ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 有栖学園の大乱

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その1.開戦

真紅「私たちのボーナスカット!? そんな、どうして……」
薔薇水晶「まあ、言われれば思い当たる件は色々ありますが・・・・・」
翠星石「それでも、ボーナスカットはやり過ぎですぅ! 校長たちに抗議しようですぅー!」
水銀燈「待ちなさい。「あの」馬鹿たちがそう簡単に折れるはずは無いわ。こういう交渉は、言葉だけでなく力も用意する必要ね」
雛苺「力って?」
蒼星石「まさか暴力行為? さすがにそれはマズいんじゃ・・・・・・・?」
真紅「そうね。あの馬鹿たちを相手に、素手で戦うのは不利なのだわ」
雪華綺晶「武器が必要だな。早速、私のコレクションを使うか・・・・・・」
蒼星石「って、おい!?」
金糸雀「でも、確かにあの二人を相手にするのなら、戦車ぐらいは必要な気がするのかしら」

その2.激戦
ローゼン「ボーナスカットされた先生方が全員ストライキとは……。困ったなぁー。これでは授業が進まないよ~」
ラプラス「かといって、こちらから折れるわけには、いきませんぞ。どうします?校長」
ローゼン「ううむ……取りあえず、教師の方は他所の学校から臨時に来てもらって、その上で、一人一人説得をすべきか・・・・・・薔薇ちゃんの説得は、僕がやるけど」
ラプラス「それが妥当でしょうねえ。臨時教師の人選は私に任せてください」
ローゼン「うん。お願い」

ローゼン「……あれから一週間……。雇った教師は全員、また逃げ出してしまった。役に立たない梅岡先生を呼んでも、一時間目で桜田くん・柏葉さん・柿崎さんのトリプルパンチでKOされてしまった。
しかも、全治一ヶ月・・・・・。うちの生徒たちは、思った以上に問題児だったのだな。……うん? 今、『何を今更』という声が聞こえたような気が…」

その3・終戦
蒼星石「はーい。って、S君!? どうして僕の家に……」
男子S「うちのクラスを代表して来ました。お願いします、蒼星石先生。どうか学園に戻ってください。先生たちがいない有栖学園なんて、全然楽しくない!!早く戻って、僕たちに色々と教えてください! お願いします!」
蒼星石「S君……。そうだね、僕たちが間違っていたよ。僕たち教師は、まず生徒の事を考ないといけなかったのよね。分かったよ、明日から学園に戻るよ!」
男子S「ありがとうございます! あ、それから…」
女子H「翠星石先生! 私たちのクラスもK君と同じ意見です! 戻ってきてください!」
翠星石「うん、分かったですぅ。・・・・・・って、おめぇーら、何で私がここにいる事を知っているんですぅ?」
K&H「行動パターンが読みやすいですから。」

その4・黒幕

薔薇水晶「ふーぅ。これで、『教師の良心に問いかけて、ストやめさせちゃおう』作戦は成功ね・・・・・・・私もストライキを起こしたけど・・・・・・よーく考えたら、将来。私の物になる学園で、あまり長いゴタゴタが起こるのは好まないし・・・・・・・・ふふふ」
水銀燈「薔薇水晶・・・・・・・最近。貴女がスゴイと、感じるわ・・・・・・」