※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここは、 My Wiki のミラーです。




2006-07-09

2006 ワールドカップ ドイツ大会 :面白いサッカー 其の二

決勝前なのでちと早い気もしますが。~~

良い選手、レベルの高いプレーを見られる、と言う点では見劣りするものでは
ありませんでしたが、やはり得点が少ないと言う点で不満が残ります。~~

今大会は守備力優位の大会でした。ミドルシュートによる得点の多さがそれを
物語っていると思います。中盤の早い位置からしっかりした組織でディフェンス
に入られてしまうので、たとえそこを切り崩したとしても、最終ラインまでも
切り崩してシュートまで持って行くことは難しく、ペナルティエリアの外側から
前ではなく横に動いてラインの隙を付いてシュートせざるを得ない訳です。
前後をコンパクトに保ち、最終ラインの裏を突いて少ないシュートチャンスを
生かすのが現代サッカーの流れではあります。が、やはり、ドリブルやワンツー
で中央突破して行くシーンが少ないのは残念です。~~

サッカーではゴールにより多くボールを蹴り込んだ方が勝つ、つまりどれだけ
たくさんゴールを決められるか、そこにサッカーと言うゲームの魅力があるの
です。攻撃的な方が、サッカーは面白いのです。~~

2006-07-07

ECU(エンジン コントロール ユニット)

世界中に衝撃(笑劇)が走った。
マイクロソフトMESがF1正式ECUサプライヤーに決定したそうな。
Official FIA Press Release

各チームは密かにハッカーを雇用、アンチウイルスソフトを搭載していない
マシンは、レースに参加する資格を失うことになる。
コース上で突然、全てのボタンが無反応になり、エンジンを強制終了して
再起動させなければならなかった、と言い訳すればドライバーのミスだとは
誰も思わない。。。なんてね。

最悪、エンジンの燃料噴射量が制御不能に陥り発火、なんてことに
ならないようにお願いしますよ、ゲイツさま。

2006-07-04

エール

ヒデの引退を惜しみ、サッカー界への復帰を望む声は多い。

ヒデは、短期的、中期的、長期的、それぞれのビジョンで自らの人生を設計して
きた。また、自分自身の商品価値を知っているし、価値を高めるための努力を
惜しまなかったし、今後も惜しまないであろう。

サッカー人生への終止符は、ひとつの期を終わらせたに過ぎない。大きな期で
あったが故にけじめをつけるに要する労力が必要ではあったが。ヒデにとっての
次の期が、サッカー・プレーヤー、指導者であることよりも魅力的であり続ける
ことを願っている。


過去ログ

@あれこれ-2006年1月 / @あれこれ-2006年2月 / @あれこれ-2006年3月 / @あれこれ-2006年4月
@あれこれ-2006年5月 / @あれこれ-2006年6月

-