ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 桜 ~cherry blüht~

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お題 『蒼い子と翠の子』

蒼星石「もうすっかり春だね…天気もいいし…♪」
その日、蒼星石はいつも通りバイクで学校へ向かっていた。
しかし、いけないと分かっていても、幹線道路沿いに植えられた桜についつい目を奪われてしまう。
そんな蒼星石に対し、後ろに座っていた翠星石があることを思い出し、それを伝えた。
翠星石「でも、知ってるですか?蒼星石…。桜の下には、死体が埋まって…。」
その言葉に、いきなり急ブレーキをかける蒼星石。そして、バイクから投げ出されそうになる翠星石。
呼吸を整えると、彼女は自分のした事を一向に顧みずに、蒼星石を問い詰めた。


翠星石「急に止まるなですぅ!!一体何事ですか!?」
その言葉に、蒼星石は顔面蒼白で翠星石のほうを振り返り、こう言った。
蒼星石「し…死体!?…じゃあ、これ全部…」
その表情に、翠星石は思わず噴出しそうになる。
そして『これだから、イタズラは止められない』とばかりに、翠星石はさらに追い討ちをかけた。
翠星石「そうですぅ♪ここの桜には、もれなく人柱が埋まってたり埋まってなかったりするですぅ♪で、学校には歴代の校長の死体が…」
そこまで言ったとき、蒼星石は翠星石をバイクから振り落とし、どこかへ走り去ってしまった。


翠星石「全く…蒼星石のせいで、膝小僧すりむいちゃったですぅ…。」
蒼星石と別れた後、翠星石は1人、愚痴を言いながらとぼとぼと学校へと向かっていた。
もうこれでは完全に遅刻…。朝から真紅に怒られるのは目に見えていた。
翠星石「…こんなことになったのも、全部蒼星石が悪いんですぅ!!…そうだ!どうせ遅刻で怒られるのなら、たっぷり仕返ししてから怒られてやるですぅ♪」
そう言うと、翠星石は急いで学校に向かい、校門脇にある桜の木へとよじ登った。
翠星石「見てろですぅ…。蒼星石がここを通ったら、ここから最上級の恐怖を…」
しかし、この時彼女は気づいていなかった…。真の恐怖を味わうのは、他ならぬ翠星石自身だということに…


蒼星石「あー…どうしよう…学校には行かなきゃいけないけど、校門の所には桜の木があるし…」
そう良いながら、何度も校門の前を行ったり来たりする蒼星石。
その時、甲高い悲鳴が桜の木の上から聞こえてきた。
「ひっ!!」と、蒼星石は思わず身構える。
しかしその目に映ったのは、木の上で暴れる翠星石の姿だった。
蒼星石「…何してるの?そんなところで…」
翠星石「蒼星石!!早くこの毛虫共を何とかしてくださいですぅ!!おめーを驚かせようと木に登ったのはいいですけど、毛虫共のせいで降りられなくなったんですぅ!!早く助けてですぅ!!」


その言葉に、蒼星石もようやく事態を呑み込めた。
と言うことは、朝の桜の話も嘘…。だったら…
そう考えながら、蒼星石は翠星石にこう言った。
蒼星石「…でも、翠星石はよく嘘をつくから信用できないなぁ…。翠星石を助けようとしたら、地面から手が出てきたりしたら困るし…。あー、怖い怖い…。」
そう言うと、蒼星石は翠星石を残し、校内へと入っていってしまった。
翠星石「蒼星石!?これは嘘なんかじゃないんですぅ!!ホントなんですぅ!!もうしませんから、助けて下さいですぅ!!」
しかし、その声に反応するものは誰もなく、彼女の悲痛な叫びは、いつまでもあたりに響き渡っていた。