並列処理メモ 設計編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

簡単に並列化できる処理は、行列の計算、文字列の大文字化、データの平均値(最大値、最小値)の計算など。

スレッドを用いた並列化の為に必要なコストは、

  • コア数分のスレッド生成コスト
  • コア数分のスレッド同期処理
  • 各スレッドの結果のマージ処理

となる。これプラス、

プラス直列化の処理コスト

が全体のコストとなる。
入力データを変更しないので、同期処理は他のスレッドが処理を終えるのを待つことのみ。
トークン分解もこのタイプに分類してできると思われる。



















.