※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは、これまでに積み重ねられてきた研究の中から、『アーヴァッサヤ』についての研究情報を、紹介します。


★アーヴァッサヤについては、諸注釈文献に関する研究も合わせて此処で紹介することとします。

2008-06-18 23:47:07 (Wed)

Willem B. Bollee , Subject Index of the Inventory of the Stories in N.Balbir's AAva;syaka Studien. in: International Journal of Jaina Studies 3-1 (2007), pp.1-23.

→タイトル通り、N.Balbir の AAva;syaka Studien に対する subject index です。最近の Bollee 教授は各種テキストの subject index 作成に力を注いでおりますが、こういった面倒で地味な仕事は正直あまり誰もやる者がいないわけで、貴重な資料の提供に感謝すべきでしょう。

H.C.Bhayani , Notes on Some Words in Oherlies[sic] `AAva;syaka-Studien Glassar[sic]'. in: M.A.Dhaky & J.B.Shah (eds.), Jambuu-jyoti (Munivara Jambuuvijaya Festschrift), Ahmedabad, n.d., pp.179-182.