※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは、これまでに積み重ねられてきた研究の中から、『ウッタラッジャーヤー』についての研究情報を、紹介します。


★ひとまずは年代順に並べます。

2008-07-29 14:23:43 (Tue)


Yutaka Kawasaki , A Note on Uttarajjhaayaa 25.18. in: Journal of Indian and Buddhist Studies (印度学仏教学研究) 54-3 (2006), pp.1121-1125.

V.M.Kulkarni , Bhagavadgiitaa and Uttaraadhyayanasuutra: A Comparative Aspect. in: Studies in Jain Literature (The Collected Papers Contributed by Prof. V.M.Kulkarni), Ahmedabad, 2001, pp.83-89.

V.M.Kulkarni , Uttaraadhyayanasuutra on Brahmanism. in: Studies in Jain Literature (The Collected Papers Contributed by Prof. V.M.Kulkarni), Ahmedabad, 2001, pp.78-82.

渡辺 研二 「白衣派伝としての現存 Uttarajjhaayaa 第Ⅱ章12,13詩節について」 in: 『印度学仏教学研究』46-2 (1998), pp.996-991.

渡辺 研二 「「無衣の試練」(acela-pariisaha) に関する二つの異なった伝承 ― Uttarajjhaayaa II.12-13と Viyajodayaa 612-3 ad. Muulaaraadhanaa 421 ―」 in: 『ジャイナ教研究』4 (1998), pp.45-53.

Herman Tieken , The Distribution of the Absolutive in -uu.na(.m) in [the] Uttarajjhaayaa. in: Asiatische Studien LII-1 (1998), pp.261-286.

阪本 (後藤) 純子 , 「Uttarajjhaya.na X 1-36d samaya.m goyama maa pamaayae ― 使役法中動態に由来する中期インド語動詞 ―」 in: 『ジャイナ教研究』2 (1996), pp.17-37.

山崎 守一 「Uttarajjhaayaa の言語学的研究 ― 接尾辞 -ima について ―」 in: 『論集』10 (1983), pp.140-142.

山崎 守一 「Uttarajjhaayaa の言語学的註記 (II)」 in: 『印度学仏教学研究』32-1 (1983), pp.489-486. (→ Utt 14.22の hume、Utt 14.32の sa.mcikkhamaa.no、Utt 17.5の pa.ditappai の語源について議論)

山崎 守一 「Uttarajjhaayaa の言語学的註記」 in: 『印度学仏教学研究』30-1 (1981), pp.426-424. (→ aaie と vuuhae の語源について議論)

矢島 道彦 「Maata:nga-jaataka と Uttarajjhaayaa 12の比較研究」 in: 『仏教学』11 (1981), pp.1-25.

Ram Prakash Poddar , Uttarajjhayana and Socio-Religious Formalism. in: Sambodhi 9 (1980-81), pp.76-84.

渡辺 研二Uttarajjhaayaa の研究Ⅲ ― Utt.X,28;36と Dhp.285 ―」 in: 『印度学仏教学研究』26-1 (1977), pp.128-129.

谷川 泰教 「Uttarajjhaayaa 研究 II ― 第29章 Sammattaparakkame について ―」 in: 『密教文化』120 (1977), pp.87-69.

土橋 恭秀 「Uttarajjhaayaa 第34章における le;syaa」 in: 『印度学仏教学研究』21-2 (1973), pp.953-948.

Jahl Charpentier , Zu Uttarajjhaya.na XXV. in: Wiener Zeitschrift fuer die Kunde des Morgenlandes XXIV (1910), pp.62-69.