ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 雛苺の音楽

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

15分前、くじ引きがあった。

いや―
くじ引きならば、遥かな昔から何度となくあった。
彼女らは職員室を出で、教室において授業を繰り返した。
元より尋常ではない彼女らに、まともな授業が続くはずはない。

彼女らは、学園に「とある教師」が居ないことに気づかなかった。
授業を繰り返しては実績を失い、実習生並に戻りつつあった彼女らは、
比類無き運を養い、それを武器に同僚に向かって今日の戦いを挑んだ。

それが15分前のくじ引き―

彼女らは猛々しく戦い、勝利した。
職員室内で、イカサマを使う愚さえ犯した翠星石。
その勝利を目にした(一部の)勝者たちは、自らの(イカサマの)技術を高めようと心に誓った。

職員室に平穏が訪れた。
彼女らのおかげで、それは永久に続くかと思われた。

平穏から最も遠いこの学園で、平穏を壊してゆく彼女ら―



     ALICE COMBAT
   -THE MUSIC WAR-



「そんな嘘タイトルはほっといて、とりあえず今週の音楽担当はチビ苺に決定したですぅ♪」

学園に居ない「とある教師」とは、音楽科担当の教師である。
そのため、この学園では週の頭にくじ引きをし、その週の音楽科兼務を決めるというのが慣例化していた。
そして、いろいろと怪しいくじ引きによって、今週の音楽科兼務に選ばれたのは雛苺であった。

なぜくじ引きなのか

その理由は、ここの教師のほとんどが、まともに音楽の授業をできないからである。
だが、ごく一部の教師は、それなりに授業を展開する事ができることはできる。
しかし、他の教科との兼務のため、恒常化できないのであった。
一度、全員によるローテーションを組むという話も挙がったが、一部の猛烈な反対によって却下された。

そのため、ここの音楽の授業はくじ引きによる交代制になり、授業がその様相を呈していないのが実情であった。

例えば

謳われない授業、もとい歌うことはなく、クラシックをかけて優雅に紅茶を飲みふけったり…
軍曹ソングの替え歌、「ルテナンソング」(Lieutenant=2等陸尉)を歌いながら運動場を駆け回ったり…

と、そういった様々な理由で、さながら混迷の授業と化しているのである。

そして、今週もまた、音楽の授業が始まるのであった。



「今週の音楽担当は、ヒナになったの~、よろしくなの~」

と、陽気に言ってみたものの、雛苺の頭の中は混乱していた。

これから何をすれば良い?どのように展開すべきだ?
曲がりなりにも自分は教師だ、いいかげんな授業はできない。

ならば、まずはどうする?

「……」

とまぁ、頭の中で偉そうな事を考えても、実際はどうにもならない。
しかし、何もしないわけにはいかなく、とりあえず教科書とのにらめっこを開始した。

音楽の授業とはなんだ?

自分の学生時代を思い出しながら、雛苺は考える。

歌、演奏、鑑賞、その中で、自分にもできる事はなんだ?

歌、演奏…、自分には指導するだけの実力も知識もない。
鑑賞…、ただ聞かせるだけではだめ、その曲目について教えなければならない。

ならば、自分にできる事は何があるというのだ。



…いや、むしろ何もできないからこそできる、自分の授業。
何もできない自分が、生徒たちに対してできる事。



「…今日は、みんなに歌を歌ってもらうの~」

雛苺が出した結論。
音楽…、「音」を「楽」しむと書いて音楽。
ならば、純粋に「音」を「楽」しめば良いのだ。
難しい事は必要ない。

今、自分にできるのは、みんなと一緒に音楽の楽しさを知る事。

「それで、力持ちの人に手伝って欲しい事があるの~」

そう言って、数人の生徒を引き連れて、雛苺はどこかへと消えていった。



少しの時間の後、音楽室には倉庫から引っ張り出してきた通信カラオケがあった。
この学校の倉庫には何でもある、某爺さんのPXのように。

それはさておき、音楽室にカラオケを持ち込んだ雛苺。
今日の授業の内容はこう。

好きな歌をみんなで楽しく歌う。
真面目に歌うもよし、ネタソングを歌うもよし。

何も堅苦しく歌を歌う必要はない。友達とカラオケに行くような感覚で歌えば良いのだ。
「楽」しむことに意義がある。

そう考えた雛苺は、カラオケを用意したのであった。

「自由に選曲して、みんなで楽しく歌うのよ~」

さすがに、1時間もない授業時間の制約はあるが、これほどの大勢で歌う機会もめったにない。
生徒たちは、その自由を謳歌した。

教師、生徒の総勢で一緒に歌ったり、誰かが入れたネタソングに笑ったりして、これまでとは違う音楽の授業を「楽」しんだ。





「うゆ~、いっぱい歌って疲れたの~」

授業の終わりを告げるチャイムが鳴り、生徒たちは次の授業のため、別れを惜しむように音楽室を後にした。

その顔は笑顔、意味のある笑顔。
その疲れも、意味のある疲れ。

少なくとも彼らは、「音」を「楽」しんだ。
それだけで雛苺は満足だった。

しかし、これは授業とはいえないだろう。
だが、「音」を「楽」しむ。その原点にも近いのは事実である。

どちらが正しいのかは分からない。

こういった形態の授業があっても良いのかもしれない。



しかし、今の雛苺にとってはそんな事はどうでもよかった。
これから1週間の授業の事。
これから1週間の「楽」しみ。
それだけで頭がいっぱいだった。

そう考えていたら、次のクラスがやって来た。

そして雛苺は、この「音」を「楽」しむ授業を再び開始した。