※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

@あれこれ-2009年6月



[2009-06-21]

動向 はてなブックマークに登録

「Yahoo!アクセス解析」(ベータ版) が一般公開された(要 Yahoo! JAPAN ID)。
思うところがあり、 あっち こっち そっち あそこにも ここにも そこにも
おまけにもひとつ 設置してみた。

yahooAnalytics.jpg yahooAnalytics2.jpg

プロジェクトごとに発行される解析用コードを <body> 内に貼り付けるのだが、
script が使えない場合はイメージへのリンクのみで。

偏った情報系ばかりでもそれなりに「旬」が見えるが、幅を利かすのは
やはり恒久的なキーワード。

yahooAnalytics3.jpg
検索ワードをグラフ表示

ページ(URL) ページビュー % 平均滞在時間
50.html 80 15.78% 8027.96
64.html 67 13.22% 14280.30
96.html 31 6.11% 10651.60
98.html 28 5.52% 12358.90
48.html 27 5.33% 11002.30
100.html 25 4.93% 7989.76
49.html 21 4.14% 9372.05
73.html 20 3.94% 20678.30
56.html 18 3.55% 15963.60
103.html 12 2.37% 10142.20
小計 329 64.89% 11524.30
合計 507 100% 11772.40
ページビューランキング(URL別)を CSV に出力

Yahoo!アクセス解析自動ログイン.html
 タイミングによっては「パスワードの再確認」画面になるけど。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=shift_jis">
<meta http-equiv="content-script-type" content="text/javascript">
<title>Yahoo!アクセス解析</title>
</head>
<body onLoad="document.AutoLogOn.submit()">
<form name="AutoLogOn" action="https://login.yahoo.co.jp/config/login?" method="post">
<input type="hidden" value="https://report.analytics.yahoo.co.jp/" name=".done">
<input id="username" value="ユーザ ID" name="login" type="text">
<input id="passwd" value="パスワード" name="passwd" type="password">
</form>
</body>
</html>

[2009-06-12]

中途半端な悪あがき はてなブックマークに登録

ftp 対応ファイラー つづき

前回で打ち止めにするつもりだったんだけど、これを外しちゃいけねぇ。

内骨格(cfiler)
キーボードで操作主体の2画面ファイラ。UNICODE ベース。
Python を内蔵、Python でスクリプトを書くことにより機能拡張が可能

■FTP 接続(NetworkPlaceTest コマンド)

実験中とのことで、将来、コマンド名や仕様が変わる可能性あり。

  • x キーでコマンドラインの入力を開始
  ステータスバー上に現れるコマンド入力欄に以下を入力
NetworkPlaceTest; サーバ名 ; ユーザー名 ; パスワード

  • 各項目の区切り文字は ;(セミコロン)
  パスワードが不要な場合でも、ユーザ名の後のセミコロンは必要
  2回目以降は入力履歴から選択・補完できる。

  • LAN 内の FTP サーバー( Everything ETP/FTP サーバとか)に接続
NetworkPlaceTest; ftp://サーバ名/D:/test ; ユーザ名;

ftp_cfiler1.jpg ftp_cfiler2.jpg

  操作したいドライブ(/D:/)やディレクトリ(/D:/test)まで指定すること。
  サーバ名だけだと、ドライブ文字の後の / が補完されないために、以降の
  パスが無効になる。従って、ドライブ移動後の下位フォルダにも入れない。
  (画像右参照)


-