※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2章イベントに変更


テロが終わり一旦落ち着いたところからスタート

レオンが城内で被害などの資料に目をとうしているところ、兵より連絡が入る

隊長
レオン上級大将!大変です!

レオン
そんなに慌ててどうした

隊長
ジャッジメントの残党を付近で見かけたと言う情報が入りました!

レオン
何!?本当か!

隊長
はい、いかがいたしましょう

レオン
…よし、目撃があった辺りにすぐに部隊をまわせ

隊長
ハッ!わかりました

隊長去る

レオン
ジャッジメント…奴等を許すわけにはいかない

フェードアウト

フェードイン

場面変わってレオンの前で兵が並んでいる

隊長
では行ってまいります

エミル
レオン様、必ずジャッジメントを一網打尽にしてきます

レオン
エミル…君も行くのか?

エミル
はい…

レオン
そうか…

レオンがエミルから離れ兵全員に話す

レオン
皆奴等はこの帝国の何万という人々に恐怖を与えた大罪人達だ!

レオン
今回このテロを防ぐことが出来なかったのは我々軍の責任…

レオン
小規模だったとしても甘く見るな、思い詰めた者は何をしでかすか分からないからな

隊長
分かりました!

レオン
頼んだぞ

隊長
いくぞ!!


オー!

兵達が出発する中レオンはエミルを止める

レオン
エミル…

エミル
はい…なんでしょう

レオン
こんな事を言うと矛盾しているかもしれないが、くれぐれも無理だけはしないでくれ

エミル
レオン様…

レオン
君は私の大切な友人だから…

エミル
そのお言葉だけで十分です

レオン
私は軍の指揮をとる者として失格かもしれないな

エミル
何をおっしゃいますか

レオン
とにかく無事で帰ってきてくれ

エミル
はい!行って来ます

フェードアウト

フェードイン

レオンの下へ伝令が届く

隊長
レオ…ン上級大将

レオン
どうした!その体の傷は…

隊長
反乱軍を追った我が部隊は敗れました!

レオン
な…なんだと!もっと詳しく話すんだ!

隊長
すぐに奴等を発見しましたが…

隊長
思いのほか強く我々では歯が立ちませんでした…

レオン
あれほど細心の注意を払えと言ったのに…まぁ良い全員無事なのか?

隊長
申し訳ありません、1人行方が分からないものがいます

レオン
まさかエミ…

隊長
エミルです…

レオン
!?

隊長
私の責任です…

レオン
何故全員を連れて帰らなかった!!

隊長
ヒィッ!!

レオン
!!

レオン
すまない…取り乱してしまったな…話を続けてくれ

隊長
逃げるのに必死で…まわりを見渡す余裕すらありませんでした

隊長
城の近くに来た時にエミルがいない事に気づきまして

隊長
戻ればより多くの犠牲がでる状況で…

レオン
そうか…分かった、今は完治するまで休め、ご苦労だった

隊長
このたびの失敗の責任を取り隊長を辞めたいと…思います

レオン
辞める…か

レオン
貴方には今度子供が出来るそうじゃないか

隊長
ぁ…はい

レオン
だったらその分頑張るんだ!隊長職に就く事だって並大抵のことじゃない

隊長

レオン
一度の失敗は一度の成功で取り返せば良い

隊長
あ…りがとう…ございます

隊長その場に倒れる

レオン
ベッドに運べ、すぐに傷の治療をするんだ!


はいっ!

兵達が隊長を運んでゆく

レオン
エミル…

レオンが部屋を出ていく

フェードアウト

フェードイン

レオンの部屋に全員が居る

レオン
…というわけなんだ、皆の力を貸して欲しい

エルリス
もちろんですよ!

ロスト
アタシは別にかまわない…

ゼロワン
私もだ

エルリス
エミルさん無事だと良いですね…

レオン
ああ

レオン
ではA町へ行き、情報を集めよう






A町到着

レオン
さて…これからの行動だが…!?

ゼロワン
どうしたレオン

視線の先にジャッジメントと会話をするエミルを発見する

レオン
…エミル

エルリス
ぁ…エミルさん!無事だったんですね!

レオン
しっ!

エルリス
ぁ…ん、ん~

物陰からエミルたちの様子を見る

レオン
(何故エミルがジャッジメントと一緒にいるのだ…)

エルリス
ん~!!んー!

レオン
(ここからでは何を話しているのか聞き取る事はできないか)

エルリス
ん…

ゼロワン
レオン、エルリスが死ぬぞ…

レオン
!?すまない…

エルリス
ぷはぁ~!もうレオン様!なにするんですか

レオン
すまない

ロスト
目的の人物は居たのだろ?

エルリス
そうですよ、折角エミルさんが居るのに

ゼロワン
帝国人と反帝国人が会話をしていれば気になるだろう

エルリス
ぇ…

ゼロワン
裏切りか

エルリス
そんなエミルさんに限って…ね、レオン様?

レオン
私も信じている…だがこの状況では

ロスト
直接話せば良いだろう

レオン
そうだな、何かの間違いであって欲しいが…

レオン
エミルが一人になった時に聞いてみよう

ゼロワン
それまで滞在という事だな

エルリス
レオン様の服では帝国人という事がバレてしまいますよ

レオン
確かに…

エルリス
ちょっと待っていてくださいね、手ごろな服を買ってきますよ。行こうロストさん

ロスト
ぇ…あ、うん

エルリスとロストが服を買ってくる

エルリス
よく似合いますよ、これで軍の人とは分かりませんね

レオン
ありがとう

ロスト
フッ…こうなってしまうと上級大将も形無しだな

フェードアウト



レオン
夜になれば人気も無くなる、エミルに会うのはその時だ

ロスト
…それまではどうするんだ

エルリス
観光なんていかがですか?ここのオマンジュウはとっても美味しいと評判なんですよ…なんて…

レオン

エルリス
冗談です…スイマセン

レオン
そうだな、そうしよう

エルリス
え…

レオン
夜まで各自、自由に行動してもらってかまわない。今までろくに休みも取らず来ていたからな

ゼロワン
ではこの町の住人の観察でもさせてもらおう

ゼロワンが去る

エルリス
ねぇクレア一緒にオマンジュウ食べに行こうよ

クレア
うん

エルリス
それでは又夜に

クレア
お姉ちゃん行ってくるね

ロスト
…ああ

エルリス、クレアが去る

ロスト
君はどうするんだレオン

レオン
何故コルクストメルクに居るはずのジャッジメント軍がテロを起こせたのかを調べたいのだ

ロスト
…アタシも一緒に行く

レオン
休んだ方が良い。これまでの戦いとザレクの支配で今の君は心身共に疲れきっている

ロスト
…レオンの傍に居てはいけないのか

レオン
そんな事は無いが…

ロスト
…何か変なことを言ったか

レオン
いや…では一緒に情報を集めるのを手伝ってくれ

ロスト
…うん



町人
おう!あんたジャッジメントかい?

レオン
はい…

町人
何だよ、折角帝国に一泡吹かせてやったのにそんな顔しやがって

レオン
何故コルクストメルクの戦士達が帝国へ集結できたのですか?

町人
勇者様が現れたんだよ

レオン
勇者?!

町人
ああ、異世界から来たそうなんだが、ルキスタの森の怪物を倒してコルクを救った話はここらじゃ有名だぜ?お前本当にジャッジメントなのかよ

レオン
未だ日が浅いので詳しく分からないのです

町人
なんでも青髪で名前は…確かジュンって言ったっけな

レオン
青髪のジュン…勇者

レオン
ルキスタの魔物は勇者一人で倒したのですか?

町人
いや、何人か仲間が居たな

レオン
その勇者様はどこに行ったかご存知ですか?

町人
悪いな、そこまでは知らねぇよ

レオン
そうですか…

町人
まぁアンタも勇者様を見習って頑張るんだな

レオン
…はい

町人
元気がねぇな、そんなんじゃ帝国のやつらにやられちまうぞ

ロスト
…黙って聞いていればえらそうに、お前は何をしたと言うんだ

町人
ん?!

レオン
やめろ

ロスト

町人
何だよ…

町人さる

レオン
どうしたと言うのだ

ロスト
別に…ただレオンが一方的に言われていたのが気に障っただけ…

レオン
変わったな…君も

ロスト
…そうかな

レオン
初めに会った時にはろくに口も利いてくれなかったのに

ロスト
…気まぐれかもしれない

レオン
それでも良い

ロスト
…勇者、一体何者なんだろう

レオン
私も興味がある、だがこれでコルクの謎は解けた。後はもう一つの謎…

ロスト
エミル…の事

レオン
ああ…

フェードアウト


宿の部屋で皆集合

レオン
これからエミルに会ってくる、行くのは私一人で十分だ。皆はこのまま休んでくれ

エミルの居る家に着く

偶然にもエミルと顔を合わせる

エミル
…レオン様…どうして

レオン
私が何を言いたいか君なら分かるはずだ

エミル
はい、私もレオン様に是非聞いていただきたい事があります

レオン
良いだろう

エミル
ここではなんですから人目の付きにくい所へ行きましょう

レオン
ああ

場所移動

レオン
まずは私の質問に答えてもらえるか?

エミル
…先日の戦いで私は傷つき倒れ

エミル
気が付くとこの町のベッドで寝ていました

エミル
ジャッジメントが助けてくれたのです、敵である私を

レオン
君を利用しようと考えていたのではないか

エミル
私も初めはそう思いました、ですが違った

エミル
怪我が治り次第帝国への帰還を許可したのです…彼らに一体何のメリットがあるのでしょうか

エミル
恐れ多いながら…

レオン
何だ

エミル
私たちの帝国は本当に正しいのでしょうか…

レオン
エミル…自分が何を言っているのか分かっているのか?

エミル
分かっています

レオン
それは我々帝国に全てを捧げ生きてきた人生を完全否定する事になるのだぞ

エミル
…はい承知の上です

レオン
どうしたと言うのだ!君の考えをこうも変えてしまう…一体何があったのだ

エミル
国民は苦しんでいる…イヤ、苦しめているのは帝国なんです

レオン
具体的に話してくれ

エミル
皇帝は国民から金品、食料など生活してゆく全ての物を奪いすぎなのです!これでは民は暮らしてゆけない

エミル
ここはそれなりの街ですが、それでもある程度の制限がかかります。過疎化が進む地方ではろくに食べる事も出来ない生活がある

エミル
それを私たちには見せません…何かあれば又税を上げられてしまうそう考えているからです

エミル
全てを見ていたようで私達は国民のもう一つの顔を見逃していたのです

エミル
レオン様なら分かるはずです!

レオン
…ならば私は…

レオン

レオン
私は何のために戦ってきたのだ!何のために動いてきたのだ…

エミル
受け入れ難い気持ちは分かります、初めは私もそうでしたから…

エミル
でも私は信じています、このフロリエリアを変えてくれると

レオン
…エミルは「勇者」と言う人物に会った事はあるか?

エミル
はい…ほんのわずかですが

レオン
話してくれ、蒼髪のジュンについてできる限りの情報が欲しい

エミル
勇者ジュンは異世界から来てコルクを開放し民衆を救いました…

レオン
その先だ!ジュンは今何処にいる

エミル
自分達がいた世界に帰ると言っていました

レオン
なっ!?それで向かった場所は

エミル
レーヤです

レオン
…あのような辺境の地に何があるというのだ

エミル
わかりません

レオン
そうか…傷が治ったらラーナへ帰還するんだ

エミル
良いのですか?私は帝国から見れば裏切り者でしかない

レオン
それを決めるのは私だ

エミル
レオン様はどうなされるのですか?

レオン
レーヤへ向かう、勇者に会うために

レオン
この戦争を終わらすために…

宿に戻る

エルリス
どうです、会えましたか?

レオン
…ああ

ゼロワン
随分浮かない顔をしているな

ロスト

レオン
勇者はレーヤに向かったらしい、私達も明日一番で出発する

エルリス
大陸の外れですね、何があるのでしょうか

レオン
分からない…異世界人の考えることなど

ゼロワン
!?そうか!異世界人だ!

エルリス
どうしたんですか?

ゼロワン
分かったぞ!レーヤに向かった理由が

レオン
それでは聞こう、勇者達は何のためにレーヤへ向かったのだ

ゼロワン
帰るためだ

ロスト
…異世界に

ゼロワン
ああ、レーヤの奥には異世界へ通じる扉が存在する…本当だったとは

レオン
だとするならば急がねば!異世界へ戻られては困るのだ

レオン
奴等を利用できれば一気にこの戦争に終止符を打つことができるかもしれない

レオン
勇者よ私達が着くまで待っていろよ