ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 雪華綺晶と赴任、後編。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※S.A.Y氏の『雪華綺晶と、赴任』に、続ける形で書きました。


「ぐ……ぐふっ! ……ま、まだだ……この俺は、伊達と酔狂に生きると心に決めた男。9ミリ弾の一発や二発で、くたばってたまるか……」
  ローゼンは、ポケットからナイフを取り出すと、血に染まったシャツを切り裂いた。
  続いて、携帯用の小さなボトルのキャップを外すと、バーボンを一口あおった。
  二口目は飲み下さず、わき腹の銃創とナイフに吹きかけた。
  アルコールが染みた。脊髄に針を突き立てられるような、鋭い痛みが走り抜けた。ローゼンは、歯を食いしばって、苦痛に耐えた。
  しかし、これはまだ序の口に過ぎない。ローゼンは、何とか息を整えると、覚悟を決めて、銃創にナイフを潜り込ませた。
  喉まで出かかった絶叫を、懸命に押し殺して、傷口の中を鉛弾を探った。

  ラプラスは、校舎の中を駆け回っていた。
「全く……あのバカ、今度はどこに隠れたのか……性懲りもなく、水着コンテストの企画など立ておって……」