※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

眠れぬ夜は


なぜか寝付けない、という経験は誰でもお有りでしょう。
悩み事、スポーツによる疲れ、飲み会、仕事疲れ、遠足の前の日など、理由は
色々だと思いますが、体や脳が興奮状態にあることがその原因です。

様々なストレスにより分泌されたアドレナリン等が、睡眠をコントロールする
自律神経のひとつ、交感神経系を刺激、瞳孔散大,心拍増加,血圧上昇、皮膚
血管収縮,酸素消費増大を招きます。

自律神経系のもう一方、副交感神経はほぼ逆の働きをします。
この二つのバランスがうまく取れなくて寝付けなくなるのですから、交感神経
の働きを弱めるか、副交感神経の働きを強めてやればいいわけです。

ストレッチの効用

安静時よりやや高めの心拍数で出来る運動時には、副交感神経が働きます。 
筋肉の緊張をとり、ゆっくり呼吸をすることで精神的緊張も取り除きます。 
数分で心拍や血圧が下がってきます。 

心拍数が100を超える運動は、交感神経を刺激します。
たとえ疲れ果てて眠れたとしても、睡眠の質はかなり悪化します。

*1

関連記事
-