ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki テスト順位対決

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 新春迎え、ゴールデンウィークが終わった頃だろうか、有栖学園で一つの壮絶な地獄のイベントが開始されようとしてる・・・
 そう、生徒も教師も決して避けて通れない関門、それは・・・”中間テスト”である
蒼星石「またこの季節がきたね・・・」
翠星石「今回だけは負けられねぇですぅ」
 そしてこの時期だけは仲の良いこの二人も険悪的な雰囲気に包まれる・・・

翠星石「今回だけは負けられねぇですぅ」
 そしてこの時期だけは仲の良いこの二人も険悪的な雰囲気に包まれる・・・
 それもそのはず、学年で自分のクラスが何位になるかの勝負を二人はずっとし続けている為である
蒼星石「20回やりあってるけど、僕負けたのほんの数回だよ」
 今回も”勝つよ”と遠まわしに翠星石に告げる蒼星石
翠星石「ほ~っほっほっほ、今回は翠星石の勝利ですぅ、後で泣きっ面見てもしらんですぅ」
 それを余裕と言わんばかりの威勢で返す翠星石・・・そして2人の激突が始まった
 二人を見ればその戦績の如く、蒼星石の授業はとても判り易く試験範囲や問題の出し方も丁寧に教えてる為に常に高順位をマークしている
 逆に翠星石の授業はと言うと、蒼星石には劣るものの授業内容は良いのだが基本的にスパルタ思考の翠星石についていけるものが余り居らず生徒はオーバーヒートしてる状況である
 しかし、今回の翠星石は違った・・・このスパルタ授業を生徒全員クリアさせたのだ
 その成功には”このテストで学年No1になったら翠星石が手料理を食わせてやるですぅ”と言った事を忘れてはならない
 結果は見事作戦勝ちの翠星石、その勝利は実に12回目ぶりである
翠星石「ほ~っほっほっほ、思い知ったですか?蒼星石!」
 勝利の雄たけびを上げる翠星石、それとは対照的にガックリと項垂れる蒼星石
蒼星石「・・・僕の教え方が翠星石に負けるなんて・・・」
 第21回テスト勝負は蒼星石の勝利で終わったがその次はどのような結末を迎えるのか、その時にならないと判らない


~後日談~

 蒼星石は悩んでいた、自分の教え方が間違ってるとは思えない・・・しかし結果は敗北、それもかなりの点差・・・
 悩みに悩みぬいた末、蒼星石は一つの策を実行した・・・
蒼星石「今日はテストを返します、尚今回のテストで80点以下だった生徒は放課後、僕が補修を行うので残るように」
 生徒からは一気にブーイングが出てきたがそれを無視するかのように進める蒼星石、そして放課後生徒の断末魔と共に地獄の補修が始まった・・・
 これ以降蒼星石のクラスでは80点以下の生徒は出なかったそうな

Fin