ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 薔薇水晶&水銀燈と卒業式

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薔薇水晶「……卒業おめでとう」
水銀燈「アナタたち! 卒業してもハメはずすんじゃないわよぅ!?」
 二人の瞳には、涙。
男女一同「はい! ありがとうございます!」
 ちらほらと、生徒の中にも涙を流している者も居た。
薔薇水晶「あのね……みんな」
男女一同「はい!」
薔薇水晶「みんな……卒業しても私の……大切な大切な生徒だよ……」
男女一同「はい!」
 薔薇水晶の言葉に、涙声が混じる返事を返す生徒たち。
水銀燈「いい! アンタたち! 何か困った事があったら、私たちのところにきなさい! 薔薇水晶先生も言ったとおりアンタたちは卒業しても、私たちのかわいい教え子なのよぅ!」
男女一同「はい!」
 少しばかり鼻づまり声で、涙をぬぐいながらそういう水銀燈。
薔薇水晶「卒業しても……さよならじゃない……だから……」水銀燈「卒業はさよならじゃないわ……だから……」
薔薇水晶・水銀燈「また、会いましょう」
 薔薇水晶と水銀燈の言葉に、「はい!」と先ほどよりも涙声が多く混じる返事を返す生徒たち。
男女一同「先生! また! また、会いましょう!!」
 そして、男女一同は、綺麗に薔薇水晶と水銀燈に一礼した。ひとり、また一人と校門から去っていく生徒たち。そして、ダレも居なくなる。
薔薇水晶「……水銀燈先生……みんなにまた会えますよね……」
水銀燈「あたりまえでしょ! 私たちの教え子なんだから!」