ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 蒼星石×水銀燈の百合

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼星石「…………」
 蒼星石が、授業で出した課題プリントの丸つけをしている。
 他に教師はいなく、職員室には蒼星石が一人と言った状況。
 静寂が支配する職員室だったが、その数分後一人誰かが入ってくる。
 蒼星石は、山の様にある課題プリントの丸つけに専念していた為、気づいていなかった。
 突如、蒼星石を背後から抱きしめる誰か。
蒼星石「うわっ!?」
 突然の事で、驚きの声を上げる蒼星石。
水銀燈「なぁ~に、やってるのよぅ~? 蒼星石先生?」
蒼星石「水銀燈先生……突然抱きつくのは、前々からやめてって言ったよね?」
 少しばかり、頬を赤くして蒼星石は、後ろの水銀燈に顔を向けてそう言った。
水銀燈「いいじゃなぁい。だーぁれもいないんだから」
蒼星石「そう言うことじゃなくて」
 水銀燈は、蒼星石の話なぞ聞いていなくベタベタと抱きついたままだ。
蒼星石「ひゃっ!? ど、どこ触ってるんですか!」
水銀燈「胸」
蒼星石「そ、そうじゃなくてぇ!」
 蒼星石は、余計に顔を赤くして抗議するが、水銀燈はお構いなしに蒼星石の胸を自分の手で揉んだりしている。
水銀燈「私の胸とは、やっぱり違う感触よねぇ~」
蒼星石「んっ! ぁ! やめてって……言ってるじゃないですか!」
 ドゴンッと、鈍い音を立てて後ろ向きに頭突きを水銀燈に喰らわせる蒼星石。
 水銀燈は、額を。蒼星石は、後頭部を押さえて痛みに呻く。

水銀燈「よぉくもやってくれたわねぇ~」
 ガバッと蒼星石に襲い掛かる水銀燈。
蒼星石「うわぁ!?」
水銀燈「この、わたしに、逆らうなんて、いい度胸じゃなぁい!」
蒼星石「胸を、もまな、いで! ちょっ! んや!」
 永遠に続くかと思われた水銀燈の蒼星石への胸もみ地獄。
 しかし、それは唐突に終わりを告げる。
 ゴスッ。そんな鈍い音と共に水銀燈の頭に振り下ろされる拳。
水銀燈「にょろっ!?」
 いったいだれよー。この私と蒼星石のあまぁーい時間に水さすやつぅー! と
 自分の頭を殴った相手を見て固まった。
 なんと、あのおとなしい事で有名な薔薇水晶。
薔薇水晶「水銀燈……先生…………浮気?」
水銀燈「ちょ?! 薔薇水晶先生!?」
薔薇水晶「………死して屍……拾う者なし……」
 良くわからない言葉と共に、水銀燈の肩をぐわしと摑むと何処かへ引きずっていく。
蒼星石「僕もちょっと、薔薇水晶先生の言葉が気になるかなぁ?」
 黒い笑みを浮かべて、蒼星石も二人についていく。
水銀燈「いぃいいやぁああぁぁぁぁーーーーー!!!!!!」
 水銀燈の絶叫が、木霊した。