ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 合宿と言う名の…

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

うだる様な日差しと湿気が支配する、この季節は夏。
僕は、剣道部顧問として、この夏の合宿に来ている。
この今年の合宿も、滞りなく行われる…ハズだった。

発端は、夏休み前の職員室。
僕がパソコンを使って、合宿先を探していたとき。





「蒼星石~、さっきから何してるですか~?」
「夏の合宿に使う所を探してるんだ」
「そうですか…、ならば翠星石が手伝ってやるですよ♪」

……。
ここで、僕は予感がした。
何か、とんでもない事になると…。

翠星石の口調には特徴がある。
普通の人ならば、今日の翠星石はいつも通りに映るだろう。
僕は、長年の付き合いだから分かってしまったのかもしれない。
今日の翠星石の口調は、ろくな事が起きないときに出る口調だ。

そして、今回もその例に漏れず、とんでもない事になってしまった。

「へぇ、武道場がある旅館って、結構あるんですねぇ」

何を考えているんだろうか…。
いつもの翠星石なら、めんどくさがってこんな事はやらない。

「ここなんか良いですねぇ…、どうですか?チビ苺」
「ここが良いの~」

いつの間にか雛苺先生まで居るし…。
それに、ここはちょっと高いよ…。

「よし、ではポチっとな、ですぅ♪」
「ポチっとな、なの~♪」

何がポチっとな、って…、あああっ!

パソコンの画面に映し出されるのは、「予約」の二文字。

「翠星石…、何を…したの…?」
「何って、予約をしたんですよ、予約を」

さも平然と答える翠星石。

「さぁて、一仕事終えたから休憩するですか。行くですよ、チビ苺」
「はいなの~」

そして、固まっている僕を尻目に、翠星石は職員室を出て行ってしまった。

とりあえず、現状を確認しなければ。
そう思って、僕は翠星石が予約した場所について調べてみた。
どうやら、最近改装した旅館らしい。
場所は…、温泉地。そして、料金も他に比べると割高。

はぁ……。
どうしよう…、教頭になんて報告すればいいんだろうか…。



そう考えて頭を抱えていたら、翠星石が懲りた様子もなく職員室に帰ってきた。
そして僕は、満足そうな表情をしていた翠星石を連れて、人気のないところまで連れてきた。
全てを説明してもらう為に。

「どうしてあんな事をしたの?」
「どうしてって、蒼星石を手伝ってやっただけですぅ」
「そうじゃなくて、何であんなところを選んだの?」
「何でって、そりゃ…、まぁ…アレですよ…」
「 ア レ っ て な に さ ? 」
「いやその…、アレってのはですね……」

やっぱり、翠星石は何かをたくらんでいる。
翠星石の目は泳いでいて、答えもしどろもどろだ。
まったく、困ったものだよ。

「そうです、アレですよ」

何か言い訳を思いついたみたいだ。

「ほら、合宿って大変じゃないですか。
それなのに、おんぼろの旅館になんかに泊めさせられたら、生徒はたまったもんじゃねぇですよ。
だから、温泉や美味しいご飯のある旅館を、翠星石が選んでやったのですよ♪」

そう、自信満々で答えた翠星石。
一見まともな答えのように見える。
しかし、過去の翠星石の言動からしてみれば、これは隠れ蓑だ。
そう、僕は確信していた。

「 本 当 に ? 」
「な、何を言ってるですか…、す、翠星石は生徒のことを考えてですね……」

どう見ても怪しい。
目が泳いでいる。

「とりあえず!そういうわけです。てなわけで、後は任せたですぅ~!」

そう言って、翠星石は逃げるようにその場を後にした。

任せたもなにも、翠星石は剣道部とは何の関係もないじゃないか。
それなのに何で…、翠星石はあんな事をしたのだろうか。

まぁいいや、予約しちゃったものは仕方ない。
翠星石の言ってた言い訳も、教頭への言い訳に使えそうだし。
普段頑張ってくれてるみんなへの、ご褒美だと思えば良いや。

そして、僕は合宿の予算案を提出した。
しかし、そのとき僕は気付かなかった。

旅館の代金に、僕と部員+二名分の代金が追加されていた事に。





僕達剣道部は、合宿をするための旅館に到着した。
豪勢な建物に敷地、いかにも高そうな旅館だ。
部員達は、今までにないような合宿に喜んでいる。
そして、手続きを済ませ、僕は部屋へと向かった。

部外者二名を引き連れて。



合宿初日の朝。
集合場所である駅へと着いた僕は、とんでもない光景を目にした。

荷物を持って、部員達と話している翠星石と雛苺先生の姿を。

「蒼星石、遅かったじゃないですか」
「……なんでここに居るの?」
「なんでって、合宿についていくためですよ」
「……へ?」

そして、僕は翠星石から説明を受けた。
要約すると、「手伝ってやる」とのこと。

嘘だ。

ここで、今までの翠星石の不可解な行動の説明がつく。

翠星石は、学校の予算を使って温泉旅行に行くつもりだ。

僕とした事が、なぜ気付かなかったのだろうか…。
いかにも翠星石が考えそうな悪巧みなのに……。

そうこうしているうちに、僕達が乗る電車の発射時刻が迫ってきた。
さて、翠星石たちをどう説得しようか……、いや、出来そうになさそうだ。

翠星石と雛苺先生は、既に部員達を引き連れて改札を抜けていた。

「蒼星石ー、早く来るですよー、電車が行ってしまうですよー」

もうだめだ……。



部屋から見渡す景色は、見晴らしがよく素晴らしいものだった。
眼下の街には、温泉客が浴衣姿で散策し、軒に連なる店が地元の名品を売っている光景が広がる。
さらに、温泉街独特の辺りから吹き出す湯気が、その雰囲気を一層に盛り上げていた。
その都会離れした光景に、翠星石と雛苺先生は喜んでいる。

僕も、その光景には感動した。
だけど、僕は観光でここに来たのではない。
合宿と言う立派な学校行事に則って、ここに来ているのである。

「さてチビ苺、早速行くですよ」
「行くの行くの~」

「 ど こ に ? 」

すかさず、僕は二人を引き止める。
今は合宿中なのだから。
それに、二人は「手伝い」で来ているんだし。

「ちょ、ちょっと温泉の湯加減を見に―――」
「今から練習だよ。 も ち ろ ん 手伝ってくれるんだよね?」
「あ、あったりめぇですよ、翠星石たちは手伝いに来たんですからね…」
「そ、そうなの~…」
「そう、ならよかった。だって合宿だもんね」
「そ、そうですよ…、合宿ですからね…」
「うゆ~…」

どう見ても落胆している翠星石と雛苺先生。
その二人を引き連れ、僕は武道場へと向かう。

フフ、僕は転んでもただでは起きないよ……。



初日の練習は、長旅の疲れもあるだろうから、軽めに済ませることにした。
まずは、道場で素振りをした後、併設されているグラウンドでランニングをし、その後に再び道場で筋トレといった感じである。
それほどハードな内容にしたつもりはなかったんだけど、二名ほどへとへとになって倒れてている人がいる。

僕は、その二人に話しかける。

「二人とも手伝ってくれて助かったよ」
「そ、そうですか、なら、よかったんですけど……」
「うゆ~……」
「明日も頼むよ、翠星石に雛苺先生♪」
「「……」」

なにやら恨みのこもった視線を感じるけど、気にしない。
だって、これは「合宿」だもん♪

「鬼です…」
「なの~…」

「今なんか言った?」

「な、何でもねぇですよ」



ある程度体力が回復した二人を連れ、部屋に戻った。
さて、そろそろお風呂の時間か…。

「ほら、お風呂いくよ」

屍状態になっている二人にそう告げる。
すると、二人は見る見るうちに活気を取り戻していった。

「そうです!風呂ですよ!早く行くですよ!」
「早く行くの~!」

まぁまぁ、二人とも落ち着いて…って、いつの間にか二人とも居なくなってるよ。
それだけ早く動けるなら、練習で発揮してくれれば良いのに…。



翌日早朝五時。
今日からは本格的な練習が始まる。
まずは、この手伝いに来た二人を起こさなければ。

「ほら、起きて、朝だよ」
「うぅ~、なんですかぁ?」
「朝だよ」
「朝って、まだ五時じゃないですか」
「練習を始めるよ」
「あと五分…」
「駄目だよ」

そして、僕は翠星石の布団を引っぺがす。

「うぅ~、なにするですかぁ~」

さて、もう一人も起こさなければ。

「雛苺先生、朝だよ」
「うゆ~…、分かったの~…」

雛苺先生は、翠星石と違って素直だなぁ。
まったく、翠星石は自覚を持ってくれなきゃ。

僕は、着替えを済ませ、同じく着替えを済ませた二人を引き連れて、武道場に到着した。
さぁ、今日も練習だ。

練習内容は、昨日と同じく基礎から。
そして、朝食を食べた後に防具をつけての練習。

防具をつけての練習も中ほどに差し掛かった頃、ふと二人の姿を見失ってしまった。
どこに行ったんだ…。

「見るですチビ苺、あれが自由を手にした民衆の姿です」
「うらやましいの~」
「我々は絶対に勝利しなければならんのです、自由を手にするのです」
「うぃ~、翠星石先生あいと~」
「おめぇも頑張るのですよ、チビ苺」
「はいなの~」

見つけた。
どうやら、グラウンドのフェンスから街を見下ろしているみたいだ。
なにやら話していた二人を引きずり、道場へと戻る。

「翠星石死すとも、自由は死せずですぅ~!」

何言ってるんだか…。



翌日。

「いいですか、チビ苺。何事も、静かに素早くですよ」
「了解なの~」
「バカ、声が大きいです」
「ごめんなさいなの…」

「何を静かに素早くするの?」

「げっ、蒼星石…」
「で、何をするの?」
「い、いや~、何でもねぇですよ…」
「そう?なら良いけど」

脱走?駄目だよ。これは合宿なんだから。フフフ。

その後も、二人は何度か脱走を試みたみたいだったけど、全部僕が引き止めた。
まったく、手伝ってくれるんじゃなかったのかな?



合宿最終日前々日夜。

「頼むです。翠星石たちに自由をくれです」
「お願いなの~」

二人はついに折れた。
こそこそと動くのをやめて、僕に対して直接交渉に持ち込んだ。

「駄目だよ、教師が遊んでちゃ示しがつかないよ…」
「……なら、部員みんなと一緒に観光するですよ。折角こんな所に来たんですから、思い出残さなきゃ損ですよ…」

はぁ、まったく…。

「「……」」

頼むからそんな目で見つめないでよ…。
なんか僕が物凄い悪者みたいじゃないか…。

「……わかったよ…、じゃ、明日は自由行動ね、これで良いんでしょ?」
「さっすが蒼星石ですぅ♪話が分かるやつですぅ♪」
「蒼星石先生ありがとうなの~♪」

まぁ、これまで頑張ってくれてたし、これぐらいは問題ないよね。

「じゃ、生徒に伝えて―――」
「その必要はねぇです」
「へ?」
「もう伝えてありますから♪」

……。
はめられた。
これは、どっちに転んでも自由行動になるようになっていた。
ここで駄目だと言っても、なんだかんだで自由行動にするように言ってくるのだろう。
最後の最後で負けたのは僕か…。

でも、たまには息抜きも必要だよね……、多分。



合宿最終日。
昨日は、翠星石の策によって作られた自由時間だった。
温泉街を心行くまで散策し、夜、旅館に戻ってきたみんなの顔は、とても晴れ晴れとしていた。
今までの疲れを感じさせないような、そんな笑顔。
でも、結局この帰りの電車の中では、みんな疲れて眠ってしまっている。

あの二人も。

ただ、みんなの満足そうな笑顔を見ていたら、自由時間にしてよかったと思う。
練習だけで過ごす。それは正解だ。
けど、こういったあり方も、正解なんじゃないかって思う。
型にはまらないもの。それによって生み出されるものもある。
昨日の時間で、それが生み出されたのだろうか。

それは分からない。

でも、間違った事をしたとは思わなかった。
何か、僕の中で見えなかったものが、見えたような感じがした。

まったく、翠星石にはいつも助けられてるなぁ…。



「ん~、蒼星石は頭のかてぇやつですぅ、もっと遊ばせろですぅ~、ムニャムニャ」



……。



……まぁいいや。