※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

怪我しちゃいました。

応急処置の基本原則


RICE

R(rest)     患部を固定し安静にする。 
I(icinng)     冷やす。 
C(compression)  圧迫する。 
E(elevation)   患部を心臓より高い位置に置き、うっ血を防ぐ。 

まず、患部を動かさないこと。
テーピング等で固定して、筋肉・靭帯・関節の可動域を出来るだけ狭くします。
動きを制限する事で痛みも軽減され、圧迫する事で炎症が広がるのを抑え悪化を
防ぎます。また、固定されている安心感から、患部をかばって他のところに影響を
及ぼす割合も減ります。

そして、冷やし続ける事。
冷やす事によって、患部の腫れや内出血を最小限にし炎症が広がるのを防ぎます。
コールドスプレーは、一時的に表面を冷やし痛みを和らげる(感じなくさせる)程度の
効果しかないので、過信はしないように。
ビニール袋に氷と少量の水を入れ、濡れタオルで包んで患部に当てます。
濡れタオルで包むのは、気化熱を奪う事によって氷を長持ちさせる為です。
時間はできるだけ長く、冷たさに耐えられなくなったら一度氷を外し、感覚が戻ったら
再び冷やします。

専門医の診断を受け、適切な処置をしてもらいます。