ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki ローゼン逃亡劇とアーチェリー部

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いつもと変わらない風景、いつもと変わらない平和そして・・・。
ロ「ははははは~ラプラス君!わたしを捕まえられるかな~?」
ラ「待たんかこの馬鹿校長ーーーー!!!!!」
いつもと変わらない有価学園・・・。
しかし今日はいつもと違っていた。
ラプラスは息を切らしながら放送室に入った。
ラ「男子K君JUM君蒼星石先生!!至急弓具と矢36本を持って体育館裏に!!」
その放送が終わると男子kとJUMと蒼星石は弓具を持って体育館裏に向かった。
その頃ラプラスは、着実にローゼンを体育館裏に追い込んでいた。
この時間体育の時間だったので水銀燈と雪華綺晶に協力を依頼した。
ロ「君たちに僕を捕まえることは出来ないよ~♪」
銀「待ちなさぁ~い。」
雪「待てローゼン!妹の仇ー!!!」
ラ「妹は関係ないですよ!!」
その時、ローゼンの目の前に弓を構えた、男子k、JUM、蒼星石が現れた。
蒼「撃ち方よ~い」
ロ「あはは~・・・許して?」
一同「許すかボケェー!!!」
この後、ローゼンがアーチェリー部の餌食になったとは言うまでもない。

その後談
銀「そう言えば何で校長を追いかけてたのぉ~?」
ラ「さあ?何ででしたっけ?忘れてしまいました。」
雪「やるな。蒼星石。」
蒼「雪華綺晶こそ。」
そう言って蒼星石と雪華綺晶は握手を交わした。