ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 由奈のいちばん長い日

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私は桑田由奈。
このクラスの委員長と言う立場にある。

今の時間は日本史。
教壇に居るのは、今年から入った新任の薔薇水晶と言う先生。
今のクラスの状況は最悪だ。いたるところで、雑談がさも平然と行われている。
私は委員長と言う立場上、彼らの行為を止めなければならない。

しかし、私が注意しても雑談は止まらなかった。
彼らは、先生が新任である事と、気弱そうな性格、その二つを逆手にとって行為を続ける。
他の先生での授業では、彼らはいたって真面目そうに授業に臨んでいる。
なぜならば、他の先生の前では、彼らは手も足も出ないからである。

彼らは狡賢い。焦らず、確実な方法をとる。

教壇の薔薇水晶先生は、今にも泣き出しそうだ。

雑談は止まらない。



「…この授業は…、自習に…します……」

そう言って、先生は教室を出て行ってしまった。

彼らは、それを気にも留めず、雑談を続ける。

勝利。彼らにとって相応しいであろう表現。
敗北。薔薇水晶先生にとって相応しいであろう表現。

明確な図式が、この教室に生まれた。
彼らの『勝利』が、この教室を支配している。

自由。彼らが手にしたもの。

だが、その『自由』は、秩序なき自由。
私は、その『自由』に、楔を打たねばならない。

私は、職員室へと向かう。



「…先生」
「なんですか…、桑田さん…」

私が職員室に着いたとき、先生は机に伏せていた。
私が声を掛けると、先生は起き上がった。
しかし、その目は真っ直ぐ正面を向くだけで、私のほうへは向かない。
だけど、その目は私のほうを向かなくとも涙の跡が見て取れた。

「先生、授業を…」
「自習です…、私が…決めた事です…」

授業中のこの時間、職員室には、私と先生の二人しか居ない。
私と先生が作り出す、重い空気。
それだけが、この空間を支配している。

私は考えた。
どのような言葉で対応すれば良いのか。
私の乏しい語彙で、どのように応えれば良いのか。
他の先生に助けを求めたかった。
しかし、ここに居るのは私と先生だけ。

ただ、時間だけが過ぎていく。



「なんで貴女がここにいるのぉ?今は授業中よぉ」

背後から聞こえてきた声。
本来、誰も居ない事があってはならない職員室に、この時間に居なければならない人物。

水銀燈先生。

私は、水銀燈先生に状況を説明した。

「ふぅん…そういう事ね…、だったら貴女は教室に戻りなさい」
「先生…」
「これはこの子が決めた事よぉ、わかったらさっさと戻りなさい」
「ですが…、わかりました……」

私に反論する隙を与えないかのような、鋭い視線。
その視線に押されて、私は教室へと戻った。

教室に戻る間、私は怒りを覚えた。
なぜだ、なぜ突き放したのか。
私はちゃんと状況を説明した。
なのに、なぜ水銀燈先生は彼らの側につくのか。

そう考えてる間に、私は教室に着いた。
そこに広がるのは、秩序なき自由。
私はただ、これを受け入れる事しか出来ないのか。

そう考えたら、悲しくなってきた。



やがて日本史であった授業は終わり、次の保健の授業へと変わった。
彼らは打って変わって、先ほどとは正反対の態度で臨もうとしている。

そして、水銀燈先生が教室にやってきた。

私は、先生に侮蔑の視線を送る。
さっきの先生の対応が、どうしても許せなかった。

「今日の授業は自習にするわぁ」

開口一番、先生は自習と言った。
その言葉に、彼らは戸惑う。
水銀燈先生の授業は、彼らには人気だ。
故に、彼らは真面目な態度で授業に臨んでいた。

そして、彼らの口から不満の言葉が飛び出す。
先ほどとは全く違う、その態度。

それを跳ね除けるかのように、先生は言い放つ。

「なによぉ、別に良いじゃない、決めるのは私の自由よぉ」

そして、先生は教室を出て行ってしまった。

彼らは、意気消沈していた。
唯一の楽しみと言って良いほどの、その時間が無くなってしまったから。

私は、今の状況が把握できなかった。
水銀燈先生の意図が全く読めない。
何を考えているのか、それが理解できない。

ただ、彼らの不満だけが、この教室に渦巻いていた。





次の日の日本史の授業。
薔薇水晶先生は、ただ私達に「自習」と告げると、教室を出て行ってしまった。

私はいてもたっても居られなかった。
だから、先生の後を追って職員室へと向かった。

今日の職員室に居るのは、昨日と同じく、薔薇水晶先生と、水銀燈先生。

「…先「教室に戻りなさい」

私が、薔薇水晶先生に声を掛けようとしたとき、それを遮るように水銀燈先生が言った。

なぜだ、なぜ水銀燈先生は、薔薇水晶先生の邪魔をするんだ。
私の中に、再び怒りかこみ上げる。

しかし、次の瞬間、私の想定外のことが起きた。

「ついて来なさい」

水銀燈先生が、私と一緒に教室へと向かおうとしている。

そして、私と先生は黙って教室へと向かった。





教室に水銀燈先生が入ると、今までの喧騒がすぐに止んだ。
そして、先生は彼らに言い放つ。

「もうこのクラスの授業をするのはやめるわぁ」

その一言に、彼らからまたもや不満の声が上がる。

「なによぉ、貴方達は自習がしたいんでしょぉ、だから授業はしないって言ってるのよぉ」

彼らは反論する。
そんなことない、先生の授業は楽しみだ、などと。

そんな彼らに、先生はさらに言い放つ。

「勝手なこと言わないで頂戴、私がしたくないって言ってるのよぉ、これは私の自由よぉ」

そして、先生は私に一言。



「自分が変わろうとしないで、相手に変化を求めるのは、ただの傲慢よぉ」



そう言って、教室を出て行った。





私が気付いていなかった事、それを水銀燈先生は私に言った。

私がしていた間違い。
解決を一方的に求めた事。
自分から何も行動しなかった事。

彼らから出てくる不満の声を遮り、私は彼らに言い放った。

「なんで水銀燈先生があんなことしたか分かる?」
「んなこと知るかよ!」

彼らは、激昂して私に答えた。
そんな彼らに構わず、私は話を続ける。

「水銀燈先生の授業は受けれて、なんで薔薇水晶先生の授業は受けれないの?」
「そりゃ、水銀燈先生の授業がおもしろいからにきまってるじゃん」
「でも、先生は授業を拒否した」
「だから困ってんだよ、先生の授業は真面目に受けてるのによ」
「だけど、それって間違ってない?」
「なにが間違ってんだよ、真面目に受けてるだろ」
「でも、薔薇水晶先生の授業は真面目に受けてない」
「だからなんだよ」
「水銀燈先生がしたのも、それと同じ」
「ハァ?」
「薔薇水晶先生の授業を受けないのと同じ、水銀燈先生も、私達の授業をしない」
「わけわかんねぇよ」
「私達が先生を選んだように、先生も、私達を選んだ」
「よーするになんだよ」
「私達がやってる事と、水銀燈先生がしたことは同じって事」
「……それで?」
「私達がこのままで居れば、ずっと何も変わらない」
「……」
「だから、薔薇水晶先生と水銀燈先生に謝りに行こうよ、私達が間違ってたって」

言いたい事は全て言った。
あとは、彼らが理解してくれるか、それだけ。

教室に沈黙が続く。



「…行こうぜ、職員室」



彼らの一人が、沈黙を破った。
それを皮切りに、彼らが動き出す。

そして、私達は職員室へと向かった。










私達は、薔薇水晶先生と水銀燈先生に謝った。
私達の犯した過ちを。

それからの薔薇水晶先生の授業は、滞りなく継続されている。
私達は、真面目に先生の授業に臨んでいる。
彼らも、同じように臨んでいる。

水銀燈先生の、あの助言がなければ、私達は変わらなかっただろう。
本当ならば、自分達で気付かなければならない事。
解らなければならなかった私に、解らなかった事。
それを教えてくれた水銀燈先生。

だから、私は『教師』になろうと思う。
水銀燈先生のような、そんな先生に。