※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アミノ酸ダイエットのホント


たんぱく質を構成する約20種類のアミノ酸のうち、リジン・プロリン・
アラニン・アルギニンは、脂肪分解酵素リパーゼ(ホルモン感受性リパーゼ)
の働きを活発にして、内臓や皮下に貯蔵された脂肪を分解してエネルギーと
して利用するための手助けをします。

じゃ、そのアミノ酸を飲めばどんどん脂肪が減って行く・・・わけがないでしょ。

体脂肪を遊離脂肪酸に分解するリパーゼは、血中・肝臓内の糖質がエネルギー
として使われて無くなり、インスリン濃度が低下し、アドレナリン濃度が上昇
すると活性化するのです。

運動しなきゃ!

せっかく分解され血中に放出された脂肪(遊離脂肪酸)も、エネルギーとして
使われなければ、また元の体脂肪に戻ってしまうのです。

運動しなきゃ!

脂肪をエネルギー源として使うためには15分~20分以上 *1 の有酸素運動!

リパーゼは熱に弱いので、筋肉内部の温度が上がり過ぎないように水分を充分に
摂りましょう。エネルギー変換に関わるビタミンB群(B2はリパーゼを活性化
する働きがある)を日頃から十分に摂取しておくと効果的です。

ちなみに、少し前に流行った、唐辛子ダイエット。
唐辛子に含まれる辛味成分「カプサイシン」が脳に運ばれて内臓感覚神経を刺激
すると、アドレナリンが分泌されてリパーゼが活性化することに注目したダイエット
法です。やはり、運動してエネルギーを消費しなければ意味が無い事は、もう、
お分かりですね。


関連記事
-