ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 移動その1、水銀燈の場合

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一時間目・保健体育
B組は今から、保健の授業を始めるところです

女子D「え~マジで~。」
女子O「校長が言ってたから、本当らしいよ~」
男子A「じゃぁーそんなら、センコーが入ってきたら、カエレコールしようぜ~」
男子M「それに、携帯の音もガンガンに鳴らして、黒板に出てけって書くかぁ~?」
生徒一同「良いね~さんせーい」
その時。ドアから人影が現われた。それを見えた生徒達はこう言った。
女子A「センコー来たっぽーい」
男子S「早速、カエレコールやりますか~」
女子H「そうだね~どうせ、汗臭いおっさんでしょ~」
一同「ハハハハハ~~~~確かに~」
ドアから入ってきたのは・・・・・銀髪で、黒い服装(胸の谷間を出しています)。グラビアアイドル並みのスタイルの女性・・・・・・・

水銀燈「はぁ~い。1週間の間お世話になる、水銀燈よ~よ・ろ・し・く・ね~♪」
男子生徒一同「どこまでも、ついていきますーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」

ほんの数秒で、男子生徒一同は水銀燈の下僕となり、その変貌を見て驚く女子生徒の姿があった・・・・・・・・・・・・・・・・

水銀燈「では、早速。今日は、性教育について勉強しましょう~」
男子一同「はい!!」
女子一同「(なぁー!)」

水銀燈「まず~教科書86ページを開いてね~・・・・・・・誰が読んでくれる人~?」
男子一同「はい!!」
水銀燈「あらあら~皆上げちゃって~う~ん・・・・・君。読んでくれる?」
男子E「はい!!」

教科書を開き。読み始める、E・・・・・・だか、目の前には、美人で巨乳の先生。なかなか、ハキハキと言葉が言えない・・・・・その時

男子E「生理的好意で・・・・・・セク・・・・」
水銀燈「ん~?どうしたのかな~?」
セックスと言う、言葉が言えない・・・・・・・・いつも冗談で言っても、目の前には水銀燈が居ては言えない・・・・・・が
水銀燈「あーもう!イライラするわね~私が言うわよ!そこは、セックスって、言うの!分かった?」
一同「!!」

予想外な事に、水銀燈の口からセックスと言う言葉が出たので、男子一同の股間を押さえ・・・・・女子生徒は赤面となった。

水銀燈「あら~どうしたしの~貴方達・・・・・・・・?」
生徒一同「・・・・・・・・・あの」
水銀燈「?なに、質問?」
男子一同「先生の初体験って、いつですか?」
女子一同「どうやれば、そのスタイルになるんですか!?」
水銀燈「・・・・・・・・・・・・・ハァァァ!!?」

更なる予想外で、戸惑う水銀燈。その話をしても良いのか?と、人生初めて困った・・・・けど、生徒は真剣な目で見ていた・・・・。その時、水銀燈はあることを思いついた。

水銀燈「そういう話は19歳過ぎてから、聞きに来なさい!それと・・・・・私は、18歳以上~25歳以下なら、大・歓・迎~♪」(嘘)
男性一同「うおぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~~~~~!!」
水銀燈「それと、このスタイルは・・・・・・・ヤクルトを飲んでいるからよ!」(大嘘)
女性一同「はい!!」
水銀燈「(こんな嘘で、引っかかる・・・・・・・この子達って・・・・・・やっぱ、不良は馬鹿ね)」

と、そう思いながら。一時間目は終わった