※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


VLC media player でストリーム配信

Juria's BBS Diary より転記・修正[2007-02-12][2005-05-04]

VLC(VideoLAN Client) media player for Windows



2007-02-12 現在の最新バージョンは 0.8.6a ですが、以下の記事は、公式版
ver.0.8.1 及び、VLC Nightly builds 0.8.2-svn-20050503 についてのものです。
バージョン・環境によっては、不安定な機能もあるようです。

■多数のプラットフォーム・言語に対応
■多数のAudio・Video フォーマットに対応
VLC - Features
  • DVD対応、ほとんどリージョンフリー
  • Matroskaにも対応、ただし、当然ですが、VLC が未対応のフォーマットの Audio、
 Video ファイルをコンテナに入れても再生はできない。また、公式版では
 チャプターファイルのナビゲーションは表示されるが機能しない。
 Nightly builds 20050503 版では、機能するが起動するたびにランダムに変化。
■マルチキャスト・ストリーミング・サーバ機能搭載
VideoLAN - The streaming solution

というわけで、

ストリーミング配信テスト(LAN 内の場合)


▼プリファランス


  • [設定] → [設定] → [一般設定] → [インターフェース] →
  [高度なオプションを表示する] にチェック
  • または Config ファイルを直接書き換え(設定を一度保存すると作成される。)
  Windows 95/98/ME :
    C:\Windows\Application Data\vlc\vlcrc
  Windows XP/2000 :
    C:\Documents and Settings\username\Application Data\vlc\vlcrc

 CD,DVDドライブのドライブレター、ポート番号などはここで固定しておく。

▼配信テストに使用したソース


 Matroska (XviD AVI + MP3), AVI(DivX + MP3), WMV(MP43 + MWA2),
 VOB(MPEG2 + LPCM), MPG(MPEG2 + MPEG1-Layer2),
 音楽CD,DVD,TVキャプチャ(TVチューナ、コンポジット入力→DirectShow)

 WebCameraも行けるんだと思う。つまり、なんでも配信できてしまうので外への
 配信には注意!

▼VLC ストリーム出力設定(サーバ:VLC on Windows XP)


●ストリーム出力パネルで設定の場合

wxWindows interfaceの場合
[ファイル] → [ファイルを開く] → [ストリーム出力]にチェック → [設定]
Skinsの場合
右クリック → [開く] → [ファイルを開く] → [ストリーム出力]にチェック
→ [設定]

  • HTTPの場合
 [出力方式] → [HTTP]アドレス → サーバマシンのIPアドレス(*1)
        (ex 192.168.xxx.xxx) ポート番号(デフォルト 1234)
        [Encapsulation Method] → OGG(FLACの場合),ASF(WMV),
                     MPEG TS(その他)
        Streaming - Features listを参考に。
        [Transcoding option] は必要に応じて。(*2)
  • UDPの場合
 [出力方式] → [UDP]アドレス → (244.0.0.0~239.255.255.255)
        ポート番号(デフォルト 1234)
        [Encapsulation Method] → MPEG TSのみ
  • MMSの場合
 [出力方式] → [MMSH]アドレス → サーバマシンのIPアドレス(*1)
        (ex 192.168.xxx.xxx) ポート番号(デフォルト 1234)

  • 出力方式を複数選択も可
  • 出力映像をサーバでも観たい時は [Play locally]チェック(但し負荷増大)

(*1)インターネットに公開する場合は、グローバルIPアドレスまたはドメイン名
(要 固定IP or DNS登録)
(*2) [Transcoding option] について
出力方式やソース、Encapsulation Method の組み合わせにより音声が出力
されないときは、mp3 を選ぶとうまく行くことが多い。ex MMS+VOB,CD,

→ [OK]

●Wizard(wxWindows interfaceのみ)の場合

 [ファイル] → [Wizard] → [Stream to network]チェック → [Next]
 [Choose input] → [Select a stream]チェック → [選択]ファイル選択 → [Next]
 [Existing playlist item]チェック → プレイリストから選択 → [Next]
  [Streaming methods] → [UDP Multicast]チェック
  → [Destination]:サーバマシンのIPアドレス
    または
    [HTTP] → [Destination]:サーバマシンのIPアドレス:ポート番号
         ポート番号未記入なら自動的に8080
  → [Next]
  [Encapsulation Method]チェック → [Next]
  [Additional streaming options] → [TTL] UDP multicastかつルータ無しなら[1]
  → [Finish]

▼出力&受信(クライアント:VLC on Windows XP、Windows 98)

●出力サーバ:VLC on Windows XP

 ・目的のソースのタブに移動 または、[ファイル] → 目的のソースを開く
  :[ファイル] → [ブラウズ]ファイル選択
  :[ディスク] → [DVD][VCD][CD]チェック → [デバイス名]確認
  :[ネットワーク] → 目的のプロトコルをチェック → アドレス等入力
  :[DirectShow] → ビデオ・オーディオデバイス確認 →
   [デバイスのプロパティ] [Tuner properties]チェック
 → [ストリーム出力]チェック確認して、[OK]

●受信クライアント:VLC on Windows XP、Windows 98

 ・[ファイル] → [ネットワークストリーミングを開く] →
  :[HTTP/FTP/MMS]チェック → [URL]:サーバ・マシンのIPアドレス:ポート番号
                   (ex 192.168.xxx.xxx:1234)
   MMSの場合は mmsh://サーバ・マシンのIPアドレス:ポート番号
  または
  :[UDP/RTP マルチキャスト]チェック → サーバに設定したUDPアドレス
                     (ex 224.0.0.1)
                     ポート番号(ex 1234)
 → [OK]

TV のキャプチャがうまく行きません。Video が映らなくて設定いじってるうちに
音声まででなくなった。録画もできるので、期待していたのですが、ビデオカード
など環境によるのでしょうか。

AVI、WMV、MPG、VOBなどの一般的なコンテナ、CD、DVDは問題なく、スムーズに再生
される。出力・受信とも CPU への負荷が思ったより軽く、LAN内はもとより、高速
ブロードバンドであれば、高品質なストリームのインターネット配信が可能。
(クライアント側の環境に依存)

▼出力&受信(クライアント:Windows Media Player 7.1,8,9)


●出力サーバ:VLC on Windows XP
 ・[出力方式]:MMSH
 ・[Encapsulation Method]:ASF
  ソースがASF・WMV以外の場合は以下を設定
  [Transcoding option]:[ビデオ] wmv1 or wmv2
             [オーディオ] mp3
             [ビットレート][Scale]は低めに

●受信クライアント:Windows Media Player 7.1,8,9
 ・[ファイル] → [URLを開く] → [開く]
  mms://サーバマシンのIPアドレス:ポート番号
  → [OK]
 ・ブラウザのアドレス欄に入力:mms://サーバマシンのIPアドレス:ポート番号

transcoding しながらの配信はかなりマシンパワーを要す。WMP での受信はやや
不安定。WMP7.1では受信できないこともあり。

設定がうまく反映されなかったり、各パネルでの設定がまったく保存されないのは
困るけど、コマンドラインを使いこなせば、かなり色々な事ができるので、信頼性
は今後に期待。


-