ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 真紅と賓乳

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

胸。
真紅「はぁ……」
 真紅は、ため息を一つつく。
 そして、自分の一部分をじっと見た。
 胸。そう、胸の部分だ。
真紅「はぁ……」
 無いに等しい自分の胸。
 牛乳も飲んでるし、夜のマッサージも欠かさない。
 しかし、育たないこの胸。
真紅「はぁ……」
水銀燈「なぁに、辛気臭いため息ついてるのよぅ」
 ヤクルトを飲みながら、ため息をついている真紅に声をかけるのは
 ローゼンメイデンの教師の中でも、一番胸があるだろう水銀燈。
真紅「………はぁ」
水銀燈「なによぅ。弄りがいの無い反応は」
真紅「別にぃ」
 何処かやさぐれた感じに返答する真紅。


水銀燈「大方、胸の事で悩んでたんじゃないのぅ?」
真紅「なんで分かるのだわ!」
 シャーと、威嚇する真紅。
水銀燈「まぁ、落ち着きなさいよぅ。この水銀燈が胸が大きくなるに必要なものを教えてあげるわ」
 キランと、光る水銀燈の目。
 何処か頼もしげだが、真紅で遊んでますって感じがありありと見て取れた。
真紅「必要なもの?」
水銀燈「そう。この私がこの胸になるには二つのモノが必要だったわぁ」
真紅「それは?」
水銀燈「ヤクルトとプロテインよ」
真紅「ヤクルトとプロテイン!」
 ちなみに、
 ヤクルトは、腸の働きを良くしてくれる乳酸菌。
 プロテインは、大豆から作られた筋肉をつける為のモノである。
 胸が育つ。とは遠くかけ離れている。


真紅「わかったわ……」
水銀燈「がんばってねぇ~」
 ケラケラと笑いながら水銀燈は、その場から去った。
 そして、数日後。
真紅「すぃぎぃぃいいんとぉおおお!!!」
水銀燈「うひゃぁ?! な、なによぉ?!」
 背後からの、怨霊じみた声にびっくりする水銀燈。
 後ろを振り向けば、明らかにダークな真紅が其処にいた。
真紅「こうなったのは、あなたのせいよぉおおお!!」
 そういって、真紅はりんごを一つ手に取ると
水銀燈「え?」
 握りつぶした。
真紅「胸は育つところか、心なしか減ったのだわ……」
水銀燈「そ、そぅ?」
真紅「この落とし前……どうつけてくれるのだわ……」
 ガシッと、水銀燈の頭をつかむ真紅。
水銀燈「ちょ、ちょっとしたお茶目じゃない!!?」
真紅「水銀燈……アナタは、してはいけない事をしたのよ……さぁ、こっちにくるのだわ」
 ズルズルと引きずられていく水銀燈。
水銀燈「ちょっ?! 真紅?! ぃいいやぁああーーー!!!」
 水銀燈の絶叫が、学校内に木霊した。