※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

@あれこれ-2009年4月



[2009-04-28]

涙の Notepad++Portable AHK-Syntaxfile はてなブックマークに登録

AutoHotkey スクリプト用シンタックスファイルは、AutoHotkey 配布ファイルに同梱
されてるし、 Notepad++ 本家 ダウンロードページ でも DL できる。
どちらを使うかはお好みだが、 Notepad++ Portable Notepad++ EUC-JP 対応版
場合も本家 ZIP 版と同様に userDefineLang.xml という名前にして notepad++.exe と
同じところに置けばいいらしい。(#1)

ところが、コトはそんなに簡単じゃなかった、つーか簡単だったのだが。

Portable 版は強制終了、EUC-JP 版は OS ごと落ちて再起動がかかる。
本家なら問題ないのだろうか?

xml を直接編集してもダメで・・・何日も格闘した挙句、なんとな~く、
UserLang name を "AHK" に変えたら大成功!(デフォルトは "AHK Autohotkey")

文字数制限とかあるんかな?

 #1 自作するなら [表示]→[ユーザ定義ダイアログ]またはツールバーのボタンから。
   ただし、[Dock] にしないと下まで表示しきれない。

[2009-04-24]

FTP 対応エディタ つづき はてなブックマークに登録

Notepad++ + FTP_synchronize プラグイン
FTP 対応エディタ、と言えば、 Notepad++ + FTP_synchronize プラグインらしい。
(プラグインは配布ファイルに同梱されている。)

けど、レジストリ使用に関して今一不明な点が気になるので、いい機会だから、
PortableApps の中で試用してみることにした。
USB ではなく、ローカル HDD 内でね。

PortableApps の Suits には色々なアプリが入ってるけど殆ど不要なので
 Platform Only を DL、インストール時に Japanease を選択すればその後の作業も
  PortableApps 自体も日本語で起動する。

■次に、 Notepad++ Portable をDL、
 StartPortableApps.exe を実行して PortableApps を起動、
 オプションメニューから「新しいプログラムをインストール」、
 DL した Notepadpp_Portable_x.x.paf.exe を選択、インストールウィザードに従う。

portableapps.jpg

PortableApps のメニューから Notepad++ Portable を起動すると(#1)、メニュー等は
 日本語化されているが、そのままでは開いたテキストの日本語表示ができないので、
 [設定]→[スタイル設定]→[GlobalStyles] で「DEFAULT」のフォントを日本語の
 フォントに変更する。COMMENT,COMMENT LINE フォント等も各言語個別に設定可能。

 各種設定は \PortableApps\Notepad++Portable\Data\settings 以下に保存される。

  #1 unicode 版が起動される

Notepad++ Portable では EUC-JP で書かれたファイルは文字化けするので、
 代わりに日本語関連修正済みの Notepad++ EUC-JP 対応版 を使用してもおっけ。
 その場合は、PortableApps\PortableApps フォルダ内に配布書庫をフォルダ付きで
 展開後、オプションメニューから「アプリケーション アイコンの更新」を実行すれば
 認識されるので、メニュー表示名を設定する。

■FTP 接続設定
1.[プラグイン]→[FTP_synchronize]→[Show FTP Folders]
  ショートカットを割り当てておくと便利
2.FTP Folders ウインドウが開いたら [Open settings dialog]ボタンをクリック
  • [Profile]タブ→[New]ボタン
    • Profile(表示名)と Adress(ホスト名)、Username、Password、Initial directory(ホストの初期ディレクトリ)を設定
    • Connection mode を passive に、Transfer mode を Automatic に
    • 必要に応じてその他の設定をして [Apply]→[OK]
  • [General]タブ→「Upload cached file on save」がチェックされていれば、サーバー上のファイルを編集後保存時に自動でアップロードされる。

ftp_npp.jpg

3.FTP Folders ウインドウに戻り、[Connect]ボタンをクリック
  複数 FTP サーバーの設定があるときはリストから選択
4.[Download file]ボタン、ファイルの右クリックメニューまたはファイルをダブル
  クリックで cache フォルダにダウンロードされたファイルを開く。

  cache フォルダ
\Notepad++Portable\App\Notepad++\plugins\FTP_synchronize
  以下に username@server名、または初期ディレクトリ名のフォルダが作成される。
   Notepad++ EUC-JP 対応版 の場合は
\Notepad++euc-jp\plugins\FTP_synchronizeA

  message ウインドウに「Error writing data to file, closing the connection」と
  表示されてファイルの DL・表示が出来ない場合、[Profile]タブで
  [Use profile cache] にチェック、cache フォルダ(.\plugins\FTP_synchronize)を
  指定するとうまく行った。(ローカル HDD 内のみで使用するなら絶対パスでも
  いいけど、ポータブルで使用するなら notepad++.exe からの相対パスで指定。
  別の場所を指定することももちろん可能で、存在しないパスであれば自動で作成
  される。)

Everything サーバーの場合、cache フォルダに DL 出来ないので(#2)、
右クリックメニューから「Save file as...」で保存する場所を指定して保存後、
「Do you wish to open the file in Notepad++?」と聞かれるので「はい」または
「いいえ」を選択する。 Everything サーバーの仕様上、UL は出来ない。

  #2 \FTP_synchronize\E:\etc みたいな名前のフォルダは作成出来ないため

cache フォルダの中身や DL したファイルは自動では削除されないので、不要になったら
手動で削除する必要がある。

PortableApps から起動するので、コマンドラインは不可。

[2009-04-22]

FTP 対応エディタ つづき はてなブックマークに登録

jEdit + FTP プラグイン
AutoHotKey シンタックス定義ファイルを試してみたくてインストールした jEdit だけど
実は、それっきりになっていたんだよね。

FTP プラグインをインストールする
jEdit のメニューから [プラグイン]→[プラグイン マネージャ]→[インストール]タブ

FTP サーバーのファイルを開く
  • [プラグイン]→[FTP]→[Open from FTP Server...]
  • 「Connect to FTP Sever」ダイアログでホスト名(接続先)とユーザ名を入力
  (次回からは▼入力履歴が利用可能)
  • Passive mode にチェックされていることを確認して「了解」ボタン
  • ファイルブラウザでファイルを選択
  よく使うディレクトリをお気に入りに登録しておくと「お気に入りを編集」や
  ファイルブラウザの favorites からファイルを開けたりする。

ftp_jEdit.jpg
FTP サーバーにファイルを保存
  • 編集中のファイルを「保存」または「名前をつけて保存」
  • [プラグイン]→[FTP]→[Save to FTP Server...]を選択すると
  • 「Connect to FTP Sever」ダイアログで保存先 FTP サーバーに接続

コマンドライン
jEdit.jar ftp://ホスト名@ユーザ名:21(ポート番号)/E:/etc/file.txt
特に指定する必要が無ければポート番号は不要

これは Everything から FTP パスを開くエディタとしても行けそう、と思いきや、
ファイルブラウザで日本語ファイル名が化ける。
ローカルの場合はパッチのおかげで問題ないのだが。


-