※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




2006-06-24

2006 ワールドカップ ドイツ大会 :監督

ジャケ?と書いたとたん、川淵キャプテンがオシムと交渉中であることを公表。

「哲学的」な オシム語録 で有名だけど、トレーニング系サイトを管理している私から
見れば、「哲学」って言うより、サッカー選手、スポーツ選手なら当然の心構え
であり、試合のフィールドに立つ前に準備してこなければならないこと(ジーコは
それを望んだ)。一クラブチームに対して行う指導を代表チームに施術、選手を
その気にさせてもらわねばならないのが、日本の現状。
旧ユーゴスラビアを優勝候補と言われるまでに導いたのとは、選手の素材も力も
お国の事情という環境も違うのだが。

2006 ワールドカップ ドイツ大会 :日本サッカーの将来

技術の無さをチームで補い合うのが日本の特徴だなんて、根本から間違ってる。
まず、基本の技術があって、その上に、個々に秀でた能力を開発して行かねば
ならない、ってのはみんな分かってること。
なら、どうしたらいい?日本サッカー界は模索を続ける。

さて、次期代表監督、エメ・ジャケとの噂ですね。ジャケは98年フランス大会で
フランスを優勝に導いた監督。選手と会話を重ねることで個人の能力を最大限
に引き出すのだそうだ。

ベースになるのは個人の能力であり、その個(選手)を組織に生かすことで
勝とう、というジーコの考え方と共通するものも有りそうなんだけど、大きな
違いは、ジーコは能力を引き上げるのもどうすりゃいいか自分で考え、自分で
実践して来い、ってとこ。
一流になるためにはものすごく大事なことなんだけど、教えてもらうのが当然
で育ってきた多くの日本人にとっては、難しかったのね。サッカーに対する
考え方、思考の仕方、そのあたりから気が付かせ導いてもらいたい、ってこと
なんでしょうかね、次期代表監督に求めるものは。

でも、それって代表レベルの年齢になってからじゃ、遅いんじゃないの?
と言うわけで、私が期待するのは、JFAアカデミーから育って行く、8年以上
先に日本代表になる子供たち。長生きせにゃならん。

2006-06-20

2006 ワールドカップ ドイツ大会 :面白いサッカー


「今回のワールドカップサッカーは、あまり面白くない。」

今の「日本代表」ファンの大半が、内心そう思っていると思います。それは、
私が一番恐れていた反応でもあります。

今、ワールドカップを観て応援してくれている方々の大半は、「日本のサッカー」
ではなく、「日本代表」を応援してくれているに過ぎないのです。私は、それでも
いい、つまり、きっかけが何であれ、サッカー発展途上国である日本のみなさんが
「サッカー」と言う競技を面白いと思い、以後、サッカーを見続け、プレーをする
子供たちが増え、日本のサッカーが発展してくれれば、と思って来ました。
けど、そのためには、日本代表がいい試合、面白い試合をしてくれなければダメ
なんです。代表がツマンナイ試合しかできなければ、ファンは離れてしまう。

例えば、次のブラジル戦でブラジルの選手が集団食中毒にかかり、日本代表が
ヘロヘロの内容でありながらも勝ったとします。それでも、面白い試合だった、
いい試合だったと思ってくれるでしょうか?
負けても、全力を尽くし、世界に日本あり、とアピールできるような試合内容を
展開する事ができれば、ファンは「よくやった!」と健闘をたたえるのではあり
ませんか?

そりゃ、ワールドカップに出場できることは長年の夢でした。私が生きている
うちに一度でも出場できれば、と願い続けてきました。けど、出場できれば、
決勝トーナメントに進めれば何でもいい、とは思えません。
世界に「恥ずかしいサッカー」を披露したくはないのよ。

私は、この際「日本代表」を離れて、世界の一流のサッカーを見て、「サッカー」
の本当の面白さを分かってもらえたら、と思います。その上で、「日本の
サッカー」を応援し続けていただきたい。

2006-06-19

2006 ワールドカップ ドイツ大会 :ゴールキーパー

日本戦、ヘロヘロの試合内容に比して、川口の評価が高いようですね。
キーパーが大活躍するような試合は、ほんとはやっちゃいけないんだけど
キーパーが、PKに限らず最初の危機的なシュートを止めたかどうかは、
その後の試合展開に大きく影響します(フィールドの選手たちへの
心理的な影響)。キーパーと言うポジションは、一番安定が求められる
にもかかわらず、あたりはずれと言うムラが出やすいのです。
そういう意味では、楢崎の方が常に安定していますから、監督によっては
楢崎を選ぶのだと思います。

川口のように飛び出すタイプのキーパーは、そのタイミングが合わない日は
ずーっと合わない、ってことになっちゃうわけで、気持ちが空回りすると
ディフェンダーとの連携にも失敗します。気持ちを抑えられなかった唯一の
失敗が、オーストラリア戦の同点ゴール。

飛び出すタイプのキーパーは、身長の低いキーパーに多いです、つまり、
不利な空中戦に持ち込まれる前に防御するために、早めにシュートを打たれ
ることを阻止するわけです。フランスのバルデスや、過去にはメキシコの
カンポスとか。

で、キーパーの基本はゴールから離れないことですから、そういうタイプの
キーパーは基本から外れることになります。が、現代のサッカーでは、
キーパーにはもう一つの役割があります。
攻撃の基点です。相手の攻撃を早めに阻止すれば、相手の準備が整わない
うちに味方の攻守の切り替えが早く出来ることと、飛び出すタイプの
キーパーは、その性格に於いても攻撃好きである事が多く、ジーコが川口を
採用する理由はその辺りにもあるのではないかと、私は思っています。

んだけど、川口はゴールキックがヘタでね~。攻撃に繋がらない(笑)。
とは言え、私は、アグレッシブな男は大好きでごじゃりまする。

2006-06-12

2006 ワールドカップ ドイツ大会 :パス回し

オランダは、前後はコンパクトでも左右が広いんです。30数年前、
トータルフットボールを確立したクライフの時代からのスタイル。
日本の早いパス回し、って言うのは、距離が短い。オランダは特に長い距離を
シュートのような速さと正確性で回してくる。

個人の技術の無さをカバーするためには、レンジをコンパクトにして短い距離を
素早く回してチームで助け合う、っていうのが一番で、日本に合ったやり方
なのだけど、トラップミスひとつ、動き出し一つ遅くなるだけで、通用しなく
なる危険性大。
世界と比べると、まだまだもたもたしてる感じだけど、スタイルとしては
世界からの評価はけっこう高いんだよね。

2006-06-11

2006 ワールドカップ ドイツ大会 :イングランド

イングランドはいいチームに仕上がってますね~。
昔のイングランドは、荒っぽい、力で押してくる、バイキングのようなのが
特徴でしたが、今は実にスマートです。無駄なプレーが一切無いし、無理も
しない。選手全員が次になすべきプレーを考えて動いていて、かつ一致して
いる。お手本のようなパス アンド ゴーは、選手を目指す子供たちにも
すごく参考になっただろうと思う。無理をしない、と言うのは、ゴールを得る
ため、勝ちを得るために必要以上なことをしないんですね。~~

反面、関心したのは、パスの出し方。普通、フリーな選手やスペースにパスを
出すのですが、点を取るために最適と判断すると、パスを出す相手が
ディフェンダーに張り付かれていようが、密集していようが、そこに出すん
ですね。パスを受けた選手が必ずや、次に繋げてくれると、お互いに信頼し
あってる感じです。体の使い方やボールを扱う技術、相手を出し抜くタイミング、
イングランドに限ったことではありませんが、強い国は基礎力が違います。

試合全般を通して、不安要素は全くありませんでした。ベッカムも、選手と
して人間として成長しましたね~。前回の大会が、個人の汚名を晴らす大会で
あったとしたら、今回は、持てるものを全て出してチームに貢献している感じ。

が、しかし、イングランドのスタイルをイングランドらしからぬものにした
張本人はベッカムだと私は思っています。その巧さを認めながらも、私が
ベッカムを好きになれない理由でもあります。ベッカム以後、イングランドは
どうなっていくのでしょうか。。。

2006-06-08

foobar2000 ver.0.9.2 beta + Columns UI + Album Art Panel


導入・設定が意外と分かり難かったもんで、メモりん♪

Columns UI
1.foo_ui_columns.dll を foobar2000 0.9x のサブディレクトリにおく
2.xxx.fcs を foobar2000 のサブディレクトリにおく
3.起動時に Columns UI を選択
  [Preferances]→[Display] から変更
4.[Preferances]→[Columns UI]→[Main]タブ→[Importing and exporting]→[Import...]
  Columns UI Settings ファイル(.fcs) を選択

Album Art Panel
1. foo_uie_albumart.dll を foobar2000 0.9x のComponents フォルダにおく
  (または、圧縮ファイル・Matroska(.mka) に対応した Album art panel feat. Matroska
2.[Preferances]→[Columns UI]→[Layout]タブ→[Presets][Playlist sidebar (Default)]
3.[Vertical splitter] 上で右クリック→[Insert panel]→[Panels]→[Album Art]
  例(下の画像の場合)

Horizontal Splitter
 - Vertical Splitter
    - Playlist switcher
    - Album Art
 - Columns Playlist
4.表示の設定は、[Preferances]→[Display]→[Album Art Panel] 各タブで。

  [Sources] Sources for album cover artimages の設定例(mka 対応版)

$replace(%_path%,%_filename_ext%,)*cover.jpg
-$replace(%path%,%filename_ext%,)*front.jpg
$replace(%path%,%filename_ext%,)*back.jpg
$replace(%path%,%filename_ext%,)*
-$replace(%path%,%filename_ext%,)..\*
archive:cover.jpg
-archive:front.jpg
archive:back.jpg
-components\default.*

  ・先頭に - が付く行は、直前の - が付かない行のグループになる。
  ・上からグループ順に検索される。
  ・例では、まず、*cover.jpg、無ければ *front.jpgを表示、→ *back.jpg を表示
   →全ての対応する画像、無ければサブフォルダ内の画像
   →圧縮ファイル内 cover.jpg、無ければ front.jpg → 圧縮ファイル内の back.jpg
   →components フォルダ内の default と言う名前の画像ファイル
    (アルバム画像が無い時の代替)




過去ログ

@あれこれ-2006年1月 / @あれこれ-2006年2月 / @あれこれ-2006年3月 / @あれこれ-2006年4月
@あれこれ-2006年5月


-
  
添付ファイル