ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 恐怖の顧問 (剣道部)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~恐怖の顧問~(剣道部)


巴 「メーン」
蒼 「はぁー!まだまだ!切り返しが甘い!」
巴 「はい!ところで……」
蒼 「なんだい?」
巴 「その巨大な金属と思われるハサミはやめて頂きたいんですが…その…危険ですし…。」
蒼 「あ…すみません。これの方が慣れてるもので。そうですね。あまりコレ振り回すと首から上が……………ポロッと…。」
と歯切れ悪くややうつむき加減で言い放つ蒼星石
一同 「……ポロッと!!」
血の気が引く部員一同。
蒼 「周囲が見えなくなって…特に悔しいときとか……つい……僕の話恥ずかしい話これくらいにしておきましょう。」
と切り上げ更衣室に向かっていく蒼星石。血の気が引いた顔で見守る部員一同…
蒼 「あっ今から出張なんです。皆さん大会の当日には帰ってこれると思います。しっかり体調整えて大会では頑張ってください。
   前みたいに悔しい思いはしたくないでしょ皆も。では失礼します。」
~~~後日談~~~
有栖学園の剣道部は全国クラスの剣道部を退けその大会で見事優勝を果たしたとのことです。
そのときの優勝候補の学校の顧問の先生曰く…
「必死さが違いましたねうちの生徒とは比較にならないほど必死でした。そう…なんていうか負ければ死ぬみたいな気迫でしたね。」