ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 移動、雪華綺晶のしごき

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放課後、そこにはトイレ掃除をする生徒達がいた。
女子J「なんであたしらがこんな事・・・」
女子D「そんなこと言ってると雪華綺晶にぶっ飛ばされるよ・・・?さっさと終わらせちゃおう。」
床も磨き終わり、一通り掃除が終わる。
女子E「さて、こんなもんかな。」
一人が雪華綺晶を呼びに行く。その間に一列横隊に並んでおく。
雪華綺晶「よし、終わったか?」
女子E「は、はい!終わりました!」
雪華綺晶「どれ・・・」
トイレの個室のドアを開ける。そして、おもむろにリンゴを取り出す。
そして、それを便器の中に放り込んだ。
雪華綺晶「食え」
一同「はぁ?!」
雪華綺晶「食えと言っている。」
女子D「食べられるわけが無いじゃん!」
雪華綺晶「口の利き方には気を付けろ!ぶち殺すぞ根性なしの雌豚!」
女子D「っひ?!」
雪華綺晶「食えないのか。なら磨きなおしだ!
     ピッカピカに磨き上げろ!聖母マリアでもウンコしたくなるようにな!以上!」


男子F「やってられねぇよ・・・まったく・・・」
男子K「何で校長はあんな奴等雇ったんだよ・・・」
男子生徒達は煙草を吸いながら校舎裏で愚痴をこぼしていた。
そのとき、雪華綺晶が歩いてきた。
男子L「やばい!煙草を隠せ!」
雪華綺晶「お前達、何やってる?」
男子K「は、はい!雑談をしていました!」
雪華綺晶「ふーん、そうか・・・」
男子Lを睨みつける雪華綺晶。
雪華綺晶「・・・胸ポケットの中のものを出せ。」
男子L「・・・え?何の事ですk・・・」
雪華綺晶「早く出せ!汚れスキン!」
男子L「は、はい!」
胸ポケットの中から煙草の箱が出てきた。
雪華綺晶「煙草は校則で禁止されているはずだが?」
一同「・・・・・・」
雪華綺晶「何かあるだろう!」
一同「すみません!」
雪華綺晶「謝って済むんなら警察はいらん!今から校庭100周してこい!アホ!」
一同「は、はい!」
男子生徒たちは一目散に校庭に走っていった。