ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 雪華綺晶と、赴任

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

数年前。

「これより授業を始める」
一同「サー!イエス!サー!!!」
今日もそんな授業風景の中

パチパチパチ
「素晴らしい。正に生死の境を知るものの教鞭」
横には燕尾服姿が。
「その指導力で、一度一人前にして欲しい人がいます。
 よろしければ、私に同行願いませんか?」


「それが私がここに赴任したきっかけだ」
「……あの馬鹿ウサギ、余計な真n……ととと」
「所で雪華綺晶?あの教頭が貴方を招集して指導したい生徒って誰?」
「それは……(スチャ)」

ズガガガガガ!

天井に向かって火を噴くMP5。
唖然とする翠星石。冷静に見上げる真紅。そして。

「ははははは、今日は3発外したねぇ。最近疲れてない?」
天井に垂直に立っている校長。
「待ちやがれこの人でなし校長が~!」
一瞬ラプラスの声と共に影が飛び出し、刹那、その影は相見えながら
窓の向こうに消えていった。

「……さぁ、そろそろ授業に行く(としましょう・ですぅ・としよう)……」