※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サウナで痩せる?

[2003-08-03] -

ついに暑い夏がやってきました。

我が家の50インチのプラズマTVのディスプレーは放熱板と化し、愛用のノート
PCは火傷しそうな勢いです。 少しでも冷やそうとのせた濡れタオルが数時間で
乾くほど。きっと気化熱を奪ってくれて、多少の効果はあるに違いない。

気化熱と言えば、人間のかく汗がその働きをしているのは、みなさまご存知の事と
思います。高気温下や運動時には、交感神経の働きによって発汗を促し、上がった
体温を下げるのです。その量は1時間に1リットル、580キロカロリーにもなります。

運動時には、血液中の糖分や蓄えられた脂肪を燃焼させてエネルギーとし、その
最終生産物として生成される水分も一部汗となって排出されます。

では、サウナでたくさん汗をかけば痩せるでしょうか。

答えは、NO!です。

サウナで減った体重は、体温を下げるために使われた汗の分でしかなく、翌日には
元に戻ります。数種のホルモンが常に体を監視し、体内の水分量を一定に保つよう
に調節しているのです。

某板橋温泉のサウナで、顔やウエストにラップやら銀色の何かを巻いて必死の
お姉さま方を見るたびに、

「無駄だよ、運動しなさい!」

って言ってあげたくなるのを我慢してます。

あっ、サウナでいい汗かいて、心肺機能を高め、新陳代謝を良くすることで、運動時
のエネルギー代謝効率を上げ疲労物質の解消を早めることによって、運動量を増やす
ことが出来れば、「痩せる」、ってのはあると思いますよ。


関連記事