ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki ~銀ちゃんの教師ビンビン物語~

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

誓い篇

銀「私は元々イジメられっ娘でねぇ。ほらぁ、こんな髪の色をしてるでしょぉ?
  それであれは・・・中学生の頃ね。一年生の頃の夏休みが終わる前に転校してねぇ・・・。
  まあ、でも転校先でもずっと苛められてたけどねぇ。関係ないかぁ・・・これは。
  ああ、それで当時○○って漫画雑誌があってねぇ。どうしても読みたい漫画があったんだけど
  転校先の近くの本屋は売り切れちゃっててねぇ。それで前の町の本屋ならまだ置いてあるかも知れない・・・
  そう思って電車に乗っていったの。凄く懐かしかったわぁ。そんな長くは住んでなかったし、
  いい思い出なんて1つもなかったけどねぇ・・・。で、すれ違ったのよ。
  何人もの同級生とすれ違ったわぁ・・・。でも、誰も私には気がつかなかった。誰一人として・・・。
  私は薔薇水晶・・・ああその当時からの付き合いなんだけど、に電話をしたのよ。
  私は『誰も私に気がつかないのよぉ・・・』って言ったの。そしたら薔薇水晶が
  『銀ちゃん・・・死んでるって・・・噂が・・・』って。私は死んだことになってたわぁ、フフフ。
  私はホントにこの世に存在してないことになってたのよぉ・・・、笑っちゃうでしょぉ?
  私の記憶は皆の頭から完全に消え去り、二度と私を思い出すこともないわけよ。
  だから私は誓ったの。私は忘れない。私が教師になって受け持った生徒の1人1人・・・
  その子達の顔と名前を絶対に忘れない。その子達の中で忘れ去られてしまうような子がいても・・・
  私だけはその子の顔と名前を覚えている・・・ってねぇ。」