ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 無題短編集 複数編1

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雛苺「変な生徒がいるのー」
真紅「だれなの?」
内藤「保守だおwwwwww」



321 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/06/28(水) 20:14:34.28 ID:9U+V386g0
あがらん保守


雛「ねぇねぇしんくぅ~」
真「なぁに雛苺?今クンクンが良いところなのよ」
雛「スレのあがる、さがるってなんのこと?」
真「あら、あなたそんなことも知らなかったの」
翠「まっ~たく、これだからお馬鹿なチビチビはだめですねぇ~」
雛「むぅ~、じゃあ翠星石は知ってるの?」
翠「ヒィッ!!…えっとぉ、あのですね、さがるっていうのは…」
蒼「君も知らないんじゃないか」
翠「うぅぅ~~…誰か教えてほしいでぅ…」


337 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/06/28(水) 23:53:04.26 ID:W4ylfIsY0
335
read.cgiの不備なのか、ageでレスを書き込んでも、スレッドの順位が上がらないことがある。
以前はそれほど酷くはなかったのだが、ここのところ頻繁に発生するような。

338 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/06/28(水) 23:54:20.18 ID:W4ylfIsY0
あ、readでなくてbbs.cgiだった。


雛「つまり書けば書くほど人気が出るはずなのに、人気が出ないってことなの?」
翠「そ、そういうことですよ。お馬鹿苺」
 「翠星石もそう言おうと思ってたのですよ」
雛「うぃ~…でも翠星石、雛が教えてもらってたとき目を輝かせながら聞いてたの~」
翠「あ、あれはですねぇ、馬鹿正直に丁寧に説明を書いてる哀れなチビ人間のことを思ってリアクションしてただけですぅ」
真「…無様ね」



翠「知識はチカラなのですぅ。そして、チカラには常に誘惑が付きまとうものなのですっ」
蒼「確かにそうだね。……で、言いたいことは、それだけかい……?」



お昼の休憩時間のこと。
真「最近盛り上がらないのだわ」
翠「仕方ないですぅ。次の出張(アニメ)はもう少し先ですから」
蒼「君たちはいいよ。僕なんか次の出張あるかどうかわからないんだよ」

雛「ところで、今日巴がこんな本を読んでたの~」
金「あ、みっちゃんも持ってたかしら?」

翠「『珠洲宮ハルカのU2』」??何ですかこれはぁ?」
蒼「ああ、今流行の小説だね。何でもTVアニメになって人気が出たとか」
金「アニメも見たけど、あのダンスが面白いのかしら~
  VIDEOあるから、一度見るかしら?」

数十分後

翠「面白いですけどぉ、某弱無人なやつらですぅ」
蒼「傍若無人だよ?しかし、ある意味学園生活を謳歌してるなぁ、あの子達」
雛「今度あのダンス覚えるの~ってあれ?」
金「どうしたのかしら真紅?そんなに考え込んで?何か悪いもの食べたかしら?」

真「なんかあの珠洲宮って子、どこかで見たような言動なのだわ・・・・・・誰なのかしら」

白「こぉぅらぁ!待ち腐れこの何茶って教職者がぁ!」

真「……ああ、そういうことね」



305 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [自動保守、作動中。] 投稿日: 2006/07/31(月) 15:27:04.37 ID:U1lSXwrC0
蒼「休憩の時のお茶は格段とおいしいなぁ…。あ!よかったら君もどう?」

306 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/07/31(月) 15:31:05.13 ID:qj9gEivMO
いただきます

蒼い子とお茶…(´∀`)

308 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/07/31(月) 15:37:24.36 ID:2tHnBZwjO
306
蒼(実は真紅)「ほら、何をしているの?貴方が用意するのよ?」

311 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/07/31(月) 16:24:28.78 ID:boztF4Af0
308
真(実は翠星石)「にーひっひっひっひ。引っ掛かったですぅ。次は茶菓子でも持ってこいです。」

313 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/07/31(月) 16:52:41.81 ID:TaaPn6o0O
311
翠(実は雪華綺晶)「…大量にな」



もしJUMたちが水銀燈のクラスに集まったら面白いと思うんだ。

水「皆さんにはまず自己紹介をしてもらいまぁす、じゃあJUM君から・・・」
巴「先生、JUM君来てません」
水「初日からぁ? ・・・じゃあ、柏葉さん」

巴「はい、柏葉 巴です。部活で剣道をやってます。これからよろしくお願いします」
水「へぇ・・・じゃ、次、桑田さん」

由奈「はい、えっと、桑田 由奈です。部活動は演劇部に所属してます。皆さんよろしくお願いします」

水「次は、み・・・」
みっちゃん「あっ、先生! 私のことはみっちゃんと呼んで下さい」
水「あっそ、じゃあ、みっちゃんさん」

みっちゃん「はい、皆さんも私のことはみっちゃんと呼んでやって下さい、趣味は、かわいい女の子にかわいい衣装を着せて写真を撮ることです」
水「そう。まあ、犯罪にならない程度にね・・・、次、フォッセーさん」

フォッセー「はい、コリンヌ・フォッセーです。特に趣味などはありませんけど、皆さん仲良くしてください」
水「次、オディールさん」

オディール「オディール・フォッセーです。何かと至らない面はあると思いますが、皆さんどうぞよろしくお願いします」
水「はい、最後は・・・柿崎さん」

めぐ「柿崎 めぐです。 趣味は、自分の手首にナイフを押し当て、もう少しで切れちゃうギリギリのところで止めることです。一回失敗しちゃって血が出ちゃいましたけど、痕は残りませんでした。そんな私ですけど、皆さんよろしくお願いします。フフッ・・・」

水「・・・・・・」



薔「・・・・・ついに出来た・・・。」
雪「そ、それは!!パーフェクトジオング!!ガノタの間では飾りだけで高過ぎると不評のくせに言わずと知れた名機!!」
薔「・・・・これもまんざら飾りじゃないんだよ・・・機動力やバランスが足無しよりも向上しているの・・・」
雪「・・・・・・これだ!」
薔「・・・えっ」
翌日・・・
雪「見ろ!ばらしぃ!」
雪綺晶の手にはなにやら手や足の着いた小型サイファーらしきものがあった。
薔「・・・何これ?お姉ちゃん・・・」
雪「よく訊いてくれた。わが妹よ!これはお姉様を学校に強制的に通勤させる新兵器だ!!」
その歪な小型サイファーを上に掲げ、うっとりと見つめる。
薔「この手と足は・・・?」
雪「この手はお姉様を捕まえる!!・・・足は飾り。」
薔「・・・これで銀ちゃんくるといいな・・・」
雪「じゃ、早速。」
勢いよく飛んでいくパーフェクトサイファー。それを見て二人は仲良く学校に向かった。
そのころ水銀燈宅
銀「あでっ!何、この手!えっちょっ、まだ着替えてすらないのよぉ!!止めてぇぇぇぇぇぇ。」
パジャマで飛ぶ水銀燈を多くの男性が鼻の下を伸ばしながら眺めていました。



雪「……ふぅ……。この重厚な金属の輝き……時の経つのも忘れる……。うっとり……」

翠「雪華綺晶のやつ、フライパンなんか眺めてなにやってるんですかねぇ?」

雪「こ、これはオスマン帝国のイェニチェリ軍団が反乱を起こした時に軍旗代わりに使った鍋だ!
ただのフライパンじゃないッ!」

翠「翠星石が人を起こすのに使っているこのフライパンもそれに負けないくらい凄いですぅ!
  これの正式名称は『賦禮繁』といって、古代中国ではこれを使った恐るべき戦闘術が確立されたですぅ。
  現在の『フライパン』という名前がこの戦闘術の創始者楓禮繁(ふうらいぱん)からきているのは言うまでも無いですぅ。」(民○書房刊)

雪「この鍋の方もすごいんだぞ!
この鍋は5年に1度支配下のキリスト教国から供出させた少年を軍団として育てるための鍋だ。
イェニチェリの少年は40人1組として過酷な訓練を受け野戦料理の大鍋を囲んで食事をとる。
この一つの鍋の飯を食った仲間という連帯感と厳格な軍律により少年達は精強な軍隊へと鍛え上げられるのだ!
スプーンの飾りを帽子に付け大鍋を軍旗がわりに進軍するイェニチェリは当時ヨーロッパ最強、
この鍋を見た敵兵を震え上がらせた!
そういう鍋だ!これは!」

翠「翠星石のフライパンの方が凄いですぅ!」

雪「何を言う、私の鍋の方が素晴らしいに決まっているだろう!」

どちらも譲る気は無いようだ。
そこで翠星石が提案する。

翠「なら音で勝負するですぅ!」

雪「よかろう!」

カンカンカンカンカンカンカンカンカンカン!
ガンガンガンガンガンガンガンガンガンガン!
カンカンガンガンカンカンガンガン・・・・・・・

真「えーい、うるさいのだわ!!!」

翠雪「ハイ・・・スイマセン・・・」



翠「ひーっひっひっ、おバカ苺の花丸ハンバーグの中に、こっそりハバネロを仕込んどいたです。楽しみですぅ」

雛「今日の学食の日替わり定食は、花丸ハンバーグなのーーっ」

雛「この花丸ハンバーグ、辛いのー!
  誰かお水を注いで欲しいのー!」

雪「ほい、水だ。・・・雛苺、もし良ければそのハンバーグをくれないか?」

雛「うゆ?いいのよー?」

雪「感謝する。(パク)・・・うむ。確かに辛いがなかなか美味だな。作った人の腕は良いようだ。」

翠「ほーほっほっほっほ、任せろですぅ。」

雛「あ。」

翠「あ・・・」

雛「翠星石だったのねー!もう許さないのー!」

翠「わ、わ、わ・・・ごめんなさいですぅ!」



元「カズキィ、愛し取るぞ。」
蒼「僕もだよ。…キス、お願いできる?」
元「ああ、勿論じゃよ・・・。」
目を瞑り、お互いの顔が近づいていく。

蒼「っていう夢をみちゃってさ、夜中の三時だったんだけど、それから寝られなく
なっちゃて…」
翠「それよりも翠星石が先にキスを……」
真「でも、同性愛からは脱してるのだわ。」
雪「だとしても相手がな……。」
銀「相当年増好きねぇ。」
金「ちょっと普通じゃないかしら。」
薔「…校長のほうがいい。」
雛「でも、蒼星石は色恋以外は普通なのー。」
教師一同「結論!相変わらず悪趣味!」
蒼「みんなは命が惜しくないみたいだね………ふふふ。」



雛「はわわわわっ、落ちちゃうのーーっ。緊急事態なのーーっ、急ブレーキ踏むのーーっ」

金「ヒナ、早くブレーキをかけるのかしらー!!!」


蒼「何言ってるんだか・・・」

翠「ジェットコースターにブレーキなんて付いてないですぅ・・・」

真・薔「・・・」(気絶中)



金「アンケートか……」


金「あなたにとって絆って何かしら?」
銀「そぉね……私を愛する男たちとの関係性かしら?」

金「あなたにとって絆って何かしら?」
翠「蒼星石ですぅ!」

金「あなたにとって絆って何かしら?」
蒼「生徒との絆…もあるけど、一番は翠星石との繋がりかな」

金「あなたにとって絆って何かしら?」
真「くんくんなのだわ」

金「あなたにとって絆って何かしら?」
雛「うにゅーなの」

金「あなたにとって絆って何かしら?」
薔「皆との繋がり……?」

金「あなたにとって絆って何かしら?」
雪「私と戦場を勝ち抜いてきたこの銃だ」


金「と言うわけかしら」
白「じゃあ、これを日テレに送っていいんですね?」金「お願いしますかしら」

24時間テレビ『今年のテーマは《絆》』
金「あなたにとって絆って何かしら?」



水「保守だけというのも芸が無いわねぇ。誰か何か芸でもしなさいよぉ」
真「言い出した貴女から始めたら?」
水「ふふふ・・・ならぁ、とっておきの奴を見せてあげるわぁ。めぐ、準備してぇ」

水「本当は、文化祭のために練習してたんだけどぉ・・・」
翠「す、すげーですぅ!胴体切断マジックをやるなんて只者じゃねぇです!」
蒼「確かに・・・」
雛「すごいの~」
真「くっ・・・こればかりは認めざるを得ないのだわ」
水「ふふふ・・・いきなりメインディッシュじゃ後がかわいそう・・・あら?・・・・・・戻らない」
全員『え?!』



め「ねぇねぇ巴ちゃん。この問題教えてぇ」
巴「確かこの問題は・・・」

コ「私達にとって古文は暗号解読以外の何物でもありませんわ」
オ「漢文もパズルでしかないわよ」

の「夏休み最後の日に溜まった宿題を皆でやる・・・青春ねぇ」
ジ「だったらなんで僕の家でやんなきゃなんないんだよ」



雛「ほっしゅ、ほっしゅ、ほしゅほしゅほしゅっ。」

金「ヒナ、何を歌っているかしらー?」

雛「保守の歌なのー。」

保守 保守 ホッシュ ホッシュ
ホッシュ ホッシュ ホッシュッシュッ
スレを背負って
ホッシュ ホッシュ ホッシュッシュッ
投下キタ GJだ うれしいな
作品 何でも どんとこい
伸びろ 伸びろ 伸びろ
1000いった 1000いった 最高だ

真「あら、この歌は何?」

ヒナカナ「保守の歌!」

※少々歌詞がまずかったので訂正。



銀「でもぉ、保守だけで1000行くのも悲しいとおもわなぁい?」



翠「このフラッシュ最高ですぅwwwww笑いがとまらねぇですぅwwwwwww」

蒼「確かにwwwwww不意打ちブーンは噴いたよwwwwww」

真「何を見ているの?」

水「私もさっきから何をやっているのかと・・・」

翠蒼「『うはwwwうはwwwうはwww母さんちょwwwww』ですぅ(だよ)wwwwwww」

真「・・・ふ、ふん。そんなの下らないのだわ。笑えないし・・・」

水「あらぁ、私もそう思うわぁ。珍しいわねぇ。」

翠蒼「ひどい・・・」


その後の廊下。

真(言えない・・・マイアヒで毎日PCの前で爆笑していたなんて・・・)

水(毎日もすかう見ていたなんて言えないわぁ、全く・・・)



薔「……あれ? お姉ちゃん……こんな時間に、どこ行くの……?」
雪「……ちょっと……二十四時間営業のスーパーに、ラム肉のスライスを買いに……」
薔「……ジンギスカン? においがこもらないように、ちゃんと換気扇を回しといてね……」
雪「……うん……」

 ばらしー、布団をかぶる。
薔「……一つ……二つ……三つ…………九つ…………ぜっ、全滅? たった三分で、
 十二機ものリックドムがかっ…………目が冴えちゃった……1/100レウルーラの続きでも作ろうかな……」


ところで羊の肉は好みが分かれると聞きますが本当ですか?
ジンギスカンは食べた事がないもので


雛「どーなの、翠星石先生?」
翠「マトンは臭みがつえーので、好き嫌いが分かれるですが、ラムならにおいは気にならねー程度ですし、
 コレステロールが少なくヘルシーなので、最近は女性を中心に人気がじわじわ浸透してきてるんですぅ」
薔「……もっとも、タレを浸けて焼くので、家庭で食べるときは、換気に気をつけないとね。
 お姉ちゃん、においが残っていると、次の日も同じ物を食べたがるから……」



雪「……お豆腐は、湯豆腐が、一番おいしい……」
薔「……お姉ちゃん、今は、まだ夏……」
雪「……エアコンで、部屋をガンガン冷やして、食べる……」
薔「……ダメ。電気代がもったいない……」



ロ「すーいぎんとぉちゃーん」

銀「なぁにぃ~、ロォーゼェン」

ラ「ロッゼーン、たぁいほだ~っ! ……何をやらせるんですか、全く……」

雪「……また、つまらない物を食べてしまった……」



雛「あ、うぐいすなのー。」

真「え、えぇそうね。うぐいすね。」

雛「・・・もしかして真紅知らなかったのー?」

真「お黙りッ!」

水「・・・無様ねぇ。」


雪「・・・うぐいすと言ったらグリーンピース餡。餡といったらアンパン。・・・お腹すいた・・・」

薔「・・・なんでも食べ物の話になるのね、お姉ちゃん・・・。
  ・・・PCの前の皆さんは、黒餡、白餡、緑餡のどれがお好み・・・?」



水「油断しちゃだめよぅ?」
雪「獲物の前で舌なめずり・・・3流のやることだ」
薔「・・・頑張ってね」

真「五月蝿いのだわ。くんくん人形が取れないじゃない」 ぽち

うぃーん・・・

真「あぁ!何て事なの?!」
水「これで4000円・・・ほぉんと、クレーンゲーム下手ねぇ」
真「くっ・・・そこまで言うなら貴女がして見せるのだわ」
水「うふふ・・・良いわよぉ。・・・あらぁ、そこ行くカッコいいお兄さん。私ぃ、あなたに取って欲しい物が有るんだけどぉ・・・」
A「は、はい、良いですよぉ・・・デへへ」

水「どう?これが私の腕よ」
真「それのどこが腕なのよ?!」
水「あらぁ?貴女じゃ絶対出来ない芸当よぉ?」
真「誰がそんな真似を・・・」


蒼「・・・皆、ゲームセンターの夜間見回りに来たって事覚えてるのかなぁ」



ロ「さて、そろそろ模様替えの季節だねぇ」
水「また模様換えするのぉ?めんどくさぁい」
薔「・・・また、新たな気持ちでお仕事できるよ」
雪「うむ、整備や手入れは小まめにしないとな」

ロ「という訳で、皆模様替えよろしくねぇ。僕は寝てるから」
全員『手伝えよ!!』