ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 保健室の二人

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある日の英語の時間・・・・・・真紅が紅茶を飲んでから、授業を始めるのは日常だった。

真紅「さて・・・・・・今日は」
げほっ・・・・・・げほっ・・・・・・・
真紅「?」
授業を始める時に、誰かの咳で、授業を止められ。真紅は教室の全体見た。よーく見ると、一人の男子生徒が倒れこんでいた

真紅「ちょっと、ジュン。大丈夫なの?」
ジュン「あ・・・・・・ああ。平気・・・・・・・・少し、熱があるだけだから・・・・・・・・げほっ・・・・・」
真紅「大丈夫には見えないわ・・・・・・・柏葉さん。私、保健室に連れて行くから、このプリントを全員に渡して。・・・・・・私が戻るまで、お願いするのだわ」
巴「ええ、はい。分かりました。」
ジュン「アボ・・・・・・ぜんぜぃん、べいき・・・・・だ」
真紅「何処が平気よ。まったく・・・・・・・いくわよ」

真紅に背負われて、保健室に連れてもらうジュン。真紅は、保健室にいる水銀燈に任せようとした。けど・・・・・・・保健室ドアには、張り紙が張っていた

「旅に出ます。探さないで下さい。みんなのアイドル・水銀燈より~」

真紅「あの馬鹿・・・・・・・・・・何処で油売ってるのよ・・・・・・・・・・まったく。彼女が戻るまで、私が看病するわ。」

そういって、部屋の中に入り。ジュンをベッドに寝かす、真紅。冷えたタオルで、ジュンの頭を冷やして、寝かした。
それから、30分が尽きた時の事。新しいタオルを替えるときに事

真紅「あら?こんな所に、ゴミが・・・・・・・」

ジュンの頬にホコリが、付いていたから真紅は取ろうとした。起こさないように、そーっと、取ろうとした時。

ジュン「う・・・・・・・・わぁ!?」
真紅「ひっ!?」
2人は驚いた。その時、真紅は驚いた拍子に、足をつまずいて、ジュンに抱きついてしまった。
真紅「////////////////」(赤面)
ジュン「///////////////」(同じく)
                    • (5分間、そのまま)・・・・・・・・・・・
その一分前のこと。保健室の入り口の前には・・・・・・・

蒼星石「アレ?柏葉さん、どうしたの?怪我でもしたの?」
巴「いいえ、桜田君が熱を出したので・・・・・・その・・・・・・」
蒼星石「ふふ・・・・・・お見舞いか~君、顔が赤いよ~」
巴「/////////」
水銀燈「あらぁ~どうしたの?人様のお部屋で?」
蒼星石「水銀燈。君こそ、保健室を脱げ出して、何処行っていたの?」
水銀燈「いや~暇だから、外で遊ぼうかなーって、思ったけど。薔薇水晶に見つかって、ちょっと追いかけっこ、していただけよ~で、何がご用事?」
蒼星石「僕は、ちょっとシップ薬を貰いにね。最近、腰が痛くて・・・・・・・」
巴「私は桜田君のお見舞いに・・・・・・・・」
水銀燈「そう、まあいいわ。入っても良いわよ」

その時。三人は保健室に入り、ベッドの方を見て固まった。
三人「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
真紅・ジュン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あっ」
三人「え・・・・・・っと。お邪魔して、スミマセンでした。後はごゆっくりっと。」
そういって、静かに保健室から出る三人だった。

ジュン・真紅「ちがーーーーーーーーう!!誤解だぁぁ―――――――!!しかも、見られたくないメンバーに見られたーーーーーー!?」

それから、三週間の間。学園中に「ジュンと真紅先生の危険関係発覚!?」っと言う。話が広まった。ジュンはそれまでの間、巴から口を聞いて貰えず。真紅は、教師一同から、ご祝儀を貰ったと言う・・・・・・・・・