※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

@あれこれ-2010年5月



[2010-05-28]

AutoHotkey_L Unicode統合版への道はてなブックマークに登録

Evernote for Windows 同梱の Windows Scripting utility(ENScript.exe)
便利に使う AHK、現状、こんな感じ。未完成。

EnScript.jpg

でも、クリップボードにコピーしたテキストを編集後に EeverNote に送れるだけでも
かなり作業効率アップになってる。
結局、 getclip.exe とか fromclip.exe とか cb.exe とかで標準出力した日本語を
パイプして ENScript にうまく渡すことが出来ず(#1)、一旦テキストファイルに出力して
から CrateNote することにした。

 #1 コマンドラインに「 >>err.txt 2>&1 」を付けて標準エラー出力をファイルに出力
Can't commit transaction error: TRAN_LIMIT_CHECK_FAILED

テキストファイルは使い回しなので、/i オプションで Note 名の指定が必須。
(指定しなければファイル名が Note 名になる。同名の Note がいっぱい出来るのは
やはり見難いですから。)
で、テキストの1行目をタイトルに。空白を含む場合の""を忘れずに。

抜粋
dir=E:\Evernote
db=%dir%\DataBases3\ユーザ名.exb
ENS=EnScript.exe へのパス

Menu, Send2EN, Add, 同期, sync
中略
Return

GUI, Margin, 1, 1
Gui, -Border
Gui, Add, Edit, Multi -Wrap VScroll HScroll w400 h200 vMemo, %Clipboard%
中略
Return

ButtonSend:
 Clipboard =
 GuiControlGet,Edit,,Memo
 Clipboard = %Edit%
 ClipWait 
 ;MsgBox % clipboard
  ;Runwait, %ComSpec% /c fromclip.exe | nkf.exe -w8 > memo.txt ;UTF-8で出力
  ;Runwait, %ComSpec% /c cb.exe > memo.txt ;最新版ならShift_jisでオッケ(a,wとも)
 FileDelete, memo.txt
 FileAppend, %Clipboard%, memo.txt ;Shift_jis で出力・追記になる
 FileReadLine, line, memo.txt, 1
 Run, %ComSpec% /c "%ENS% createnote /s memo.txt /i "%line%" /d %db%"
以下略

んでねぇ。
今まで使ってきた AutoHotkey_L41 以前のバージョンだと、FileReadLine コマンド等で
読み込むテキストファイルが Shift_jis だと、抜き出した1行目(タイトル)が化けて
しまうので文字コード変換必須。
L51 だと、テキストファイルは Shift_jis でも UTF-8 でもいい代わりに AHK は
UTF-8 で書かないとメニューなどの日本語が化けるのねん、動作に影響はないけど。
過去の遺産があるので移行には、一括でやるにしても、やはり文字コード変換必須。
さて、どうしたもんでしょ。


-
  
添付ファイル