ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki ほもJUMXラ丼

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠「『ほもJUMXラ丼』?丼と付くからには丼物の料理ですねぇ。でも聞いたこともねえです」
そう言って、家庭科室の本棚に入れてあるレシピ本を取り出し調べる。
翠「牛丼、カツ丼、天丼、うな丼・・・やっぱりねえです」
そこへ雛苺がやってきた。
雛「翠星石先生何しているの?」
翠「ああ雛苺先生、良い所に来やがったです。この丼について知らねーですか?」
そう言って、『ほもJUMXラ丼』の文字を見せる。

雛「うぅ~ん、聞いたこと無いの。でも、これってもしかしたらノイズが混じっていると思うの」
翠「ノイズ?」
雛「そうなのよ。だから、これとこれを取っちゃえば・・・」
そういって、「ほ」「も」「X」「ラ」を消してしまう。
雛「『JUM丼』、すなわち苺ジャム丼になるのよ」
翠「い、苺ジャム丼・・・」

雛「そうと分かれば、早速作ってみるの」
「♪イッチッゴジャムー、イッチゴジャムー、苺がいっぱい入ってるぅー!♪」と歌いながら作り出す雛苺。
その様子を見ただけで、口の中が甘くなったのか。家庭科室を出て行く翠星石。
雛「♪甘くてとっても、おいしーのー♪」

翌日の授業で、生徒たちは雛苺先生がいない事を翠星石にたずねた。
翠「雛苺先生は腹痛で今日は休みですぅ。おめーらもいくら好きだからって、好きなものばっか食ってちゃ
  体に悪いです。ちゃんとバランスよくご飯を食べるですよ」