ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 薔薇水晶の春

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある日の放課後。
薔薇水晶「……」
 薔薇水晶が、まだ暖かいとは言えない寒空の下一人、そらを見上げていた。
 吐く息は白く、木々はまだ芽吹いてもいない。
男子A「先生、なにしてるんすか?」
 ふと、空を見上げている薔薇水晶にそう声かける男子A。
薔薇水晶「……春……」
男子A「春?」
 薔薇水晶の隣に並んで、同じように空を見上げる男子A。
 空は、青く。時々白い雲が流れてくる。
薔薇水晶「まだかな……って」
男子A「あぁ、なるほど。先生、それなら空見てもわからないっすよ」
薔薇水晶「ぇ?」
男子A「ちょーっと待っててください」
 男子Aは、そう言うと鞄を其処に置いて何処かへ行ってしまった。
 男子Aを見送って、薔薇水晶はまた空を見上げる。

 しばらくしてから、男子Aが何かを手にして戻ってきた。
男子A「先生! ほら、春!」
薔薇水晶「……ぁ」
 男子Aの手にあったのは、小さいがツクシが一本。
男子A「ね? 空を見上げても春の事なんてわからないっすよ!」
薔薇水晶「そうね……」
男子A「でしょ?」
 微笑む薔薇水晶に、笑顔を浮かべてそういう男子A。
男子A「あと、何週間かしたら、木も芽吹いてツクシも出てきますって!」
薔薇水晶「うん……」
男子A「早く、春来るといいっすね」
薔薇水晶「うん……」
 しばらくの間、薔薇水晶と男子Aは空を見上げていた。
 そんな放課後の時間。