制御されている間、もし彼が副官カードの上に3目的トークンを持つ場合、Spligは出口を通ってマップから立ち去ってもかまいません。"と読むべきです。

ページ34の"Fountain of Insight"の同盟を所有することの2番目の段落の最後の文:
"オーバーロードは1つの同盟のみを所有し、浄化された同盟を所有することはできません。"と読むべきです。

ページ36の"Tipping the Scales"の特別ルール:
"アクションとして、表向きの目的トークンに隣接している間、英雄はそれを拾い上げてもかまいません。それぞれの英雄は一度に重りを1つのみ運ぶことができます。アクションとして、重りを運んでいる英雄は……"と読むべきです。

ページ36の"Tipping the Scales"の増強の3番目の段落の最後の文:
"オーバーロードはグループの制限に従って、2体までのモンスターを増強してもかまいません。"と読むべきです。

ページ38の"Web of Power"の特別ルールの3番目の段落の最初の文:
"Ariadが少なくとも1疲労トークンを彼女の副官カードの上に持つ間、彼女は動けず、動かせず、または活性化されません。"と読むべきです。

ページ44の"A Glimmer of Hope"のモンスター:
"Ariad、Lord Merick Farrow、Splig、 SerenaまたはRaythen、ゾンビ、4つのオープングループ"と読むべきです。

ページ44の"A Glimmer of Hope"のセットアップの4番目の段落:
"1つの赤、1つの青、1つの緑および1つの白の目的トークンを集めてください。それぞれのオープンモンスターグループのモンスターカードの上に表向きにして目的トークンを1つ置いてください。"と読むべきです。

ページ44の"A Glimmer of Hope"の魔法の中庭の3番目の段落:
"それぞれのオーバーロードターンの終了時に、もし目的トークンがマップ上に無い場合は、オーバーロードのプレイエリアに1疲労トークンを置いてください。"と読むべきです。

  • よくある質問
以下の章は多くのLabyrinth of Ruin拡張の質問への回答です。

■一般のルール
Q:もし太陽石を持つ英雄が打ち負かされ、遭遇の終了の前に太陽石が拾われなかった場合、何が起こりますか?
A:太陽石がその英雄へと戻されます。

Q:英雄が穴から出る時、彼のフィギュアは上昇の線の反対側に置かれることができますか?
A:いいえ。

■オーバーロードカード
Q:もしオーバーロードが"Reflective Ward"をプレイし、英雄が疲労を被ることができなかった、または選択しなかった場合、どのように英雄は彼が被るダメージの量を決定しますか?
A:攻撃する英雄は、波動の結果から得る攻撃の任意の追加の負傷値を含め、負傷値の結果の全てまで加えます。その後、彼は防御プールを振り、それぞれの盾の出目ごとに1負傷値をキャンセルし、負傷値の残りを被ります。状態のような、攻撃からの他の効果は何も英雄に適用しないでしょう。

■英雄シート
Q:Logan Lashleyはもし彼が行う攻撃が失敗する場合、彼の英雄の能力を使うことができますか?
A:はい。

■クラスカード
Q:Hexerが"Plague Cloud"を使う時、カードの効果によって呪われたモンスターはその後さらにそのカードの攻撃の目標となりますか?
A:はい。

Q:Hexerは目標とするモンスターに呪いをかけるために"Enfeebling Hex"から波動の能力を使うことができますか?
A:はい。

Q:もしBeastmasterが"Shadow Hunter"を用いるWolfで特別攻撃を行う場合、それをWolfの活性化と数えますか?
A:いいえ。

■クエストガイド
Q:"Honor Among Thieves"の遭遇2の間、もしRaythenが同盟として存在し、緑の目的トークンが明らかになる場合、何が起こりますか?
A:マップ上のRaythenに最も近い英雄は探索カードを引き、保持します。

Q:"A Glimmer of Hope"のセットアップの間、4人の英雄でプレイする場合にどこに同盟は置かれますか?
A:同盟を扉の他の側の、入口の最も近い空の区画に置いてください。

【The Trollfens】
以下の章はTrollfens拡張の全てのエラッタ及びよくある質問を含みます。

  • エラッタ
以下の章はTrollfens拡張の公式の明確化およびエラッタを含みます。

■ルールブック
ページ5の"秘密の部屋の探索":"英雄はすでに秘密の部屋カードがプレイ中にある場合は秘密の部屋を探索することができません。"を加えてください。

ページ7の"特定のクエストカードのアクト":
この章は
いくつかの噂カードは特定のアクトで制限されます。これは噂カードの左上のアクトアイコンによって指定されます。オーバーロードはこのアイコンと一致するアクトの間のみ噂カードをプレイすることができます。
アクトIIの開始時に、オーバーロードは彼の手からアクトIの制限を持つ全ての噂カードを廃棄しなければなりません。アクトI制限を持つプレイ中の任意の噂カードもまた廃棄されます。彼は廃棄されたカードと置き換えるために追加の噂カードを引くことができません。
と読むべきです。

  • よくある質問
以下の章は多くのTrollfens拡張の質問への回答です。

■クラスカード
Q:ノックアウトされた英雄の上に明察トークンを置くために、Prophetは"Soothing Insight"を使うことができますか?
A:いいえ。

Q:彼が攻撃を行う時、Stalkerは彼が隣接している罠トークンのそれぞれにおいて"Set Trap"から+1ダメージを得ますか?
A:いいえ。もしStalkerが複数の罠トークンに隣接している場合、彼はそれぞれの攻撃で+1ダメージのみ得ます。

■オーバーロードカード
Q:英雄が"Dark Host"の影響下にある時、彼はオーバーロードターン全体でモンスターとして扱われますか?
A:いいえ。その英雄は、オーバーロードがその英雄の備える移動および攻撃アクションを行うことを選択する時のみモンスターとして扱われます。これらのアクションの前後で、英雄はまだ英雄として扱われます。

Q:もし英雄が"Dark Host"の影響下にある場合、オーバーロードは彼に"Dash"または"Frenzy"をプレイすることができますか?
A:いいえ。"Dash"および"Frenzy"は、オーバーロードがモンスターを活性化する時にプレイされます。オーバーロードが"Dark Host"に影響された英雄の備える移動および攻撃アクションを受け取るにもかかわらず、それは活性化とはみなされません。

【Shadow of Nerekhall】
以下の章はShadow of Nerekhall拡張の全てのエラッタ及びよくある質問を含みます。

  • エラッタ
以下の章はShadow of Nerekhall拡張の公式の明確化およびエラッタを含みます。

■クエストガイド
ページ12の"Civil War"のクエストマップ:
村人トークンおよび探索トークンをセットアップの間に置く時、1つの村人トークンおよび1つの探索トークンはタイル61Aの上に以下の図に指示されたように置かれなければなりません。

ページ35の"Arise My Friends"のクエストマップ:
"Rocky Passage"はタイル6Aではなく、タイル20Aとして識別されなければなりません。

■クラスカード
Conjurerの"Mirror Image":このカードは、"あなたのターンの間にこのカードを使い、マップ上の画像トークンの数と等しい疲労を被ってください"と読むべきです。

■オーバーロードカード
Diverse Means:このカードは、"モンスターが攻撃される時、ダイスが振られた後でこのカードをプレイしてください"と読むべきです。

  • よくある質問
以下の章は多くのShadow of Nerekhall拡張の質問への回答です。

■ルールブック
Q:もしプレーヤーがShadow of Nerekhallキャンペーンをプレイする間にクエストカードのクエストを選択する場合、旅の間にどのカードが使われますか?
A:旅イベントカードが使われます。

■クラスカード
Q:もし彼が探索デッキからの"Fire Flask"のような、片手アイコンを備えた2つの近接武器を持つ場合、遠距離攻撃を行う時にSkirmisherは"Dual Strike"を使うことができますか?
A:いいえ。

Q:Shadow Walkerが"Soul Bound"を使う時、正確にいつShadow Soulは置かれますか?
A:Shadow Soulは攻撃が失敗となる可能性のある戦闘のステップが全て解決した後で置かれます。これは通常はShadow Walkerがダイスを振り、距離を確認した後ですが、攻撃が失敗かどうかがまだ決定されていない場合、攻撃のもっと後の点の間に起こるかもしれません(shadow dragonの"Shadow"能力のために1疲労を消費することを必要とするような)。

Q:Shadow WalkerがShadow Soulをマップ上に置くことを指示するスキルを使う時にもしShadow Soulがマップ上にある場合、何が起こりますか?
A:Shadow Soulはその現在の位置から取り除かれ、指示されたように置かれます。

【Manor of Ravens】
以下の章はManor of Ravens拡張の全てのエラッタ及びよくある質問を含みます。

  • エラッタ
以下の章はShadow of Nerekhall拡張の公式の明確化およびエラッタを含みます。

■英雄シート
Thaiden Mistpeak:Thaidenの英雄の能力は"あなたが攻撃を行うたびに、ダイスが振られた後で、あなたは攻撃をキャンセルし、直ちにあなたの3区画以内の探索トークンを探索してもかまいません"と読むべきです。

■クエストガイド
ページ14の"Finders and Keepers":
"英雄のプレイエリア"の両方の出来事を"英雄たちのプレイエリア"に置き換えてください。

ページ16の"My House, My Rules"の報酬の3番目の段落:
"もしSkarnが無意識に打たれなかった場合、オーバーロードは"Endless Supply"オーバーロードカードを受け取ります。"と読むべきです。

ページ18の"Where the Heart Is"の増強の2番目の段落:
"それぞれのオーバーロードターンの終了時に、もしSkarnがマップ上におらず、1体以上のマスターモンスターがBasementにいる場合……"と読むべきです。

ページ22の"Beneath the Manor"の勝利の最初の段落:
"……もしSkarnがマップから立ち去り、目的トークンが無い場合……"を"……もしSkarnがマップから立ち去り、青い目的トークンが無い場合……"に置き換えてください。

  • よくある質問
以下の章は多くのManor of Ravens拡張の質問への回答です。

■オーバーロードカード
Q:オーバーロードが"Call of the Ravens"を消費する時、ダメージを与え、その後その本来の区画に隣接してそれを置くために、彼はRaven Flockを選択することができますか?
A:いいえ。

【COOPERATIVE ADVENTURES】
以下の章はCooperative Adventure拡張の全てのエラッタ及びよくある質問を含みます。

  • エラッタ
以下の章はCooperative Adventure拡張の公式の明確化およびエラッタを含みます。

Nature's Ire調査カードの"Cabin of the Lost"の最初の段落:"Zaldaraが占めているそれぞれの区画は出口区画です。"を追加してください。

  • よくある質問
以下の章はCooperative Adventure拡張の質問への回答です。

Q:ファミリアに影響するまたは目標とするカードおよびルールは何ですか?
A:ファミリアは活性化カードのためにのみ英雄とみなされます。危険カード、調査カード、cooperative adventureのルール、または遭遇ガイドの文章が英雄または英雄フィギュアに言及する時、それは英雄シートを備えた実際の英雄のみで、ファミリアに言及しません。

Q:それらはファミリアではないので、モンスターはGeomancerの召喚された石に攻撃できますか?
A:活性化カードの目標を決定する時、召喚された石は英雄とみなされます。

Q:Nature's Ireで、Desmondの初期防御ダイスは黒または灰色ですか?
A:Desmondの初期の防御ダイスは灰色です。

【Lieutenant Packs】副官パック
以下の章は副官パックの全てのエラッタ及びよくある質問を含みます。

  • エラッタ
以下の章は副官パックの公式の明確化およびエラッタを含みます。

■工作員カード
Tristayne OllivenのアクトII:攻撃種類アイコンは近接アイコンではなく遠距離アイコンでなければなりません。

  • よくある質問
以下の章は副官パックの質問への回答です。

■脅威トークン
Q:脅威トークンは供給によって制限されますか?
A:いいえ。

■計画カード
Q:計画カードは同盟、ファミリア、または"英雄として扱われる"他のフィギュアを目標にできますか?
A:いいえ。

■工作員
Q:工作員は彼らのオープンモンスターグループの特性を使いますか?
A:はい。

【Hero and Monster collections】
以下の章はHero and Monster collectionsの全てのエラッタ及びよくある質問を含みます。

  • エラッタ
以下の章はHero and Monster Collectionsの公式の明確化およびエラッタを含みます。

■モンスターカード
Crown of Destinyの"ジャイアント"モンスターカード、およびVisions of Dawnの"トロール"のカード:"Sweep"は"攻撃を行ってください。この攻撃はこのモンスターの2区画以内で射線の通るそれぞれのフィギュアに影響します。それぞれのフィギュアは防御ダイスを別々に振ってください……"と読むべきです。

よくある質問
以下の章はHero and Monster collectionsの質問への回答です。

■モンスターカード
Q:"Morph"能力を使う間、カオスビーストは、Reanimateが"Vampiric Blood"から得る追加の黄色のパワーダイスのような、またはRaven FlockがアクトIIの間に得る追加の黄色のパワーダイスのような、スキルまたは他の能力から得る選択したフィギュアのダイスを使いますか?
A:"Morph"能力は選択されたフィギュアのカードまたは武器に印刷されたダイスのみ使います。選択したフィギュアの攻撃プールにダイスを加える任意のゲームの効果はカオスビーストの攻撃プールにダイスを追加しません。

【タイルの分配】
以下の章はそれぞれの製品のためのタイルコードを記します。
Descent: Journeys in the Dark Second Edition: 1 - 30
Lair of the Wyrm: 31 - 35, S1
Labyrinth of Ruin: 36 - 43
The Trollfens: 43 - 49, S2
Shadow of Nerekhall: 50 - 69
Manor of Ravens: 70 - 77
Mists of Bilehall: 78 - 87