※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




2006-05-28

menuHacker


ALT + Space または、タイトルバーアイコン部分クリックで開く、ステムメニューを
拡張する。常駐。
いいアイデアのソフトに出会うと、さしあたっての必要性が無くても、何とか使い道を
考えようとしてしまう。せっかくのシステムメニューなのだから、汎用に使えるコマンドを、
と思うが意外にこれが思いつかない。今んとこ、これだけ。

menu.ini
[AFXで開く(&A)
  右窓で開く(&R),run,"path\AFX.EXE", -s -r"%dir%"
  左窓で開く(&L),run,"path\AFX.EXE", -s -l"%dir%"
  タイトルバーのパス(&P),run,"path\AFX.EXE",-s -l%titlepath%
]
-
再起動(&R),run,"path\qt\qt.exe",/reboot %exe%
-
[テキスト関連(&E)
  xyzzy(&X),run,"path\xyzzy\xyzzycli.exe",%titlepath%
  ttPage-R(&T),run,path\ttPage-R\ttPage.exe,%titlepath%
]
-
[Clipboardに送る
  exeのパス,run,"path\fenrir\clip.exe",%exe%
  フォルダのパス,run,"path\fenrir\clip.exe",%dir%
]
-
menuHacker(&M)の 設定を編集,run,path\sakura.exe,%menuini%
-
システムメニューを表示させるたびに設定ファイルを再読み込みするんですね。本体を
再起動する必要が無いのはありがたい。

エクスプローラから使用する場合は、タイトルバーにパスを表示する設定に。
xyzzy から使用する場合は、ALT→Space
サクラエディタから使用する場合は、ALT+Space またはタイトルバーアイコン右クリック

2006-05-26

Evil Player + bass_aac.dll

まあ、ネットラジオを録音したところで、録音したファイルをいつ聞くんだ?
って問題がありまして、また、あくまで試聴の為に放送してるものを録音する
その行為自体がウシロメタイものでもあるわけで。

んで、試聴には Evil Player 使ってるんですけど、ちと浮気してみたところ
大発見した、つーか知らなかっただけですが、 XMPlay のMIDI再生プラグイン
xmp-midi.dll は音源にサウンドフォントを使うんですね。

''Evil PlayerでAACフォーマットのネットラジオを聴く''
  • bass_aac.dll を Plug-ins フォルダに置き、[設定]→[プラグイン]→bass_aac.dll にチェック
  • Ctrl + L → ネットラジオのURLを入力

MP3,OGG にはデフォルトで対応
単一ファイルに録音も可能(右クリックメニュー)

XMPlay ver.3.3.0.4 + xmp-aac.dll


いつもなら、Skin対応ってだけで却下するんですけど、info Window がけっこう便利で。
ファイル、ストリームサーバーの情報などの確認、コピーなどが可能。
Auto Amplification を有効にしておくと、スライダーが勝手に動いて楽しい。

XMPlayでAACフォーマットのネットラジオを聴く
  • xmp-aac.dll は XMPlay Support Site にあるものを使用。
  • xmp-aac.dll を xmplay.exe 直下、または直下に作成したフォルダ(階層オッケー)内に置く。
  • [Options and stuff]→[Plugins & Skins]→プラグインを選択して→[Config]
  • `O' でオープンダイアログを開き、ネットラジオのURLを入力

単一ファイル、またはトラックごとに録音も可能(Playlist上で右クリック→ Write to disc)
MP3,OGG にはデフォルトで対応

XMPlay ver.3.3.0.4 + xmp-midi.dll + サウンドフォント(.sf2)

音源にサウンドフォントを使用
TiMidity++ より軽く、SynthFont より複雑じゃない。

  • xmp-midi.dll を xmplay.exe 直下、または直下に作成したフォルダ(階層オッケー)内に置く。
  • [Options and stuff]→[Plugins & Skins]→プラグインを選択して→[Config]
  • tone,drum 各Bankを選択→[add]ボタンで割り当てるサウンドフォント(.sf2)を選択。
 ひとつの Bank に対し複数の割り当てが可能。上にあるものが優先。
  • その下に表示された音色(Program No.)をダブルクリック
 →サウンドフォント(.sf2)を割り当てる。

MIDIの演奏を開始すると、info Window Samples タブに、MIDIに設定された音色に対応して発音されるサウンドフォント名、Bank No、Program No、プリセット名、割り当てが無かったり代理発音される音色があれば、それぞれが順次表示され、とても分かりやすい。TiMidity++で言うならコンソールウィンドウ。表示された情報はクリップボードにコピー可能。
演奏途中でも音色の変更オッケー。

全ての設定は、xmplay.exe と同ディレクトリの xmplay.ini に保存される。
ん~、コンフィグファイル書けないのがちと残念!?



2006-05-06

Nero Digital AAC エンコーダー・デコーダー つづき

NeroDigitalAudio.zip
昨日の今日ですが、エンコーダのファイルが差し替えられています。
タイムスタンプが10分ほど遡り、SSE2用のエンコーダが同梱・・・
どうやら、今までのはSSE2用のものだったようですね。

ファイル・オプション指定の順序が入れ替わってます。
neroAacEnc -q 0.5 -lc -if <infile> -of <outfile.m4a>
quality 0.5 で、vbr 192kbps 相当

CT enc_aacPlus.exe と違って、低ビットレートでの -lcオプションも、正しく動作しています。

tool = Nero AAC codec / May  1 2006
bitrate = 16
samplerate = 44100
channels = 2
codec = AAC
encoding = lossy
codec_profile = LC
12752687 samples @ 44100Hz
File size: 644,984 Bytes (629.87 KB)



2006-05-05

Nero Digital AAC エンコーダー・デコーダー

NeroDigitalAudio_050106.zip
http://www.nero.com/nerodigital/eng/Nero_Digital_Audio.html
 neroAacEnc.exe
  Nero Digital Audio Reference MPEG-4 & 3GPP Audio Encoder
  Package build date: May 1 2006
 neroAacDec.exe
  Nero Digital Audio Reference MPEG-4 & 3GPP Audio Decoder
  Package build date: Apr 26 2006

個人使用に限りフリーなAAC単体エンコーダー・デコーダー
ウワサどおり(?)、うちのAthlonXP-M WindowsXP SP2、PentiumIII WindowsXP SP1
では、エンコーダーはエラーで起動できない。

まあ、でも、せっかくだから、CT enc_aacPlus.exe でエンコードした m4aを
デコードしてみた。lc オプションつけても SBRになっちゃう やつ。
なにも、Neroのデコーダ使わなくたって、結果はほぼ同じですが(^^ゞ。

neroAacDec -if <input file> -of <output file> [-chapter <number>]

m4a(--cbr 16000 --lc) デコードしたwav 元のwav
bitrate = 15 = 705 = 1411
samplerate = 22050 = 22050 = 44100
channels = 2 = 2 = 2
codec = AAC = PCM = PCM
encoding = lossy = lossless = lossless
bitspersample = 16 = 16
codec_profile = SBR
6377472 samples @ 22050Hz 6375424 samples @ 22050Hz 12752687 samples @ 44100Hz
File size 589,950 Bytes (576.12 KB) 25,501,740 Bytes (24.32 MB) 51,010,792 Bytes (48.65 MB)

つまり低ビットレートでCT enc_aacPlusのLC-AACエンコーダを使うと、
サンプリングレートを落として削ったスペクトルの情報を保持しない、
=削り落としたLC部分のみにエンコードする、ってことか?


-