ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 薔薇水晶の英語

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

都合により薔薇水晶が英語の授業やってると思いねぇ

薔「…じゃあ…I君…次の英詩を…日本語訳してください…
I「ええと…『私は私の剣の骨です。鋼鉄は私の身体で、火は私の血液です。  
  私は千以上の刃を創造してきました。。  
  死において、未知です。 そして、生においても、未知です。
  多くの兵器を作成する痛みに耐えてきました。
  しかし、それらの手は何も決して保持しないでしょう。
  したがって、私が祈るように、無制限な刃は動作します。』ですか?」
薔「…全然違います…
  次は…M君…その次の英詩を日本語訳してください…」
M「はい。『体は剣で出来ている。血潮は鉄で、心は硝子。
  幾たびの戦場を越えて不敗。ただ一度の敗走はなく、ただ一度の勝利もなし。
  担い手はここに孤り、剣の丘で鉄を鍛つ。
  ならば我が生涯に意味は不要ず、この体は無限の剣で出来ていた。』」
薔「はい…よくできました………でも…」
M「?」





薔「…えっちなのは…いけないと思います…」
M「( ゚д゚ )」