ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki ローゼンと不良とパチンコ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 パチンコ。
不良「あぁ?! この台ぼったくりじゃねぇか?! でねぇぞ!!」
 そういって、私服の不良は、台のガラスを一度殴る。
不良「畜生!」
ローゼン「ふむ、君。その台では、まったくでないぞ」
 あ? んだよ! と、この方を向けば我が学園の校長が其処に居る。
不良「………えーと、じゃぁどの台ならでるんだ?」
ローゼン「ふっ……このパチンコの台(誤字にあらず)魔王にかかれば」
 そういって、ローゼンは空いている台を素早く見ていく。
 ば、ばれてねぇよな? 俺。
 と、少々不安になる不良。
ローゼン「君! これだ! これならそうだな27ぐらい回せば出る!」
 得意げに、そう言うローゼン。
 つーか、あれだパチンコが似合う校長ってのアレなモンだなと不良は思う。
不良「お、おう……」
 しばらくして……
不良「す、すげぇ! なんだこれ!」
ローゼン「ふっふっふっ……この台魔王にかかれば造作も無い!」
 多分ラプラスが聞いたら、なにしてんだこの馬鹿校長!!! と叫ぶ事間違い無い。
 ローゼンが、言った台は大当たりの連発。
 マジすげぇ……と、唖然としている不良の後ろで不敵に笑うローゼン。


 二時間後。
 ローゼンと不良は、●ハンから出てくる。
不良「負けが一万だけど勝ちが三万! あんがとよ!」
ローゼン「ふっ……なに、そのにくまんでも奢ってくれればいいよ。○○君」
不良「げっ」
 バレテーラ。
ローゼン「まぁ、あれだ。別にお咎めはせんから安心するといいぞ」
不良「お、おう」
ローゼン「さぁ、にくまん食べに行くぞ! 不死屋が新しくにくまんを始めたらしいからな!」
 こんな校長でいいのかよ。と、不良は思うが……ま、いいか。と、あっさり思う。
ラプラス「こんなところに居ましたか! この馬鹿校長!」
ローゼン「うげ」
ラプラス「ん? 君は○○君……ふむ、ローゼン馬鹿校長を足止めしてくれた事に感謝するよ」
 え? 違うんだけど……と、言う前に
ローゼン「三十六計逃げるにしかず!!! ○○! にくまんは今度だ! さらばだ!」
ラプラス「逃がすかぁ!!!!!」
 追いかけっこが始まり、二人の姿は数秒後には見えなくなるほど遠くにあった。
不良「……あは……ははははは!!」
 それが、可笑しくて笑う不良。
 こりゃ、明日校長ににくまん持っていかないとな。と、そう思った。