ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 夏休み計画第一弾=海水浴=移動編

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出発の日、重い荷物を持って次々にローゼンの家に集まった一同・・・と+一名。
一番最後に来た金糸雀はその姿を確認した瞬間、顔を強張らせた。
金「ちょ・・・ミッチャン!!何で居るかしら~!!?(ガクガク」
み「金糸雀が海に行くって聞いたから何時誘われるかと待ってたんだけど
  誘ってくれないみたいだから槐さんに頼んで招待してもらったの!」
満面の笑みを浮かべるみっちゃん、だが目が笑っていない。
おまけに言葉の内容は普通だが凄く冷たい響きだった。
金(ヤバイかしら~。どうしてミッチャンの耳に入ったのかしら?
  家では海水浴の話してないし準備だって見つからないように頑張ってたかしら?)
槐「カメラの腕は学園一だろうから白崎には俺が話した」
白「楽しみだね~エ~ンジュ♪(ニヤニヤ」
槐「全くだ・・・(ニヤ」
金(この二人絶対沈めてやるかしら・・・)
一同(事務長の奴カメラとか言ってなかったか?)
み「ところでカナは何で私に内緒で行こうとしたの?」
金「そ・・・それは・・・」
み「ん?」
金「ミッチャンが来ると写真地獄になると思ったかしら~・・・
  決して嫌いに成った訳じゃないかしら!」
み「そぉ・・・じゃぁ集合写真以外はあまり撮らないわ!
  だから一緒に遊ぼ?」
金「ミッチャン・・・仲間外れにして悪かったかしら~(泣」
み(フフフ・・・堂々と撮らなければいい話よ・・・
  隠し撮り位この学園一のカメラマンにかかれば楽勝よ!!)
白・槐「頼りにしてますよ・・・(ボソ」み「任せてb」
この一件で3人の絆は深まったそうな。
金「何か今邪悪な気配を感じたかしら・・・気のせいかしら~?」
一同「金糸雀先生・・大変だな・・・・」

ロ「それじゃあ揃ったみたいだし出発しようか~!」
ローゼンのこの台詞で今まで談笑していた一同がある疑問を抱く。
参加についての説明の時、集合時間、集合場所、必ず持ってきて欲しいもの
バナナはおやつに入らないなど、殆んどの事は説明された。
が!使用する交通機関、運賃などの項目はノータッチだった事を思い出した。
水「行くって言っても何でいくのよぉ?」
ロ「あ、そういえば話して無かったね~w移動に使うのは・・・
  コレさ!!」
ローゼンは自宅のガレージにある車を指差した。
レ「お前マイクロバスも持ってんのか?」
ロ「他にも飛行機とか船とか色々持ってるよ~♪」
一同「コイツ本当に何者だよ・・・」
ロ「それじゃぁこれから『運転手』を決めるよ~♪」
一同「え???」
いつもながら唐突なローゼンの提案に一瞬固まる一同。
一同(Σは!それで交通機関の話にノータッチだったのか!!)
ロ「さぁ免許持ってる人は前に出て~。」
ジャンケンに参加したのは
ローゼン・雪華綺晶・めぐ・水銀燈・白崎・真紅・雛苺・金糸雀
狙ったかのような一人負け・・・運転手は『めぐ』に決定
め「えへへw負けちゃった!w」
一同(ヤバイ・・・ヤバ過ぎる・・・!!!)
スィ「あ~巴チャンが逃げたよ~」
め(フフフこのまま行けば桜田君は私のもの)水「おもしろそぉねぇ(ニヤ」
水「JUM!あなたが女子席ね~」
J「ちょ・・何をイキナリ?」
雛「あ~巴が戻ってきたの~♪」
巴「・・・」(我慢しなきゃ・・・やられる・・・)
ロ「それじゃぁ出発進行~♪」

走り出してから2時間分ほどした頃
それぞれ自由な席に座り談笑したりお菓子を食べていたりしていた一同
パーキングエリアに停まりトイレ休憩を取ることにした時
彼女達はある事に気づく・・・。
一同(あれ・・・?何か普通じゃね?もっと危なっかしいと思ったけど
   誰一人も酔ってすらいないし・・・)
水「めぐぅ・・・?」
め「はい?」
水「何か運転上手くなってない?」
め「気のせいですよw」
一同(気のせいじゃ無いだろ!!)
全員で渾身の突っ込みを入れる。特に以前の事が有るため巴が半ば変になっていた。
そんな中水銀燈だけがまた別の事に気づく。
水(そういえばJUMがさっきからめぐの事ばかり見てるわねぇ・・・
  案外めぐ行けるんじゃないのぉ?)
運転席のすぐ後ろの席に座っている水銀燈はめぐにそっと耳打ちする。
水「めぐぅ・・・さっきからJUMがめぐの事ばっかり見てるわよぉ~?w(ボソ」
め「え?(///)」
ギャギャギャ
いきなりの出来事に一同は唖然とした。
め「ご・・・ごめんなさい!ちょっと驚いてしまって・・・」
パーキングエリア内で良かったと心から安堵する一同
めぐに耳打ちした事を後悔する水銀燈
それからの運転は少し落ち着かないものになった。

翠「何で急に危なっかしくなるですかー?!べ、別に怖くは無いですけどぉ・・・」
そう言いながら隣に座ってるスィドリームの袖をチョコンと掴んでいる翠星石
スィ(かわいい~~ww翠チャンすっごくカワイイww写真写真♪)「ミッチャン
  ミッチャン!(ボソ」
み「?・・・Σは!OKOK(ニヤニヤ」パシャ
スィ「グッd(ゝω・)」
み「任せナ(ボソv( ̄▽ ̄)v」
蒼「ミッチャン・・・あの・・・その・・・」
み「焼き増し・・・でしょ?w」
蒼「あ、うん♪」
み「OKOK(ニヤニヤ 海に行ってからが本番よ・・・w」
スィ・蒼(後で柿崎さんに何か奢らなきゃ♪)
雛「巴~大丈夫なの~?」
べ「顔色悪いの~・・」
巴「大丈夫・・・ありがと先生・・・」
め・巴(この日の為に思い切った水着を買ったのよ・・
    桜田君の視線は頂き間違え無し!!)
雪「何か変な気配がするんだが・・・?」
薔「・・・殺気・・・?」
ロ「そろそろ着くよ~降りる準備しといてね~♪」(いよいよ薔薇ちゃんの水着姿が・・・フフフ)
薔(校長・・・喜んでくれるかな・・・)
金「降りたらすぐに潜水艇組み立てるかしら~ピチカート♪」
ピ「皆で水中散歩楽しみかしら~♪」