ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 無題短編集 雪華綺晶編1

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

保健室にて

生徒「あっ…せんせー…。スゲー締まって…っ。」

きらきー「ダメ…我慢なさい……。」



どう見ても絆創膏です。ありがとうございました。



きらきー「今月のノルマが終ったので、今日は映画を見ようと思います」

つ プライベートライアン

生徒(先生・・それもう見飽きた・・・)



雪華綺晶「今日は更に歴史を学ぼうと思うので映画を見ようと思います。」

つ戦場のメリークリスマス

雪華綺晶「ローレンス!ミスターローレンス!!!!」

生徒【ここまで映画に感情移入出来る先生も珍しい・・・。】
生徒【うわぁ泣いてるよ・・。】
生徒【泣いてる先生可愛い・・。】

雪華「と、言う訳で感想文を明日までに原稿用紙10枚以上でまとめてください。」

生徒「・・・」
生徒「・・・」
生徒「・・・・・・・・・。」



「せんせー! 帰りのSHRやってねぇっす!」
「……………」
「せんせー?」
「……解散」
「「「「「だぁ」」」」」(こける



ここは射撃部。そのなかで今行われていることそれは、エアガンを使った戦争ゲームだった。
雪「生徒番号2323番ーーーーッ狙うなら確実に心臓か頭をぶち抜け。彼らとて好きこのんでわれらと戦っている訳ではない。」
 「一度こうなってしまった関係を元に戻す方法はない━━━。速やかにぶち殺してやるのがそいつらの為ってもんだ。」
生徒一同「「「Sir Yes Sir Mya senior officer!!」

その日、部室から発砲音がやんだのは部室の屋根からきのこ雲が浮かんでからだった。



薔「……きらきー、どうしたの……?」
雪「……何か、目がもぞもぞする……」
良く見ると、雪華綺晶のアイホールから伸びる薔薇の枝に、アブラムシがびっしりと!!
翠「うわわーーっ、園芸植物の大敵アブラムシですぅ!! 園芸部の植物にうつされたら大変なことになるですぅ!!」
つ農薬
翌朝、学園の裏山で、簀巻きにされて木に釣り下げられた翠星石が発見されたという。

※注「教師だったら」世界のきらきーには、さすがに薔薇は生えていないだろう。だから、小ネタ。



雪「さて北朝鮮がミサイル発射を行った件だが、今回の授業はそれを踏まえた上での朝鮮史を行う」

テレビに出てる下手なコメンテーターや評論家よりもためになる授業になりそうだ
ただ、時々出てくるやけに鮮明な衛星写真はどこから入手したのですか先生?



雛「雪華綺晶先生~調理実習で雛たちが作ったハンバーグあまったからあげるなの~」
雪「モニュ・・・モグ、モニュ」

翠「園芸部で作ったりんごできたから雪華綺晶先生にやるですよ~」
雪「ゾブ・・・」



真「雪華綺晶先生。紅茶が冷めちゃったから、あげるのだわ」
雪「……ごくごくごく……」

雛「きらきしょー、このイチゴ、まだ酸っぱかったから、あげるのなのーーっ」
雪「……もぐもぐもぐ……」

金「ちょうどいいところに来たのかしらー。この麺つゆ、このまま流しに捨てると、海を汚染してしまうかしらーーっ」
雪「……ごくごくごく……」

銀「ああ、雪華綺晶。このヤクルト、賞味期限が切れちゃったからぁ、あなたにあげるわ」
雪「……ごくごくごく……」

薔「……お姉ちゃん、絶対みんなに利用されてるよ……」
雪「……………………?」



雪華「今日は水銀燈先生と薔薇水晶先生は出張なので、私が担任します。
   桜田君は後で職員室に来なさい。」



職員室

JUM「何ですか?」

雪華「桜田君、この前日本史の追試やったじゃないですか。」

JUM「はい。」

雪華「あれ簡単だと思うんですけど、残念な事に赤点だったんですの。」

JUM「・・・・・」

雪華「それを採点してる時の薔薇しぃ、何か悲しげで。」

JUM「・・・・はぁ・・・」

雪華「もっと勉強してくれないと困りますのよ・・(キラッ」

JUM「ちょ、先生!ナイフ!ナイフ!」

雪華「刺しませんわよ、大事な薔薇しぃの教え子ですもの・・。
   でも・・次、薔薇しぃのテストで赤点だったら・・私もう・・(ギロッ」

JUM「勉強します!授業休みません!!赤点取りません!!」

雪華「まぁ!桜田君は理解が早いですわぁ♪次のテスト頑張って欲しいですわ、うふふッ♪」

JUM「は、はい・・・(後ろに校長通った瞬間に性格変えやがった・・)」



テスト当日。

薔薇しぃ「JUM君凄い・・テスト100点だよ・・・偉いね・・勉強したの?」
JUM「え、えぇまぁ・・・前回は散々でしたから・・・それに日本史も楽しいなーなんて・・。」
薔薇しぃ「JUM君・・・先生嬉しいわ・・・・こんなに出来て・・・。」
JUM「い、いやぁ・・僕は薔薇水晶先生の授業は命賭ける位大好きですよ・・。」
薔薇しぃ「うふふ・・・JUM君ったら面白い・・・うふふ。」
JUM「あ、あははは!(いやマジなんですけど・・」




薔「・・・ただいま~・・・お姉ちゃん、また新しいゲームしてるの・・・?」
雪「部員から借りてきた」
薔「・・・お姉ちゃんって、ゲームをよくするけど・・・借りてばっかだね」
雪「ゲーム売り場は危険だからな」
薔「・・・・・・?」

雪「部員達に聞いたのだが、ゲームの中には時として地雷が有るらしい」
薔「・・・え・・・?」
雪「中には核並みの破壊力の物も有るとか・・・一介の販売店でその様な事が有るとは思えないが、用心するに越した事はない」
薔「・・・・・・」
雪「部員達から借りてくるのは、そうした地雷が入っていないゲームをするためだ」
薔「・・・・・・お姉ちゃん、騙されてるよ・・・・・・」
雪「?」


翠「・・・全く、昨日買って来たあのRPG、とんでもねー地雷だったですぅ」
雪(地雷・・・?!)
蒼「確か、昨日発売だった奴だよね。そんなに酷かったの?」
翠「よくぞ聞いてくれたですぅ。・・・大作とか自称しときながら殆どがムービー・・・・中略・・・操作性が・・・中略・・・・一晩徹夜でやった・・・後略」
蒼「・・・徹夜でやっといて、そこまで言うの・・・」
翠「あれは今年最大級の地雷ですぅ。しばらくは抜かれる事はねぇです」

雪「大丈夫でしたか?怪我はありませんか?」
翠「・・・・・・?別に怪我はしてねぇですよ」
雪「良かった・・・しかし、翠星石先生が地雷撤去できるとは意外でした」
翠「はぁ?おめー何言ってるですか?」
雪「え・・・?あの、その、地雷を・・・」
翠「何かと勘違いしてねーですか?」
雪「・・・・・・」
薔「・・・お姉ちゃん・・・だから、意味が違うのに・・・」

後日、翠星石から「雪華綺晶先生向きですぅ」と『鈴木爆発』を借りたそうな



薔「・・・あ・・・流れ星」

雪「・・・・・・・・・ブツブツ」
薔「・・・お姉ちゃん、何をお願いしてるの?」
雪「巨大フカヒレも、巨大カニも食べられなかったから、せめて大王イカをまるごと食べられますようにって」
薔「・・・・・・・叶うといいね」
雪「うん」

164 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/07/27(木) 03:59:40.66 ID:AYdpQOO+0
163
ああ……き、きらきー……
ダイオウイカはね……ダイオウイカはね……

も の す ご く ま ず い ん だ っ て よ

ttp://animals.web.infoseek.co.jp/others/giantsquid1.html
彼らの体の中にはアンモニアが高濃度で含まれており、非常に臭くて、
口に入れたとしても塩味と苦味でとても食べられたものではないということです。

きらきーカワイソス…… 。・;+゜・(ノД`):・゜+:・。


薔「・・・残念だったね。大王イカはマズいんだって。」

雪「・・・」
薔「・・・そうだ。そろそろお姉ちゃん誕生日だよね?誕生日プレゼント何がいい?」
雪「じゃあクジラがいい。それもでっかいの」
薔「・・・シロナガスクジラでいい?90tもあるけど、食べきれる?」
雪「多分大丈夫」
薔「・・・頑張って捕ってくるね」
雪「うん」



雪「オーシャンズ11…ぜひ私もチームに入りたいものだ…」
薔「あれは映画だから無理だと思うけど…」



雪「そんなことは無い!こうなったら射撃部でチームを結成して対抗してやる!」
薔「お姉ちゃん落ち着いて!(すぐ向きになるんだから・・・)明日も早いからもう寝よ、ね?」



ロ「いっただきま~す」
雪「貴様にやるくらいなら私が食べる!」
薔「・・・あ、お姉ちゃん」

雪「ぐはぁ!こ、これは・・・」

薔「ゆで卵が入ってるよ、って言おうとしたのに・・・」

ロ「ふっ、残りは僕が頂くよ。」

雪「む、無念・・・」



雪「ホルモン焼き食べたい・・・」

翠「じゃあ焼肉屋でも行ってくれば・・・何故抱きつくですぅ!?」

雪「おごって・・・おごってぇ!!!」(ぎゅぅぅぅぅぅぅぅ)

翠「痛い痛い痛いですぅ!わ、分かったから離すで・・・ぎゃぁぁぁぁ!背骨がぁぁぁ!」

その後いつもどおり雪華綺晶は店の肉を食い尽くすくらい食べ、翠星石の財布がすっからかんになったのは言うまでもない。



雪「しゃぶしゃぶ食べたい・・・」

水「あらぁ、だったら行ってくれば・・・」

歴史は繰り返す。そう、何度も。



雛「眠れないときは、頭の中で羊を数えるといいのーーっ。羊が一匹、羊が二匹、羊が三匹……」

 その夜。
雪「……羊を一匹……羊を二匹……羊を三匹……(ぐ~~きゅるきゅきゅきゅ……)……おなか、空いた……」

雛「え、眠れなかったのー?じゃあ牛さんを数えるのー。」

雪「・・・牛が一匹・・・・・・牛が二匹・・・・・・牛が三匹・・・・・・だめだ、食べたくなる・・・」

次の日。

雛「またなのー?今度は象さんを数えるといいのー。」

雪「・・・象が一匹・・・・・・象が二匹・・・・・・象が・・・だめだ、サバイバルでは象も食べるから思い出してしまう・・・」

さらに次の日。

雛「ま、またなの・・・?うーん・・・」

水「どうしたのぉ・・・?・・・・・・・・・ふむふむ。じゃあ鯨でも数えてみたら・・・?」

雪「・・・鯨が一頭・・・・・・鯨が二頭・・・・・・鯨が三頭・・・・・・鯨って結構美味しいから困る・・・」

さらに(ry

水「だめなのぉ?(これ以上大きい生き物いないじゃなぁい・・・)うーん・・・」

薔「・・・ゆで卵は?」(ボソッ)

雪「・・・ゆで卵が1個・・・・・・ゆで卵が二個・・・・・・あぁ思い出すのも嫌だ、早く寝よう・・・」

効果抜群だったのは言うまでもない。



巴「あ…こんにちは。これからお昼の放送を始めます…。今日は読書の秋ということで、リクエストの高かった3人の方に好きな本を聞いていきたいと思います…
えっと…じゃあ、桑田さんから…」
由奈「え…あ…わ、私は『十二番目の天使』…かな…。この前ともちゃん…あっ…柏葉さんから貸してもらったんですけど、本の内容も分かりやすいし、私はオススメ…かな…。」
巴「あ、ありがとう…。えっと、じゃあ雪華綺晶先生は…」
翠星石「プーッ!!聞くまでもねぇですぅ♪どうせ、人殺しの本とか食べ物の本に決まってるですぅ♪ホーント、色気もへったくれもねぇ…」
雪華綺晶「…うん…私は翠星石先生みたいに立派な先生じゃないから…」
翠星石「…へ?あっ人のバックを漁るなですぅ!!何するですか!?」
雪華綺晶「…翠星石先生は、今『 素直な心になるために(PHP文庫)』と言う本を読んでいます…。私には到底敵わない…」
翠星石「はぁ!?そんな本読んでねぇですぅ!!みんな信じて…」
雪華綺晶「…素直になればいいのに…」
翠星石「だーかーらー!!翠星石はそんなもの…」
雪華綺晶「…あ、そろそろ授業行かないと…。えっと、明日の特集は最新洋楽ランキング…だそうです…。お楽しみに…」


蒼星石「翠星石…放送聞いたよ…!君は何て立派な…」
翠星石「だーかーら違うですぅ!あんな本よんでねぇですぅ!!信じてくださいですぅ!!」
雪華綺晶「…ふふふふふ…。」



雪「…さっきテレビで一ヶ月一万円節約生活やってた…。結構面白かった…」
薔「…お姉ちゃんは料理を見るのが目的…でしょ?」
雪「美味しそうだった…。でも薔薇しぃーも見てた」
薔「あれは料理の勉強になるから…」
雪「…でも、あれ結構面白そう。…薔薇しぃー一緒にやってみない?」
薔「…多分一日で終わると思う…」



雪「ほっすとは何だ?」

翠「ほっすとはお坊さんが使う最強の武器ですぅ!これはダメージを与えることよりくすぐることを目的とし、
  笑わせ殺すことを狙っているとか・・・気をつけるですぅ。」

雪「む、むぅ・・・気をつけよう。」

以後雪華綺晶はお寺に行ったときは勿論掃除のときのはたきまで警戒するようになったとか。



A「昼間さ、吉○家の牛丼を食べに行ったんだよ」
B「行ってきたのか」
A「でもな、店の前でちょっと揉めてたんだよ」
C「へー、何があったの?」
A「具体的には分からないんだけど、何でももう売り切れたとか。12時に行ったんだけどな」
B「1時間で完売か・・・やっぱ人気だな」
A「・・・いや、食べられたのはホンの少人数だけだったみたい。何でも1人で残りを全部食ったとか・・・」
C「それって・・・」

薔「・・・お姉ちゃん・・・夜ご飯、何にする・・・?」
雪「・・・・・・う~ん、牛丼以外が良い」



雪「……よしっ、ダルビッシュも新庄も金子もよくやった……。みんな、うちに来て、妹をファックしてもいいよっ……」
薔「……えっ……////」
雪「……あっ…………」
薔「…………////」
雪「…………」
薔「…………////」
雪「…………」
薔「…………////」
雪「…………」
薔「…………////」
雪「……そ、その……冗談…………」
薔「…………////」


薔「……お姉ちゃん、さっきのセリフ……軍隊時代に、誰かに使ったりしてないよね……?」
雪「……えっ…………」
薔「…………」
雪「…………」
薔「…………」
雪「…………」
薔「……使ったのね…………」
雪「……そっ、それは、その…………」
薔「……お姉ちゃん、明日……朝ご飯ぬき……」
雪「……えっ……!」
薔「……お昼のお弁当も、ぬき……」
雪「……えええっ……!!」
薔「……晩ご飯も、ぬき……」
雪「……えええええっ……!!!!」
薔「……お姉ちゃんなんか、もう知らないっ……!」
雪「……あああっ、ばらしー待って……お姉ちゃん、死んじゃうっ……!」



薔「……今年もそろそろ、お姉ちゃんの季節だね……」
雪「……えっ……? ……ああ、そう言えば、お鍋の美味しい季節……」
薔「……ええと、そうじゃなくって……」



雛「えっほ、えっほ、えっほ、えっほ……」
雪「……雛苺先生、どうして走ってるの……?」
雛「師走だからなのーーーーっ」
雪「……………………そう……」


雪「…………」
翠「およ? 雪華綺晶、そんなに急いで、さてはまた校長が何かやらかしたんですかぁ?」
雪「……ううん、師走だから……」
翠「……はぁ?」



「じゃぁ……授業を始める。今回はナポレオンの足跡を辿る……」
「先生」
「何……?」
「クラス間違えてます……」
「…………」
「…………」

「あらぁ? 雪華綺晶先生。どうしたのぉ?」
「……いや、なんでもありません……」
「?」