ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 魔法使い -Zauberer-

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボクは昨日、不思議な不思議な夢を見た。
ついつい寝坊をしてしまって、授業に遅れちゃうトコだった。
急いで準備をして、玄関を出て走ろうとした。すると突然目の前に薔薇水晶先生が現れて、

「この魔法の箒……貸してあげるね……」

と、ボクに薄紫色の箒を貸してくれたんだ。
ボクは特に何の疑問も浮かべずにそれを受け取った。
早速ボクは箒にまたがる。すると薔薇水晶先生は呟いた。

「まほーのじゅもん……びびでばびでーぶー……」

すると箒は浮き上がったんだ。ボクは”学校に行こう!”と念じた。
箒はボクが念じた通りに学校に向かって飛んでいった。
後でよくよく考えると、あれじゃ薔薇水晶先生も遅刻コースなんだけどね。

おかげでボクは遅刻せずに学校に到着。
職員室には何故か薔薇水晶先生が先に到着していた。何故かと問うと、”テレポートができるから”と言っていた。
ボクは薔薇水晶先生にお礼を言って箒を返して教室へ行ったんだ。すると教室はわいわい大賑わい。生徒が皆こう言っている。

「そうせいせきせんせい! そらにあおいひとがみえた!」


それが昨日のボクの夢。
君たちだけにこっそり教える、昨日見ちゃったボクの夢……。