※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


xyzzy + html+-mode.l + Browserex

MyWiki より転記[2007-01-31]更新[2006-01-09][2003-08-28]

xyzzy 内にブラウザ(IE)を組み込み、html など対応ファイルをプレビュー
しながら編集、C-x C-s で保存と同時にプレビューを更新する。

準備

  キーワードのカラー表示・タグ入力支援など
  オリジナルの html-mode の機能拡張版
   または
  HTMLファイルのプレビューア
  browser.dll を利用して HTMLファイルを xyzzy 内でプレビューさせる。
  Windows の ウインドウサイズの取得・設定
  2003/05/06 版以降で必要になった。うちではまだ 2002/07/26 版使ってるし。
  C-x C-s で保存と同時にファイル中のタイムスタンプ更新。
  browserex は、これを利用して xyzzy 内のブラウザの表示を更新する。

設定

1.browser.dll(必要ならリネーム)は ~/に、browser.l と win-window.l は
  ~/site-lisp にコピー。

2.auto-time-stamp.l は ~/site-lisp にコピーし、必要ならバイトコンパイル。
  ~/.xyzzy または ~/site-lisp/siteinit.l に設定を記述。
  siteinit.l に記述した場合は再ダンプする。(以下同じ)

(require "auto-time-stamp")
(define-key ctl-x-map #\C-s 'save-buffer-with-time-stamp)

3.html+-mode.l は ~/site-lisp にコピーし、必要ならバイトコンパイル。
  ~/.xyzzy または ~/site-lisp/siteinit.l に設定を記述。

(export 'ed::html+-mode "ed")
(autoload 'html+-mode "html+-mode" t)
;;html+-mode で読み込みたいファイル形式を記述
(pushnew '("\\.s?html?$" . html+-mode) *auto-mode-alist* :test 'equal)

4.browserex.l は ~/site-lispに、toolbar-browserex.bmp は ~/etc 内に
  コピー。
  .xyzzy に browser.dll、browser.l を使う設定を追加

(load-library "browserex")
;;ブラウザ表示更新に関する設定
(defun my-html+-mode-hook ()
;;; browser が開いていたら現在のファイルを表示
(bx:navigate-current-buffer-if-open)
;;; 保存と同時に navigate
(define-key ed::*html+-mode-map* '(#\C-x #\C-s)
 #'(lambda ()
 (interactive)
 (if (fboundp 'save-buffer-with-time-stamp)
 (save-buffer-with-time-stamp)
 (save-buffer))
 (bx:navigate-current-buffer-if-open))))
(add-hook 'ed::*html+-mode-hook* 'my-html+-mode-hook)

5.その他キーバインド等を設定

注意など

  • [共通設定] [読み込み] の文字コードは、[自動判別] に。
  • xml 新規作成時には utf-8 で保存すること。
  • [共通設定] [フォント] [表示色] でタブの色を設定しておく。


-