※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Lossless Audio がいいかも、流行りだし

1by1 関連追記 [2007-11-13]
Juria's BBS Diaryより転記・修正 [2007-09-24][2005-04-12]

以下の情報は(ページタイトル↑も^^;)2005年4月のものです。
必要に応じて最新のバージョンを確認してください。

可逆圧縮音楽コーデックをテスト、CUE シートで再生する。



■使用ソース


○NIACIN 「ORGANIK」を EAC (Exact Audio Copy) でリッピング、cue + wav に出力
 [Niacin.wav] PCM 44.10kHz 16Bit 2ch 1411.20kb/s 01:01:45 653,562,044Bytes
 [Niazcin.cue]
○WAVEをそれぞれのフォーマットにエンコード、CUE シートを書き換え(#1)

▼EACの設定
 [ドライブオプション] → [読み込みサンプルオフセット訂正を使用する]設定済み
 [データベース] → [CD情報を取得] → [リモートfreedb] → 必要なら手動訂正(#2)
 [アクション] → [ギャップ検出] → [次のトラックにギャップを追加]
 [アクション] → [イメージをコピーしCUEシートを作成] → [無圧縮]

 #1 リッピングと同時に圧縮するなら、
 EACの[エンコードオプション]でエンコーダ・コマンドラインオプションを指定
 (外部エンコーダを指定した場合は、[プロファイル] → [プロファイルの保存] を
  しておくと、次回からロードできる。)
 [アクション] → [イメージをコピーしCUEシートを作成] → [圧縮]

 #2 freedb にCD情報が無い場合
  Player (vuplayer.com)から Gracenote CDDB service にアクセスしてCDの
 曲情報を取得、"C:\WINDOWS\cdplayer.ini" に書き込む。

 ● Player の準備
  [file] → [options] → [General] の設定
  [Retrieve disc information automatically] をチェック(デフォルト)
  [Update cdplayer.ini automatically] をチェック

  手動の場合
  File → Gracenote → Retrieve Disc info
  File → Export CD Info → cdplayer.ini

 1. Player を起動してCDを挿入する。
 2.EACを起動、自動的にcdplayer.iniから情報を取得

■使用ツール


▼エンコーダ・デコーダ

  MAC.exe ver.3.99
  flac.exe ver.1.1.2
  ttaenc.exe ver.2.0,ver.3.2 (互換性なし)
   +
   Multi frontend
   (対応フォーマット多数、エンコーダの場所をそれぞれ指定)
   TTA frontend (TTA2,TTA3対応)

  エンコーダにパスが通っているなら、 Batchenc がいい。

▼EACで作成した CUE+WAV ⇔ CUE+TTA コンバート
   TTAEncue  ver.3.x 対応(2.0でもCUEシートの書き換えは可能)

▼コーデック調査

   真空波動研Lite v050308

■エンコード結果

 AMD Athlon XP-M 2400+ 1.8GHz 768MB RAM Windows XP HOME

  • エンコード(標準オプションで):およそ2~3分、(ape -insane,flac -8以外)
  デコード:TTA3 > FLAC > TTA2 >> APE(およそ1分30秒~3分30秒)
  圧縮率:71~74%

  • エンコード速度・デコード速度とも TTA、圧縮率では APE。と言っても、
  1分30秒、数%(15MB)程度の差でしかない。
  全てのバランスで TTA3、圧縮率重視なら APE Extra-High、といったところか。

  • 再生時のCPU負荷では、最新バージョンではそれほど差は無いが、APEがやや有利
  (TTA2は乱高下するがTTA3は安定)

■再生(CUE シート対応、トラック分割リッピング不要)

Juria's BBS Diaryより転記・修正 [2007-09-24][2005-04-13]

 CUE シート再生なら、音声ファイルにタグをつける必要も無い。
 さらに詳細な情報が必要なら、プレイリストを利用した方が良い。ID3タグ、
 APE タグへの対応がソフトによってまちまちなので、編集によって不整合が
 生じる可能性がある。

▼foobar2000 ver.0.83 Special(インストーラ同梱)
  foo_ape.dll
  foo_flac.dll
  foo_tta.dll(TTA ver.3.x), foo_tta_old.dll(TTA ver.2.0)
  http://eolindel.free.fr/images/components/

  MKA に格納された TTA の場合
   対応済みの foo_matroska.dll と foo_tta.dll
   modified unofficial version

▼foobar2000 v0.9x(2007-09-24 追記)
   foo_input_monkey.zip
  flac :標準 Input コンポーネント(foo_input_std.dll)
   ttaplugin-foobar-2.4.2.zip

▼Winamp2/5
  in_cue.dll : CuePlayer
  in_ape.dll :Monkey's Audioに同梱 または
         MACDLL.DLL を in_ape.dll にリネーム(Media Library 対応)
  in_flac.dll:FLACに同梱
  in_tta.dll : TTA公式サイト ttaplugin-winamp-3.1

▼Sound Player Lilith Ver0.991b
  NVMac.vss :Lilithに同梱
  NVFlac.vss:Lilithに同梱
   WinAMP Plug-in Library020213_Fixed3-1 :Lilith でWinAMPのinputプラグインを
  使用する為のラッパー
  in_tta.dll : TTA公式サイト ttaplugin-winamp-3.1

 Winamp の in_tta.dll に問題があるのか、ギャップがある曲のシーク位置
 (再生開始位置)がずれます。
 TTAファイル単体での再生位置も同様にずれる。Winamp、Lilith ともに再現、
 Lilith が取得しているStartOffset・SampleCountは他のフォーマット + cueの
 場合と同じでありそれらでは問題ない、foobar2000でのSample数ももちろん同じ。
 なので、たぶん、プレーヤー側の問題ではないと思う。
 (← v3.2 2005-05-13版(2007-9-24時点の最新版)でも同様。
  1by1 + in_tta.dll v.3.2 で問題ないことを確認。in_tta.dll の所為じゃ
  なかった!ごめん。)

▼KbMedia Player 2.40_beta6 以降
Juria's BBS Diaryより転記・修正 [2007-09-24][2005-05-24]
 cue シート再生に対応
 cue + wav, cue + ape, cue + tta で問題なく頭出し・連続再生されることを確認。

 kbwinamp + in_cue.dll(winampプラグイン)でも演奏できるようになった。
 ただし、プラグインがあるとそちらが優先される。(環境設定でプラグインの
 チェックを外しても、KbMedia Player の cue シート再生は機能しなくなる。)

▼Fittle Ver.2.2.2 Preview 3(2007-09-25追記)
 Ver.2.2.2 Preview 2 以降 cue シート再生に対応
 対応する bass プラグイン が必要

 bass_ape.dll v2.3
 bassflac.dll v2.3
 basetta.dll v2.3

 cue + tta は連続再生・頭出しとも OK だが、cue + ape の連続再生が NG、
 cue + flac は未テスト。(いずれも最新版で確認)

▼1by1 Ver.1.33 / 1.62 (2007-11-13,2007-09-28追記)
 cue シート再生対応
 対応する Winamp input プラグイン が必要

  in_ape.dll v.3.99 (MACDLL.DLL を in_ape.dll にリネームする #1)
 in_flac.dll Flac に同梱
  in_tta.dll v.3.2

 #1 ウチでは Unified MACDLL.DLL
 Monkey's Audio MACDLL.dll APEタグ文字化け対策パッチ macdll_399t2_jpn_r1.exe
 (入手先失念)を当てたものを in_ape.dll に リネームして使用。
 特に問題は無いもよう。
  MAC_399F + Monkey's Audio MACDLL.dll APEタグ文字化け対策パッチ(2006-05-27)
 でもいいかも。

 連続再生・頭出しとも OK。ついでに、 in_mp4.dll + cue シート再生も確認 OK。

■cue + audio ファイルのエンコード


▼foobar2000 0.83
単・複トラックのデコード・他フォーマットへのエンコードも可能。
(再エンコードによるロスは無いはず。)

 ・APE,FLAC は規定のプリセットから。
 ・TTA の場合は、曲リスト右クリック -> convert -> setting -> 出力のプリセット
  -> 新規追加
  commandline Encoder -> エンコーダの設定 -> エンコーダ・拡張子・パラメータ
   パラメータ
-e -s -o %d %s
 -e encode file(s)
 -s silent mode
 -o output file (TTA3) -f (TTA2)
 %d 出力ファイル名
 %s 一時入力ファイル(エンコーダが stdin をサポートしていない場合)

 ・freedbでタグを取得すれば、自動的にプレイリスト(*.fpl)に保存される。
  (cue + audio ファイルを移動しない限り有効)

▼foobar2000 0.9x
 ・FLAC は規定のプリセットから。
 ・APE, TTA の場合は、
  [Preferences] → [Tools] → [Converter] → [Encoding Presets] → [Add New]
  [Commandline Encoder Settings] ウインドウ
  [Encoder] プルダウンメニューから [Custom]
  Encoder・Extension・Parameters・Display Info

▼Audio CD Image Reader (ACDIR) v0.12 alpha(2007-09-26 追記)

CD イメージ(cue + audio、CUE シート埋め込み audio ファイルをエンコード
標準入出力をサポート(エンコーダが標準入力に対応していることが必要)

  • acdir.exe のディレクトリかパスが通ったところに 各エンコーダを置く。
  • 出力ファイル名、acdir のオプション、エンコーダのオプション、入力ファイルを
指定する。

acdir -o "$~t.mp3" --pipe "lame -cbr -b 160 -m s - $#o" audio.cue

バッチファイルを作っておくと楽(サンプル同梱)。
例:

  • cue + ape ファイルの1~2曲目を曲ごとに lame MP3 cbr 160kbps simple stereo
 にエンコード
  • ID3 タグに ナンバー・タイトル・アーティスト名・アルバム名 を書き込む
  • 出力ファイル名は、「ナンバー - タイトル - アーティスト名.mp3」

lame160.bat path\to\audio.ape.cue

lame160.bat(表示の都合により改行してます)
acdir -o "$n - $~t - $~a.mp3" --track 1-2 --pipe "lame -cbr -b 160
-m s --tt $#t --ta $#a --tl $#T --tn $#n - $#o"
%1 %2 %3 %4 %5 %6 %7 %8 %9

バッチファイルの引数に lame のエンコードオプションを指定、%x で引き継ぐことも
可能

lameExtra.bat --extra-opt "lame -cbr -b 160 -m s" audio.ape.cue

lameExtra.bat --extra-opt "--preset standard" audio.wav.cue

lameExtra.bat
acdir -o "$n - $~t - $~a.mp3" --pipe "$x - $#o"
%1 %2 %3 %4 %5 %6 %7 %8 %9

▼Cuesheet Processor (CueProc)(ACDIR の後継)

未テスト。そのうち^^;


-